上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
3/19の話。

杉並区立桃井原っぱ公園にて『西荻ラバーズフェス 湯川潮音ライブ』。

01:緑のアーチ
02:しずくのカーテン
03:新曲(映画"ターシャ・テューダー 静かな水の物語"より)
04:birch
05:長い冬
06:渡り鳥の3つのトラッド
07:光の中の家

青空の下でシオーネを聴くのは久し振り。
屋外の開放感と美しい歌声が程よく相俟った、楽しいライブだった。

"01:緑のアーチ”の久し振り感になぜか吃驚した。02:しずくのカーテン”の爽快感ある演奏を聴いて、私はこういう曲(ライブ)を聴きたいのだなーと思う。"03:新曲”は4月公開の映画"ターシャ・テューダー 静かな水の物語”の為に作った音楽とのこと。英詩で穏やかな優しい雰囲気の曲。”05:長い冬”は冬が去った今だからこそこの曲の冬っぽさが染みる。”06:渡り鳥の3つのトラッド”で吉野友加さんのハープに痺れてしまった。あんなに優雅で美しい音色なのにスゴい格好良い。”07:光の中の家”は、今日はこの曲のモデルになった祖母の家を改装した時にお世話になった親方がきている…と言ってから演奏。とても良い歌声。

MCは幾つかあったけど印象的だったのは…。
友加さんとは15年位前から演奏している。友加さんは妖精とか言われがち。私の若い頃のキャッチコピーは"振り返れば天使がいた"だった。天使と妖精。年齢を重ねると行き先は妖怪しかない。フジコヘミングさんや黒柳徹子さんみたいな妖怪になれたら本望…等々。

風と砂塵がスゴくて砂まみれになったけど、楽しいライブだった…(*´-`)♪





スポンサーサイト
2017.05.13 Comment:0 | TrackBack:0
下北沢ラ・カーニャにて『湯川潮音&栗コーダーカルテット ペルー帰国ライブ』。

出発前ライブは行けなかった(行かなかった)けど、今回は会場限定CDにつられて行ってみた。

01:風よ吹かないで
02:しずくのカーテン
03:birch
04:We'll see
05:光の中の家
06:The Water Is Wide
07:砂山
08:役者
09:裸の王様
E1:浜辺の歌
E2:ツバメの唄

久し振りの楽しいライブだった。楽しい音に栗コーダ他の皆さんの独特の温かさが加わって、余りの心地好さに眠気を誘われてしまった(寝不足とかではない)。

ライブは2部構成。1部は栗コーダ+桜井芳樹+イトケンの各氏での演奏。2部はシオーネが加わって…という形。そして海外招聘公演のセットリストだからか、シオーネの鉄板曲や民謡などがあって、聴いていて楽しかった。
"02:しずくのカーテン"のラスト上げはライブ感あって好き。"03:birch"や"04:We'll see"のように取っ付き難い曲も栗コーダ他の皆さんが演奏するとほんのり温かみを感じるのが不思議。"05:光の中の家"はモデルの家に思いを馳せて演奏以上にドラマチックに感じる。"06:The Water Is Wide"はシオーネの歌声に栗コーダの素朴な笛の音が重なって心に染みる…。"09:裸の王様"はいつ聴いても名曲。満員の客席を避けてそのまま残ったアンコール、"E1:浜辺の歌"は2番をスペイン語で! 童謡はシオーネの声によく似合う。"E2:ツバメの唄"は珍しく客席の手拍子もあって大いに盛り上がる。

お喋りが楽しい栗コーダーの皆さんにつられてか、MCもペルー公演話を絡めて色々と…。
シオーネ以外は虫刺されが酷かった、正体不明のおばさんにハグされ挨拶の練習をさせられ…、高山病で川口さんがお腹パンパン病に、今年光の中の家は解体するが曲にしたからもうここにある、ペルー産の手作りCD、CDサインに桜井さんのものが一つ…等々。

やっぱり楽しいライブはいいよねー。心持ちが軽くなる。こういうライブにもっと沢山行きたい。




2016.03.16 Comment:0 | TrackBack:0
吉祥寺キチムにて『湯川潮音 小部屋ツアー 東北編 2016』。

01:理由
02:We'll see
03:しずくのカーテン
04:渡り鳥の三つのトラッド
05:恋は月をめざして(The Voyage of the moon)
06:長い冬
07:birch
08:役者
09:ニューヨーク
10:エデンの園
11:ハイエナのイエナ
12:六十年後の灯台守
13:キルト
14:ワルツの亡霊
E1:裸の王様

