よしよしTCA…と、偉そうにTCAの仕事っぷりを褒めてみたりして(←何様だ?)。…ってコトで、優里さん関係のDMが到着しました。博品館は置いておいて、お台場日航ホテルの『B列車で行こう!』はライブハウスという馴染みの薄い形態の小芝居なので興味津々です。なんか出演者も渋いしね…(渋スギ)。でも妄想虚しく踊らなさそう。TCAがどんなマネジメント活動をしているのか知らないけど、企画から携わってるモノに星奈さんを出演させたりしているんで、なんか食いっぱぐれはなさそうな気がしたりしなかったり(→ま、それも一長一短あるんだけど)。あと書き漏らしていたけど、『はんなり菊太郎』も続編決定だそうで、こういう地味に人気を得る作品に関わっていけるっては女優として強いような気がします。うん、ちょっと楽しみな年始です。
2003.10.20 Comment:0 | TrackBack:0
コニシページを弄ってみました。因みにトップの出典は'透明人間の蒸気'パンフ(→折角買ったので)。でもさすがに元が元だけに粗めな仕上がり。しかし更新中画面にして、一から更新作業を始めるってのは問題アリかな…。でも追いつめられないと何にも手に着かないんですよね。いや、でもHPを弄るだけの気力が出てきただけでも進歩か…、この半年のヘタレ生活を思い返すと奇跡のようだし…(間違い比喩)。そういえば小西さん、11月にドラマ主演が決定したそうで、もう撮影も終わってるんだろうな…。あー、とりあえず良い作品…もしくはワタシが萌える作品に出会ってくれ!と本気で思う今日この頃。そうしないと気分萎える一方ですから。…と、コニシページにでも書けよ!…ってネタを書いてみました。まぁ、いつか移すんで、今は全部一緒くたにしちゃいます。
2003.10.19 Comment:0 | TrackBack:0
以前いた会社の同僚に無理矢理お願いして、荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』を全巻貸して貰う。サスガに一気に80 冊読むとヘロヘロになって脳が飽和状態になってしまいます。大体攻撃の理由付けが長くて途中で頭が受け付けなくなるコトしばしばあったし。ただ宝塚にも言えるんだけど、一流に近いエンタテインメントは粗が見え隠れしていて、またそこを突っ込めるコトが却って楽しさを増しているってのもあるのかも(→なんで初期のアナスイは女性体なの?)。とかいう前に、作品自体にある程度しっかりした世界観があってオモシロイって前提があるのだけれど。思い返して見れば、 4部の杜王町の仗助&億泰のまったりした緩さと、6部の徐倫含めた身体の線の美しさがお気に入りだったかも。それにしてもMさん、迷惑だったろうにゴメンナサイ、早く復調して会って下さいね(つーか、元気じゃないんですよね?)。お礼も出来ないし、何より本を返せないので。
2003.10.18 Comment:0 | TrackBack:0
芝パークホテルにて百花沙里さんのお茶会に参加。いやぁ、今回、彼女のざっくばらん系な語り口調がツボに入ってしまったのか、なんか意味無く大笑いしてしまいました…。後から思うと一体何が面白かったのか今一つ良く思い出せんです…(謎)。あ、ただ彼女のしているコトが余りに真っ直ぐな時があって、そういう話の時はスゴク微笑ましかったな…(愛い人だ)。あと全体的に '相手はタカラジェンヌなんだけど…'とツッコミを入れたくなる位に参加者が和気藹々としていたのも良かったのかも知れないです。風邪気味で喉の調子が悪いと喉飴を持参しておきながら、かなりのハイテンションで喋り続けた百花さんの体調を心配しつつ…、うん、本当に楽しいお茶会でした。あと全然関係ない話だけど、なんか引っ張り戻して貰えた気がして、結構嬉しかったです。
2003.10.11 Comment:0 | TrackBack:0
えーっと、優里ちゃんでネット検索したらこんな情報を拾いました。『お台場日航ホテル1F「マグレブ」にて 1/8,10,11お芝居』。いやぁ、コレは当たり情報なのかな。もし本当にあるなら、かなりそそられます。なんかフラメンコも踊りそうな予感もしつつ… (妄想膨らみ捲り)。TCAの地道なDM作戦に期待しております(→つーか、DM送ってくれ!)。マジで出演するなら意地でも行きますから…、はい。あと今週から夏川さんの連続ドラマがCX系でスタート。もう洒落にならない位に夏川ページのアクセス数が増加中(→ってか、スゲェな…、一日何千単位)。これが民放連ドラ主演女優の力なのか…。つーか、夏川さんが相変わらず美人で嬉しいな…と思う今日この頃。でもナマ夏川はあれの十倍は美しいんですけどね…。ドラマ自体もエロ怖で結構オモシロそうな感じです(以降期待)。
2003.10.09 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて星組の『王家に捧ぐ歌』を観劇。思った以上にオモシロくって嬉しい誤算でした。いや、何より瞳子氏が最高に良くてさ。あんな艶のある歌い方をする娘役がいたら、マジで速攻で惚れちゃいますよ。事実、彼女が歌うとクラクラしちゃったし…(アイーダ最高!)。檀ちゃんも見目麗しくて、歌も結構上達している感じがしました(→トップ娘役に返り咲いて精神的にも安定したのが演技にも出てるのかな…)。ただ、凱旋の後に箙ファラオが宙を浮いてる意味がサッパリ分からん(明らかに変だ)。あと百花嬢が全員で一斉に右向くトコロで左向いてたんですが…、その後彼女の顔がニヘニヘしていて…(役者なら失敗してもポーカーフェイス!)。う~ん…、まぁそんなトコロはありつつ、全体的に楽しめました。はい。
2003.10.04 Comment:0 | TrackBack:0