東宝劇場にて星組『花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04』を観劇。
芝居はあんまり面白くないな…。皇帝がアホに思えて仕方ない。楊貴妃も綺麗なだけじゃさ…(檀ちゃんがどうとかではなく)。で、ショーはかなり楽しかったです。もうオギーはショー専任になればいいのに。オギーの良さって、銀橋に男役スターをズラッと並べてるのに、本舞台になお娘役を20人位配せる抜け目なさ…というか贅沢さだと思うのですよ(意味分からん)。つまり出し惜しみせず、徹底的に作り込める力があるというコトです(スカスカなショーなんて寂しいじゃん)。あと上級生の要所での使い方がうまい。それにしても、宝塚の演出家は礼音を回しとけば30秒位稼げる…とみんな思ってるような気がする。あとコトコトの踊りはスゴク軽い(一度放り投げてみたい)。いやぁ…、それより何より、今回は「セレブの女」をやってる百花さんが大層可愛くてね…、萌えてしまいましたよ…。ホントにカワイかったなぁ…
2004.11.27 Comment:0 | TrackBack:0
渋谷の古本屋で成人男性(エロ)雑誌を漁ってしまったですよ…、正に婦女子失格…。

その後、松坂牛つついたり、ワイン飲んだり。普段会わない人と普段食べない物を食べてると、やや非現実っぽいかも。ま、いい気分転換でした。いやー、それにしても専門店で飲んだ白ワインが旨かったですよ。さすがソムリエのセレクト。
2004.11.26 Comment:0 | TrackBack:0
遂にHDD-DVDゲット!スポンサー(兄)様ありがとう。ビッグカメラで一悶着ありつつ、家まで自分の足で運びましたよ(腕つる)。なんか、接続云々よりテレビ台のベニヤ板を壊すコトに時間が掛かってしまった…。でも最新機器に触れると結構本気でカンドーしたりします。世の中って進歩してるのね…。

某オーケストラの定期演奏会に行ったんだけど、ほぼ無料のせいかマナー知らん客が多くて苛々。演奏中に紙捲るな、鼾かくな、騒ぐな、喋るな…っていうね、そんなの基本でしょうに。晴れ舞台で演奏している人達の身になってやれ…。それにしてもクラシックはアンコールが長いな…。
2004.11.24 Comment:0 | TrackBack:0
なんか…、働くって虚しいな…。…とか当たり前のコトを呟いてみる秋の夕暮れ。案の定花組は観られませんでした。というか、ついさっきまで、今回がふーさまサヨナラ公演だと思い込んでましたよ(失礼極まりない)。何でだろう。ま、ともかく次は星組ですよ。

東陽一監督『絵の中のぼくの村』、平山秀幸監督『学校の怪談4』、 篠原俊哉監督『犬夜叉-鏡の中の夢幻城-』を観たけど、どれもそんなに楽しくなかったです。特に犬夜叉眠かったなぁ…(巻戻しの連続)。つーかなんでワタシはこんな原田美枝子満喫なラインナップで休日を過ごすのか…。
2004.11.21 Comment:0 | TrackBack:0
新宿の『さしみ居酒屋』で魚つつきながらタラタラ飲んでみたり。驚異の三割引きを続けてくれれば、常連になりたい店でした…。

鴻上尚史著の『真実の言葉はいつも短い』。小さい頃から鴻上さんの話にはナルホド…と思わされてます。この本にある「表現」と「表出」の話なんかもナルホド。ま、その割には彼の舞台は観たコトがないんですが。
片山恭一著の『世界の中心で愛を叫ぶ』を読んだけど、マジ詰まらんかったよ(・∀・)!これは 映画やドラマの出来がスバラシイってコトなのかな…。

Salyuの『Dialogue』は初登場70位代って噂なのですが。ホントならヤバイ。程々に売れないと次に繋がらないじゃん。来春に出る予定のアルバムも聴きたいし、その次にある予定のライブにも行きたいのに。木村カエラでさえ11位なのになぁ…。
2004.11.13 Comment:0 | TrackBack:0
遂にTVが動かなくなりました。修理出すみたい。…嗚呼…。あとgooのメールも消えちゃった(・∀・)!←いや、笑ってる場合じゃなく…、参ったです。
ここ最近、花組を観に行きたいと思ってるんだけど、微妙な躊躇いがあるのは何でだろう。あぁ…、こんなコト書いてると観に行かなそう…。

ロブ・マーシャル監督の『CHICAGO』。面白かったです。でも、レニー・ゼルウィガーが『ブリジット・ジョーンズの日記』の人だと最後まで気づかなかったダメダメさ…。むぅ…女優って本当に変わるのね。それはそれとして、舞台版も一度観てみたいかも…。

古厩智之監督の『ロボコン』。淡々としててもそれなりに楽しくはありました。けど、やっぱり地味だなぁ…。ま、でも鈴木一真が出てただけでもポイント高いワケですが。
2004.11.08 Comment:0 | TrackBack:0