上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
アートスフィアにてスタジオライフ『月の子』を観劇。今日は黒豆ココアが貰えなかったのでブルーです。で、今回はギルが客演の伊藤高史バージョン。どっちのバージョンが好きかと言えば断然もう一方なんだけど、ただ、岩崎アート、舟見セツ、石飛リタは好印象でした。アートに関しては岩崎さんの独壇場だと思ってます。全然ダンサーっぽくはないんだけど、ジミーに対する愛は溢れていたような気がする。舟見セツは可愛いくて、結構感情が激しい。ショナがベンジャミンの話をする時のどうしようもない嫉妬心を隠さない所とか好きです(切ないじゃん)。石飛リタの良さは原作の怪女的なイメージが出ている所なんだけど、ただ、今回の演出・脚本だとリタの偏執する恐ろしさが余り出ていないのが残念(ホントはもっと怖い)。ロシア顔の曽世さんがペトレンコ所長役でロシア人をやっていたのが密かにツボでした。あと小野ティルトと伊藤ギルは余りマイナス感情が伝わってこなくてやや微妙…。「今度はティルトが卵を産む番だね」って部分でくるものがなかったのは、やはり小野ティルトが原因だと思っているので(→奥田君が好演してたってコトなのかも知れんが)。
 単行本にして13冊もある原作を全て舞台化するなんて土台無理なんだよ!とは今更なので言いません(言ってる)。が、初演の脚本はもっとティルト=ギルに焦点が当たっていたハズなのに、今回は全体を整理したので余計話が飛んでしまった気がします。月のエピソードをバッサリ切ったせいで(←前回の自分の感想読んだら大好きな場面だったらしい)、ティルトが何故ベンジャミンを憎むのか、何故セツへの憧憬が強いのかの表現が緩すぎ。原発を爆発させてまで地球の生命を一掃しようとするティルトの思いの繋がりが分からなければ、本筋失っているに等しいような気がするのですが。ラスト10分だけは本当に良かったと思うだけにやや残念。というか、あの舞台はそんなこと以前の問題があるんじゃないかって噂も聞こえつつ…、月の子感想終わります。
スポンサーサイト
2004.03.14 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて月組『薔薇の封印』を観劇。一度目の観劇で首を捻った所も二度目になるとスンナリ受け入れられることがあるのが舞台の不思議な力なワケですが。まぁ、この舞台はこれでアリなのかな…という感じに落ち着きました。えっと、今回は初めのヴァンパイアの谷(?)の部分が好きだったかも…、全体的に淡い感じと創作感が強いのがいいみたいです。話飛ぶけど、冒頭やらで幕前に出てくる十字のオブジェが大好きです。微妙に色が変化して、ボケーっと見てるとリラクゼーション効果があるようなないような…(タブンないんだけど)。で、リカさんの見納めだったのに…、案の定、勿体ない見方をしてしまいました…。でもリカさん級に個性やらアクの強いトップってのは、もう出難い環境なのかな…と思ったりして彼女の存在を惜しんでみました。美原さんは品の良さっていう点では宝塚内でもトップクラスの存在だったと思います(他の実力は知らないけど)。それと花城アリア嬢のエトワールは綺麗だったよ!というコトは書いておきましょう(忘れるから)。他の人は…良く分からないや…。そんな感じ。
 その後、アートスフィアにてスタジオライフ『月の子』を観劇。一週間前観たのと同キャストです。本当はチケ捌きたかったんですが、日が迫ってたんで諦めました。で、芳樹さんの女性化後の鬘が変わっていてビビりました。以前のもストレートで綺麗だったんだけどなぁ…(ちょっと不満気)。そんなコトしてるより、ジミーに鬘被せるのは止めろよ!と声高に訴えたい今日この頃です。ビジュアルを大切にしているハズの劇団なのに、時々スゴクおかしい身なりをさせますよね、ライフってば。それからこの演目はスライド写真を多用しているんだけど、根本的に写真が見え難いんです(ホリーとアートの顔すら見えん)。あと再演なのに初演と変わらず舞台の両端を使ってる所が嫌な感じです(改善求ム)。でも相変わらず最後の10分には泣かされてしまいました。つーか、あの場面を反芻するとそれだけで泣ける。ま、泣きのツボなんて人夫々ですが。
2004.03.13 Comment:0 | TrackBack:0
