上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
松山市民会館にて『サカナクション SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour”』。

道後温泉と松山城とミートソースとからあげと労研饅頭と、
そして一番はサカナクションのライブを目当てに、愛媛県松山市へ行ってきた。

01:ナイトフィッシングイズグッド(Iw Remix)
02:アルクアラウンド
03:セントレイ
04:表参道26時
05:Aoi
06:スローモーション
07:壁
08:years
09:ネプトゥーヌス
10:さよならはエモーション
11:ネイティブダンサー
12:夜の踊り子
13:ホーリーダンス
14:SAKANATRIBE
15:アイデンティティ
16:ルーキー
17:新宝島
E1:グッドバイ(Next World Remix)
E2:ミュージック
E3:モノクロトウキョー
E4:白波トップウォーター

B列のチケットを持って座席に行ったら、なんと最前列だった…。
いつも後方か中盤で大人しく聴いている身としては、結構な戦慄体験…。
以下余談だけど、サカナクションは以前もZEPPで一桁番台が当たったので、FC会員に優先的に良チケットを配分しているイメージがある。金を出すファンに報いる姿勢はFCとして真っ当だなと思う(→是非、SalyuFCも参考に…)。

で、前方席に拘ることはないけれど、サスガに視界に邪魔するものが何もない環境というのはスゴイ! 草刈さんや一郎他メンバーが目の前で演奏し躍動している姿を、視界一杯で見られるというのは仲々貴重な体験。これ、DVD映像じゃないんだ!…みたいなミーハーな感じも含みつつ…。当たり前に頻繁に楽器交換をしている姿とか、この目で見るまで全然意識してなくて、あのサカナの演奏が生モノなのだと改めて実感した。個人的には、最前列なんて二度と無くていいんだけど、でもこの感覚を一度は体感しておいて損はないなーと思った。

セットリストは曲の入替えが少しあるけど武道館とほぼ同じ。あと演奏順が幾つか変わった模様。結構ノリ易い曲構成。
なぜか"04:表参道26時"が追加されていたのが嬉しい。"05:Aoi"は鉄板のノリノリ曲。"06:スローモーション"は愛媛って雪降りますか?という一言から。"07:壁"は武道館と同じく照明を消し真っ暗な状態。音が染みる。"10:さよならはエモーション"は何故あんなに都会的な郷愁を誘うのか。オイオイの煽りは苦手だが"12:夜の踊り子"は踊り子さんが出てくるだけでテンション上がる(前も書いた)。"14:SAKANATRIBE"はややカオスっぽい所が面白い。"E3:モノクロトウキョー"は当地に合わせてマツヤマで。

MC。武道館の時に比べたら段違いにリラック感のある語り。ツアーで慣れただけかな。
モッチ、みんな楽しそうで良かった。エジー、さよならはエモーションが良かった。ザキオカさん、スローモーションの拍手が良かった(?)。草刈さん、期間が空いたし初めての場所なのにこんなに来てくれて嬉しい。バンドと母の両立はみんなに助けて貰ってる。イチロー、ホールは対峙するから緊張する。みんなの顔ハッキリ見えてる。自分達は音楽で生活してきた、聴いてくれている人のお陰。CDやライブだけじゃなくリスナーと繋がっていきたい。NFレコードを立ち上げたので、瀬戸内でも必ずNFイベントをやる。新しいアルバムを作って松山に帰ってくる。…とか、そんな感じ。

サカナクションは愛媛初上陸だったそうだけど、そんなことを感じさせないほどノリの良いライブだった。グッズの先行販売に行ったらリハの音が聞こえてきたり、グッズをのんびり眺めたり、開演前の場所取りがなかったり、メンバーのノリノリで楽しそうな姿を間近で見られたり…と、地方のホール公演だったからこその良さが盛り沢山。
…ということで、本当に楽しいライブだった。行って良かった、松山公演ヽ(´ー`)ノ





スポンサーサイト
2015.12.04 Comment:0 | TrackBack:0
日本武道館にて『サカナクション SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour”』。

久し振りのサカナクションライブ。
しかし平日18時半開演はサスガに厳しい…(-_-)

01:ナイトフィッシングイズグッド(Iw Remix)
02:アルクアラウンド
03:セントレイ
04:Klee
05:Aoi
06:蓮の花
07:壁
08:years
09:ネプトゥーヌス
10:さよならはエモーション
11:ネイティブダンサー
12:ホーリーダンス
13:夜の踊り子
14:SAKANATRIBE
15:アイデンティティ
16:ルーキー
17:新宝島
E1:グッドバイ(Next World Remix)
E2:ミュージック
E3:モノクロトウキョー
E4:白波トップウォーター

