上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
11/12のテレ東の番組でテリー伊藤が軍艦島のことについて喋ってて、
あー、これはドラマ「深く潜れ」の撮影の時のことだよねーと少し懐かしくなった。

---------------------------------------
深く潜れ~八犬伝2001~深く潜れ~八犬伝2001~
作:神山由美子、藤本匡介
演出:大友啓史、海辺潔
音楽:おかもとだいすけ
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2001-09-27
Amazonで詳しく見る
---------------------------------------

放送日は2000年10-12月。
なんと、丁度15年前ではないか。超懐かしい。

いま手元にDVDがなくて再視聴できないので、ココで一人勝手に15周年記念を…。

koni_048_001104-1110TVステラ

そうそう、ソウルメイトとかって意味深な話からスタートしたのだった…(・∀・)!

koni_056.jpg

阿保と香美が、私たちは前世で恋人同士だったとかいってイチャコラするのだ…(・∀・)!

koni_f071.jpg

前半では話題の軍艦島で撮影。軍艦島の風景だけでも映える映像だった…(・∀・)!



主題歌は、Thee Michelle Gun Elephant "Dive Deep -Deep in blue-"。
冒頭、スゴイ格好いい(・∀・)!

時々、オフ会でもやったらとか酒席での戯れ言的に話が出るけど、そもそも連絡先が分からないものね。あの頃は連絡役をしてくれた人がいたのだろう…と、今更ながら感謝。ネット交流黎明期にありがちなあれやこれやもあったけど、あれはあれで楽しかったなー。

スポンサーサイト
2015.11.18 Comment:0 | TrackBack:0
うー、小西真奈美さんの写真集『27』を買いましたよ。
あ、感想を書く前に一つ言いたい。楽天ブックス対応遅過ぎだよッ (゚Д゚#)ゴルァァアアアァァァ!!
そんで、早速、封を開いたワケですが…。あー、スンマセン、あんま何とも思わなかったッス。いや…、まぁ、写真によっては綺麗だね…とか思ったりしたのもあったけど…、うーん、でも、別にねぇ…。そもそも章立てっぽくコンセプト決めて撮るなら、6年掛けて3万枚も撮影する必要があるのかな…。長時間掛けた割には表情や雰囲気の変遷が見難い内容で、撮影課程と仕上がりにギャップがある気がする。更に一枚一枚の写真の出来はとても良いと思うのだけど、それが集合すると個々の印象が薄くなってしまう。無茶を言うなら、何かの雑誌にフォト連載で掲載していければ、あの写真達はもっと活きたような気がする。構成的に言うと後半にいくに従って、小西真奈美という個人に、文字通り「肉薄」していくような印象。だからかも知れんけど、私は前半の写真達が好きかなぁ…。例えば勝手に写真集全体を5分割にしたとしたら、2/5と3/5辺りが好みです。そんで一通り全体をダーッと眺めた中では、緑の中に座り込んでる小西さんの写真が一番好き。あれなら部屋に飾ってもいいかも…と思いました(飾らないけど)。

そういや、7月にファミリー劇場で『深く潜れ~八犬伝2001~』が放送されるらしい。あれ…、NHKってば、とっととフカモグ手放しちゃったのね…(゚д゚lll)。そりゃ、このドラマの放映後にアミーゴが干されちゃったりとか曰く付きのドラマではあるけどさ、せめて一回位は再放送してから手放そうよ…。どーしよう、録画しようかな…。勢いで購入したDVDは未だ未開封だし、今後そっちを観る気はゼロに近いから、切っ掛けとして録画してみようかな…。うん。

あ…、序でに夏川さんのコトも書いてしまおう。『結婚できない男』の番宣(一話予告)を観たのだけど、女医姿の夏川さんが森口瑶子に見えて仕方なかった…。何度か見直してしまったよ。美人は似るのかね。