すっかり忘れとりましたが、優里さんがまた舞台に立つって話で。タイトルが『暗い日曜日』で、観る前から暗そうな舞台を想像させるワケですが…。つーか、吉野圭吾氏も共演するのにストレートプレイかよー!って感じで幾分か損した気分になっています。さて何回観ようかなぁ…、ココだけの話、あんまり食指が動かんです(ファン失格)。あー、それよりも何よりも、優里さんの映画初出演作品が『石井のおとうさんありがとう』で、更にあの憧れ続けたマツケン様の後妻役ってのがさぁ…、スゲく楽しくないですか?私は田園調布支店級に楽しかったです。クランクインしたばかりで完成は5月らしいんで、どんな映画に仕上がるのか楽しみなようなどうなのか…(どっちだろう?)。というか、検索したら、健サマには公式サイトがありまして、それにもビックリです。TCA系の女優さんも公式サイトとか作ればいいのになぁ。しかしこの映画はファンとしては見に行くべき映画なのかな…。いや、ファンとか自称してるなら絶対行けって感じだけど、それでもタダ券とかどっかで配ってないかな…と夢見る今日この頃っす(←とりあえず絶対水曜に行くって感じで)。
2004.03.12 Comment:0 | TrackBack:0
アートスフィアにてスタジオライフ『月の子』を観劇。えっと、開演前に物販やらチラシ渡しで今年の新人クン達が笑顔を振りまいていたのと、帰りに黒豆ココアを貰えたのが何よりの収穫です(←それだけ?)。で、本題の舞台は、最後の10分間は本気でカンドーしちゃったワタシですが(マジ泣きそうだった)、それ以前は別に何ともなぁ…って感じでした。再演だし、原作好きなだけに展開知ってるから体感時間が長い長い。普段観劇中に時計を見るコトは少ないんですが、今回は何度か見てしまいました…。そんな状態だけに初演との違いも余り気づかないし、細かいトコロに変化あっても全体のツキハギ感は変わらないな…という印象。前述の唯一感動した場面は、クライマックスでのショナ&セツとアート&ジミー、それぞれの思いが伝わった辺りなんですが…。ま、アメリBGMを含め、盛り上がれ呪文が掛かっているかのような演出で、倉田演出の真骨頂ここにあり!みたいな感じですね(←最後だけはキッチリ締めるぞ的な演出)。確かに終わり良ければ全てよしではあるんだけど、サスガにもう2,3箇所萌える点がないとツライなぁ…という感じでした(← 前回は林セツがあったから救われていた)。
 役者の話でいうと、セツの山本芳樹氏が一番に思い浮かぶかな…、切ないですね、彼のセツは。それと遠めの席で観たせいか、女性化した姿がそれほど違和感なかったです。でも前回から引き続き、「NO―ッ!」って叫びだけは全く頂けないです(なぜそこだけ英語?)。曽世ショナは雰囲気からして優しい。けど、エピソードブチ切れなだけに感情の変化が全然掴めないです。そうそう、声のみだけど林さんと楢原さんが出演してたのが嬉しかった。及川ベンジャミンは見た目が可愛いのでOKなのかな…、でもジミーの鬘は鬘感が強くてイヤです(地毛じゃダメなの?)。山崎さんのリタは押しが弱め。リタは多少怪女チックな所がないと、タダの哀れな女性になってしまうのでちょっとイメージが違うかも。笠原ギルは少し姿勢悪くないですか?…というかギル役の書き込みが減ってないかな?減ってないなら、初演より彼の印象が薄くなってしまったのかも。主宰のグランマは登場だけで笑えた(苦笑系)。姜アートは可もなく不可もなくではあるけど、キツイこと言えば、アートの主役としての存在意義が問われる程度の演技だったような…(全然記憶に残らん)。佐野ホリーは出番が増えたという割には、やっぱり印象に残らず。…とココまで感想書いてると、私がちゃんと観てなかったから役者の印象が薄いんじゃないかって噂も聞こえてくるような…。ま、そんな感じです。
2004.03.07 Comment:0 | TrackBack:0
五峰亜季さんのお茶会に行って来ました。一年半振りってコトだから、本当にご無沙汰な感じで、なんかお茶会そのものが新鮮でした。何と言うか、下っ端専科生…もとい専科最下級生の地道な生活が話の節々で垣間見えて、かなり興味深かったです。いやぁ、専科って時間余ってそうに見えてそれなりに大変なんですね。あと役作りの上での小池先生とのバトルや、サエちゃんとのご縁、各組の雰囲気の比較等々…専科生ならではのお話を沢山聞くコトが出来ました。それに、久し振りのお茶会だけに、マユミさん自身も勢い込んで話てくれようとしているのが見えて好印象。話が途中で切れちゃうコトが結構あったので、もっともっと広げて話を聞きたかった位です。次にどの公演に出るのかも分からないし、ましてお茶会がいつあるかも分からないので、顔を見られる一回一回を貴重に思うべきだな…とか、お茶会が終わってから気づいたワケですが…(ダメじゃん)。今後とも私が見守るコトが出来るように、着実に舞台に立ち続けて欲しいな…と思ったお茶会でした。
2004.03.06 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。