セットリストは冒頭で盛り上がりが続き、中盤におとなしめの曲を集め、後半また盛り上がる…という感じ。OPアクト的な太鼓陣は迫力あるけどやはり長い。”06:蓮の花””10:さよならはエモーション”はライブで聴いても切ない感じがして良い。”13:夜の踊り子”では踊り子さんが舞台に登場すると昂奮してしまうのは何故だろう。“17:新宝島”はもっさいPVの印象が強かったけど、アレンジが思った以上に格好良くて(特にモッチのギター)本編ラストに相応しい盛り上がりだった。アンコールの4曲はそれほど乗りの良い曲じゃなかったのが少々不思議。

最後のMCは相変わらず長い。モッチのグッときた所は日の丸の下で踊り子さんと和太鼓とトランス、エジーはRemix系の曲を担当してグワンッとした話、ザッキーは一人マクロス、草刈さんは喜びの応酬が…とか色々。一郎は、見たことないこと見せてやる、幕の競りを、ツアーは赤字、グッズ買って下さい、1年半休むとスグ忘れられる、音楽の色々な楽しみ方を提供したい、お返ししたい…とか。

前回の武道館ライブには行けなくて悔やんでいたんだけど漸く行くことができた。武道館は音も良くないし席幅狭いし混雑するし、ライブ会場としてはそんなに良い会場な訳でもない。ただ、御祭り感はどの会場よりも強いのでサカナライブでも是非一度行ってみたかった。予想通り、大勢で多いに盛り上がったライブはとても楽しかった。…なんだけど、大規模会場故の聴きづらさも色々と体験して、これは一長一短だな…と思う。うーん、難しい。





2015.10.26 Comment:0 | TrackBack:0
パルコ劇場にて『メアリー・ステュアート』観劇。

中谷美紀をナマで観られる数少ないチャンスだと思って行ってみた。
前回の南×原田バージョンを観て、演目に苦手意識があった。女性二人の回想や妄想が延々と続き、しかもテーマの根本には女性としての在り方的な話があって、内容としては暗くて面白味を感じにくい。更に時代背景や人物背景が分かりづらく、事前の予習も必要だというのが厳しい。

粗筋もなにもないんだけど…以下簡単な内容。
まだ統一がなされていない16世紀のイギリス、スコットランド女王メアリー・ステュアートとイングランド女王エリザベス1世は、同じ時代に同じ女王という立場として在りながら全く異なる人生を送っていた。エリザベスに幽閉されたメアリーはエリザベスに一目会うことを望みエリザベスはメアリーの思いを受け入れず…、二人は夫々の思いを回想していくのだが…という感じ。

出演者の感想メモ。
中谷美紀:メアリーとエリザベスの侍女。思いの外ガッチリと丈夫そうな見た目。神野エリザが大きく威厳がありそうなのに対して若さと奔放さを感じるメアリー。ただそれを表現する為に随分と神経を使ってそう。横顔とその立ち姿が非常に美しい。劇中いきなりロック調の歌が始まるが(やや驚いた)やはり彼女は歌が上手い。ミュージカルでもやればいいのに。
神野三鈴:エリザベスとメアリーの乳母。しっとり柔らかくて淀みない声が大変綺麗。演技が上手いのは当然だが、幾度も舞台を踏んでいるのだろうという安心感がある。そして彼女は静かに熱演するのかな…と思っていたんだけど、パンフを読んだら敢えて抑えた演技をしていたんだって。へー。抑えつつ感情を発露するのって難しいのにスゴイね。

客席内に入ったとき、斜めになった八百屋舞台と後方にドドーンと設置された大きな鏡が目に留まった。役者はさぞ気が抜けなくて大変だろうな…と感じたが、流石に何十年も役者をしている二人は隙のない熱演をしていた。今回はその熱に圧される…という舞台ではなかったのだけど、そういう真剣味をひしひしと感じられる舞台という空間は面白い。仲々チャンスはないけれど、またストレートプレイも観に行きたいなーヽ(´ー`)ノ



2015.06.20 Comment:0 | TrackBack:0
サントリーホールにて、東京都交響楽団『第781回 定期演奏会Bシリーズ』。

指揮:大野和士
曲目:バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106
   フランツ・シュミット:交響曲第4番 ハ長調