あー、更に全然関係ないのだけど、TBSで放映中の昼ドラ『吾輩は主婦である』が楽しくて楽しくてしょうがない。本当に毎日楽しみにしてるみたい。もう主題歌の「家庭内デート」も歌えるよ(・∀・)!。うーん、弥次喜多で一瞬クドカンの才能を疑ってしまったのだけど、やっぱりこのドラマは劇的に面白いや。
2006.06.30 Comment:2 | TrackBack:0
TBS系列で放送された『情熱大陸』の小西真奈美篇を見た。最近、小西さん絡みで思うのは、もうすぐ発売される写真集を自分は買うのかどうかってコト。でも番組中に「写真集は一生に一度」と言うのを聞いて、うーん、じゃそのうち買おうかな…という気になった(思うツボ)。それにしても番組内で繰り出される質問がどうにも陳腐に思えて仕方ない。えー、だって、最初の「どんな女優になりたいですか?」って、既に女優として何本も作品に出演している人に対して訊くコトかな…(→どんな女優で在りたいですか?なら分かるけど)。あと最後で出たゴールがどうとかって質問。人生で設定出来るゴールなんてあるわけないじゃん(→目標は?ならまだ分かる)。意味分かんないなー。あ、あれはそんな愚問にも真面目に答える小西さんの人間性の良さを映したかったのかなぁ…。それなら意図したことは成功してるのだけど。あ…、なんか性格悪そうな文章になってしまった。もう書くの止めよう。
小西さんとは関係ないけど、福田麻由子が同番組でナレーションしてて、若いのに働き過ぎだよなぁ…と思ったりした。
2006.06.03 Comment:0 | TrackBack:0
偶には小西さんの話。『ココリコミラクルタイプ正月ドラマ』と『世にも奇妙な物語』と『瑠璃の島』を見てみました(ヒマなのね)。ココリコドラマは展開が分かり易くて結構スキだったかも。ヨニモは錯乱しちゃうだけにちょっと暗くてイヤ。そんで『瑠璃の島』は1-3話見ただけだけど、そこそこ期待感あり。1,2話辺りの笑わない島袋先生は確かに阿保を彷彿とさせる。まぁ徐々に解れていくんでしょうが。彼女はああいう眉間に皺寄せ系の表情が非常に魅力的だということをもっと重要視するべきだと思うんだけど…(需要が少ない?)。このドラマは脇(と言っていいのかな)に豪勢な役者揃えてて贅沢感があります。色んなエピソードを作れる人物配置だし、以降、話がウマク膨らんでくれるといいんですが…。

更に暇に任せてNHK連ドラ『ハチロー 母の詩父の詩』を一気に一話から最終話まで見ましたよ…。うーん…でも何の清々しさも充実感もないな…。結局というか、始めから通して一体何の話だったんだろう…みたいなドラマ。最後の方なんてハチローの話なんてどっか飛んでってるし。言えるのは「佐藤家の話」ってコトではあるんだけど。原田美枝子が和装じゃなかったら絶対見なかったろうな(←それが目当てなのも珍しい←でも美しかったですよ)。まぁ、いいんだけど。ただ、サトウハチローが「うれしいひなまつり」「ちいさい秋みつけた」「リンゴの唄」等…相当メジャーな曲の歌詞を書いている人だと知ったのは収穫です(それだけか)。
2005.05.01 Comment:0 | TrackBack:0
シアターコクーンにて『走れメルス-少女の唇からはダイナマイト!-』を観劇。
えっと…、折角いい席で観たのに、もう最初から最後まで何がなんだかサッパリ分からんかったですよ。野田秀樹の芝居はこれだから苦手です…困ったもんです。ついでにアドリブなんだかギャグなんだか知らないけど、他の客が笑ってるのにそのおかしさが全然分からなくて更に困惑(→芸術座系みたい)。
なので、物語の部分はすっ飛ばして言うと、「おっ、芸能人だ!」と一番思ったのは、古田新太でした…(そう、深津ちゃんよりも)。そんで印象に残った役者も野田秀樹と古田新太なんだよね。この二人は役者としての格が違うのかな…とか他の役者に失礼なコトも思ってみたり。深津ちゃんはドレが地声なんだろうか…と思いつつ、何とも不思議な存在感。小西さんは…相変わらず体当たり感はあるけど、後半出番が少ないせいか印象薄め(ダメじゃん)。彼女は有り余る程の熱意があるのは分かるんだけど、それを空間(劇場)に拡げていけてないのがそもそもの欠点なのですよ。客席のコト考えて演技してるのかな。なんだろう…、そういう認識はあるのだろうか(ヤベ、辛口だ)。中村勘太郎は冒頭台詞稽古をしているようかのようだったのですが(野田芝居は台詞多いから結構常に)、全体通すとサスガな手堅さ。あとは…メンツ的に豪華なんだろうけど、登場人物多くて今一つ把握し切れないっす…。あー、諭吉が…。
2005.01.20 Comment:0 | TrackBack:0
お…、『走れメルス 少女の唇からはダイナマイト』のチケットが当たったみたい。しかも超前方席だ。こんなコトも偶にはあるんだね…。至近ナマ深津ちゃん嬉しいな…(←あれ、コニコニは…)。

宝塚友の会のカード切り替え案内を読んでたら、もう何だかどうでもよくなってきたっぽい。意味分かんねっす。最近全然使ってないし、恩恵ないんで、これでやめちゃいましょう(←更に宝塚が遠くなる…)。
2004.10.14 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。