数年前の西日本小部屋ツアーを思い出させるライブだった。
今回のサポートはその西日本ツアーからの縁という松本舞香さん(Vn&Cho)。
ニューヨークから一時帰国しての久々のライブだけに、新曲も聴けるかと期待したのだが、セットリストは今までと余り変わらず…。アンコールで"裸の王様"の英語版を余興的に演奏してくれたのは良かった。…けど、この一曲では物足りない。創作活動はこれからなのかね。"セロファンの空"から一歩進んだシオーネの歌を早く聴きたい(熱烈待望)。
なので、今日はいつもと同じ理由で、"03:しずくのカーテン"、"E1:裸の王様"が良かった。彼女の定番曲達の完成度の高さには毎度聴き惚れるばかり。

MCメモ。昨日NYでライブした、半分位現地の人、今スゴく眠い、栗コーダーとマチュピチュに行った、笛吹くの大変そう、お腹パンパン病、ステージに医者が来てくれた…とか。

この日のライブ、ライブ内容はとても良かったんだけど、オモチャみたいな客椅子と店員の下手な応対が気持ち悪くて、最終的な印象がかなり悪かった。だからずっと感想を書く気になれなかったのかも。音楽を聴く環境って大事だな…と改めて思ったライブだった。



2016.01.19 Comment:0 | TrackBack:0
ヤマハ銀座スタジオにて『湯川潮音 セロファンの空 LIVE @ GINZA』。

しとしとと雨降る夜の銀座。肌寒い。
今回の会場ヤマハスタジオはさすがに音が良くて感激した。
小さい空間だからか、四方八方から美しい音が届いてきて至福のひと時。

01:ハイエナのイエナ
02:しずくのカーテン
03:We’ll see
04:未来のルーシー
05:逆上がり国
06:iIIi....
07:役者
08:自由の冠
09:60年後の灯台守
10:ラストシーン
11:ジョーカー
12:birch
13:キルト
14:ワルツの亡霊
15:エデンの園
E1:パリの動物園
E2:裸の王様

ダメだ…、私、"セロファンの空"の曲名を覚えてないや…(´・ω・)
なので、上のセットリスト、抜けがあるかも…。

本日のライブは正味約1時間45分とかなりしっかりした内容。
楽器構成が違うにしても、同レコ発ライブのwwwとはアレンジも大分変えていた。
シオーネのライブは、正に今しか聴けない音楽。
“05:逆上がり国”の前半は長めのインストでこれも一曲かと思った。“10:ラストシーン”はなんとテクノ風。"E1:パリの動物園"では銀座を歌詞に当て嵌めちょっとムリヤリ感のある仕上がり。久々感のある"E2:裸の王様”はかなり情感込めていて、この人戦いたいのかしら?とぼんやり思う。

前回も書いたけど、今回のレコ発ライブは良くも悪くも、昔からの曲の存在感が際立った。"逆上がりの国””キルト”"裸の王様”は湯川潮音の代表曲ではあるけれど、早くこの曲達を凌駕するような曲ができてくれればいいのに…と思う。…とはいえ、今回のアルバムが悪いわけではなくて、全部で一つの曲みたいな叙情詩的な印象も、ライブだと楽しく感じるわけで、これをライブ活動で育てないのも勿体ないな…とも思ったりする。NYを拠点の一つにすると言ってる人に言っても仕方ない話だけど…、つまりもっとライブやってくれ!という結論に至った次第。

MCは色々あったけど…、自由の冠の歌詞はレシートの裏に、一年前の写真を見て結構歳を取った、青弦さんは外面が…、セルフプロデュースは楽しかったがツラかった…、ラストシーンの照明はやんわりYMO、次回公演の案内…等々、今日はリラックス気味に楽しそうに喋ってた。

本日のサポートはVc他:徳澤青弦、Dr他:itokenの御二人。楽器を取っ替え引っ替えの神業に、目も耳も奪われる演奏でした。



2015.09.25 Comment:0 | TrackBack:0
タワーレコード新宿店にて『湯川潮音"セロファンの空"発売記念 ライヴ&サイン会』。

少し早めに着いたらリハーサルをやっていた。ラッキー。
しかし実際には演奏しない曲の旋律もあったけどリハーサルってそういうもの…? "裸の王様"やってくれるかも!とちょっと期待してしまったではないか…(-_-)

01:birch
02:役者
03:自由の冠
04:ハイエナのイエナ
05:パリの動物園
06:ルビー

21時開始という過酷な条件にも関わらず、イベントスペースを埋めるギッシリの人達。
やや意外だったけど軽く100人位はいただろうかね。一昨日のwwwでのライブと比較して若干年齢層が若い。