>聴きどころ
次期音楽監督・大野和士との共演は常に熱く、スリリングです。この回も虚飾を排した2曲が光るプログラム。バルトークの名作「弦チェレ」では、都響の弦楽&打楽器セクションと大野が火花を散らし、20世紀前半ウィーンの重鎮作曲家シュミットの代表作「第4交響曲」では、作曲者がこの曲に託した一人娘への鎮魂の思いに深く、鋭く迫ります。

ふむー。そんな聴き所があったとは。全然知らなんだ。
まぁ内容はよく分からないけど、心地好い音の響きは楽しめたのでそれは良かった。

で、久し振りに真面なコンサートに行って面白いと思ったのは、クラシックコンサート独特の仕来りようなもの。ライブハウスでも、宝塚でも、他の舞台でも、そこでしか起き得ない不思議ルールがあるけど、クラシックコンサートも結構あるな…と演奏聴きながらぼけーと考えてた。
過剰な係員、補聴器の注意、演奏会に通うオタの皆さん、演奏前のチューニング、曲間の咳払い、しつこいアンコール…等々。普段触れないものに触れると、自分の認識との差異に驚いたりする。面白い。

※今日の独り言:二次創作ってスゴイなー(-_-)

2014.12.09 Comment:0 | TrackBack:0
ZEPP TOKYOにてサカナクション『SAKANAQUARIUM2014"SAKANATRIBE"』。

01:サンプル
02:アルクアラウンド
03:セントレイ
04:表参道26時
05:哀愁トレイン
06:Klee
07:エンドレス
08:シーラカンスと僕
09:流線
10:ユリイカ
11:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
12:インナーワールド
13:三日月サンセット
14:モノクロトウキョー
15:夜の踊り子
16:アイデンティティ
17:ルーキー
18:グッドバイ
E1:Ame(B) Remix
E2:ミュージック
E3:Aoi
E4:目が明く藍色

セットリストが心許ないとブログを書くのが遅くなるのかな。いや、単に書く気がなかっただけか。

人気上昇中のサカナクションでは二度とないであろう、整理番号一桁番代のチケットをゲット。しかし最前列に行く勇気はなかった…。勿体ない気もしたけれど、落ち着いて曲を聴きたいので仕方ない。ライブの満足度の大半は周囲の環境に影響される。今回はカラオケ人間も体当たり人間もお喋り人間も周囲にいなかったので至極快適だった。最高。

序盤、部分的にボーカルの声が籠って聴こえた。極端にいえばボイスチェンジャーを使ったような。場所的な問題だったのか原因は最後まで分からず。またサカナクションのアルバム等は一応全部聴いているはずなのに知らない曲があった。奥が深い。シングルも全部揃えるべきということか。今日の曲の中では、久し振りに聴いた「インナーワールド」と、今日だけのアンコール曲「目が明く藍色」が特に良かった。

そして、本日はモッチことGt.岩寺基晴氏の誕生日。登場したケーキの蝋燭をフーッと吹き消し、祝福の声に泣いちゃうからもうやめてと照れるモッチ。その後、メンバー紹介では各メンバーに今日良かった曲を訊く。その流れから、PA、照明、砂アート等の説明や紹介。スタッフ含めてチームサカナクションだ…という話。(しかし草刈さんの紹介がなかったのは何故か…)。

ライブの細部を全然覚えていないのはいつものことかね。
まぁ、何にせよ、今回も楽しいライブでした。

2014.03.11 Comment:0 | TrackBack:0
そういえば、SONYが待望のスティック型ウォークマンを再発売してくれることになったのでした。
いやー、本当に本当に待ちわびた。

http://www.sony.jp/walkman/lineup/m_series/


B00FF06X7OSONY ウォークマン
Mシリーズ 16GB ブラック NW-M505/B

ソニー 2013-12-07



少し前に銀座のソニービルに寄って、モックアップをチラリと見てきたんだけど、想像よりはちょっと大きめ。私が未だに愛用しているNW-S705Fの美しさには到底及ばないし、香水瓶型でも何でもないただのスティック型ではあるけれど、ソニーの英断を応援する為にも発売されたら購入する予定。
早く実機を見てみたいのだよなー。できれば音も聴いてみたい。ノイズキャンセルは勿論のこと、「音声信号をフルデジタル処理するアンプ"S-Master MX"」というスゴい何かも搭載されているとのことだし。

いやー、ワクワク(・∀・)!

2013.10.25 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。