今日はシオーネと徳澤青弦氏の二人だけの少人数構成。
御本人は"ミニマムアレンジ"と言っていたけど、ループマシンや打ち込みやラジカセやらなんやらを使って、二人だけとは思えないボリュームのある演奏だった。今回の新曲はクセがあるようでクセがないような不思議な曲が多いけど(唯一"自由の冠"だけは旧作と新作を繋ぐ中間のイメージ)、今日のアレンジは聴き心地が良かった。また"05:パリの動物園"ではアルバムやライブの宣伝を強引に取り入れていて、その部分でも今日だけのオリジナルアレンジといえるものかも…。

MCは余りなかったけど、この時間は普段は寝ていて眠い…夢か本当かどちらでもいい…、今日は二人で工夫して"Do it yourself"、今月は人生の中で一番ハイエナと言っている…とか、そんな話を軽めに。

ライブ終了後はサイン会。
こちらから話し掛ければ気さくに答えてくれるような緩めな感じ。何を話していたかは知らないけれど、他の人との触れ合いを見る限り、シオーネはよく笑っていた。私は一昨日のライブが楽しかったことを伝えた上で、もっと東京でライブやってくれヽ(´ー`)ノ!と訴えてみた。詳細は省くけど、思ったより手応えのある反応をしてくれた。その後、ヤマハのライブが決まったようなので訴えた甲斐があったというもの。良かった良かった。


※ジャケットの撮影場所は代々木公園かな?(twitterに上げた写真を使い回すの巻)


-----------------

以下は"セロファンの空"の感想というか余談。
"役者"の歌詞やツラーチラシに書かれている"ゆめはほんとうかほんとうはゆめか"という言葉。胡蝶の夢。これがアルバムのコンセプトだというなら納得。あの取り留めのなさというかバラエティに富んだ内容も、際限のない夢の世界なら頷ける。ただ他人の夢の話は詰まらないとの言葉もあるように、共有できない夢は他人に伝えるのが難しい。それを現実のライブで表現して伝えてくれるのだ…という意味では、このアルバムの曲達はライブで聴いてこそ価値があるのかも知れない。…という意味不明な独り言。

2015.06.06 Comment:0 | TrackBack:0
渋谷WWWにて『湯川潮音"セロファンの空"release tour 2015』。

むぐぐ…、平日の18時開場は非常にキツい…。
息を切らして会場に到着したら、結構な入場列ができていた。
もしや埋まらないのでは?と勝手に危惧していたのだが、そんな心配は無用のほぼ満員の客入りだった。

01:ハイエナのイエナ
02:We’ll see
03:逆上がり国
04:未来のルーシー
05:役者
06:笛吹きの少年
07:自由の冠
08:パリの動物園
09:iIIi....
10:ジョーカー
11:ラストシーン
12:ニューヨーク
13:60年後の灯台守
14:birch
15:キルト
16:ワルツの亡霊
E1:ルビー
E2:エデンの園

はて…、セットリストは合ってるのかしら(-_-)?
正解がどこにも上がらないから確認できないのがツラいところ。ライブが終了したらササッと公式に発表してくれればいいのに…。

ライブは代え難い価値があると思う。その瞬間に奏でられた音を直接受け止めることが出来るから。今日はそんなことを思いながらライブを聴いていた。
そもそも今回のアルバムは良くも悪くもナマっぽい印象だった。だからライブで聴いた方が楽しそうだと思っていたが、その予想は正しかった。CDの初聴きで、これはどうかな…?と思った曲(正直言うと半数以上)も楽しめる仕上がりになっていた。私の中では湯川潮音の歌はライブで聴いて完成といった部分もあるので、もっとこの曲達をライブで聴いて耳馴染みのある状態にまでできたら良いな…と思う。
…で、だからこそ、要所で挟み込まれる旧作達の出来の良さに感激してしまったのも事実。何度も演奏された完成度には適わないというか…、つまり、まだまだ"15:キルト"が最強。また、新曲の中で特出した曲がないと感じたのは、新アルバムは全ての曲を合わせて一つの曲というようなイメージがあるからかも知れない。…にしても、"08:パリの動物園"で手拍子を煽ってたけど、あれは素人にはムリだよね…。

MCは程々あって…、新アルバムは誰かにプロデュースを依頼しようと思っていたがタイミングが合わず、青弦氏の"自分でやればいいよ(声マネ)"の一言でセルフプロデュースになった。いつもの英国入国拒否話から、夏からニューヨークにも拠点を持つ予定だという話。本編の終了前には、自分は飽きっぽいけど行き着く所は音楽、今日も新しい音を奏でられて嬉しい、来てくれてありがとう…という締め。

本日のサポートは…、cello.syn:徳澤青弦、guitar:長岡亮介、bass:千葉広樹、drums:山本達久の各氏。



2015.06.03 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。