上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
前回の日記長いなぁ…。でもまだまだ書き足りんのも事実。何せ初めてのコトってのは全てが新鮮ですから。そう言えば東宝エリザはボロ当たりの模様。退会しようとすると当たるんだよね>バカ友会は。でもやめるけど。MXTV『宝塚CAFE BREAK』の白羽ゆりの回を見て、トナミっていい娘役だよねぇ…としみじみ呟いてみた。最近のお気に入りTV番組はBSフジの『無意味良品』なんだけど、これって何気に全て再放送なのね…キム社長。あとChNECOの『セーラー服反逆同盟』もスゴク楽しい、仙道敦子の「…ミホさん…」の辺りが特に。勢い余ってSalyuのSHIBUYA-AXのライブチケを購入してしまったけど、本当は2F席でマターリ見たかったなぁ…。
スポンサーサイト
2005.02.22 Comment:0 | TrackBack:0
新宿LOFTでの『スペースシャワー列伝 第四十七巻 ~恋々の宴~』に行って参りました。
おぉ…ライブハウスって男性が前だと視界が塞がって全然見えんのね…(当然)。一組目の矢野絢子さんは顔すら拝めなかったので、次第に前へ前へで(背の順希望)結局二列目で見てました。二組目は高鈴というアコースティック系ユニットで、これが思いの外ステキ。『リトルダンス』という曲が良かったのでCDも購入。世の中に歌の上手い人って大勢いるのね…、3月のライブもやや行きため。
そんでラストはSalyu。うーん…思った以上にパワフルな内容。CDは歌に焦点当てつつ綺麗な所を集めて纏め上げてるのね。でもそれはライブでの歌声が雑って事では決してなくて、生で聴くと非常に強くて伸びやかな声なのですよ。バックバンドの音ガンガンなのに全然負けない程に。それと私はLily Chou-Chou時代の曲に殆ど魅力を感じてなかったんだけど、ライブで聴く限りはSalyu時代よりもいいのかも知れない。その感覚の変化がすんごく不思議。

01:アラベスク
02:エロティック
03:飛べない翼
04:VALON-1
05:彗星
06:Dialogue
07:Peaty

曲順はこんな感じだったような…。歌ってない時はユラユラしたり口パクパクしたり…オモシロイ…(ヘンとも言う)。新曲『Peaty』はポジティブな曲だし、『彗星』は名曲でした。タブン会場内7割方は Salyu目当てだったハズだけど、確かにエンタメ感は格段に強かったと思う(コバタケいたし)。一つ残念だったのはバンド音がデカかったコトで、絶対的に魅力的な歌声と張る意味あるのか?(←音量の問題)…とね、そう思うけど、そこがライブ慣れしてない人間の感想なのかも知れないです。
2005.02.18 Comment:0 | TrackBack:0
『Jam Films S』を観てきました。
7人の監督が撮る実験的なオムニバス映画のシリーズですが、まぁ、7本も種類の違う映画があれば、そのウチ幾つかは気に入るモノはあるだろう…って感じで、仲々オモシロかったです。
私が良かったと思ったのは以下の三作品。高津隆一監督の『HEAVEN SENT』。超高層ビルの屋上を使いシンプルに纏まった画面と、オーソドックスだけど最後に救いのある物語が好き。石川均監督の『ブラウス』。日常を一コマ切り取った中で見せている、ささやかでやや倒錯的な恋情の表現がウマイ…(でも最後のオチが良く分からんよ←解説求ム!)。阿部雄一監督の『すべり台』。柄本時生君のヘタレ男子っぷりが非ッ常にカワイイです。
2005.02.12 Comment:0 | TrackBack:0
スペースシャワー絡みのSalyu出演のライブ、結局行くコトにしました。こういうのは行ける時に行っとかないと…ね。でも未だにチケット完売してない所に一抹の不安を感じつつ…、いや、それよりスタンディングのライブというモノ自体が初体験で、そっちの方が不安だ…。立ちっぱなんて絶対疲れるじゃん(ダメだ)。

市ヶ谷の『パク森』でパク森カレー食べました。二年越し位の念願だったんだけど…、でもあれ…意外とフツーなのだが…。
2005.02.07 Comment:0 | TrackBack:0
博品館劇場で『Winter Rose』を観劇。
むぅ…、ヤバイ、また意味が良く分からない。初演を観た安心感が油断に繋がったのか、流して観てしまった。そのせいで更に意味が掴みづらくて…ね。ダンス主体の舞台ってのは演じる側は勿論のコト、観る側もイマジネーションが大切なのですよ。それをスッカリ忘れてた。そもそも根本的に姉弟の愛のタブー加減が理解出来んですね。だからダメなのかも知れんですね。
そんで、優里さん、デコ出せよ( ゜Д゜)ゴルア!… と思ったかどうかは内緒ですが(思った)、二の腕ややプニってないですか。気のせいかな。うん、でも、踊りの質は変わってないというか、何となく大きさが出てきたというのか。今回は最後の緩やかな踊りと吉野さんに後ろから抱き締められて怯え戸惑ってる姉が好きだったかも。あと林さんは人形みたいな表情で踊ってて(演出かな)、カーテンコールでの生きた表情が良かっただけに少し勿体ない。岩田君は髪が伸びても変わらず格好いい。吉野&明賢も男性ならではのダイナミックな踊りで格好良かったデス。
2005.02.05 Comment:0 | TrackBack:0
優里さんが『Broadway Gala Concert 2005』に出演するらしいです。日本のミュージカルスターが集結!とかあるけど、あんまりミュージカル業界に興味ないのですよ…。しかも\12,000 なのですよ…。なんかなぁ…、どうするよ?>自分、って感じ。食指の動き方からすれば、和歌山トークショーの方が断然行きたいです…(本音)。

日常生活の環境が変わって既にヘタリ気味。我ながら一体いつまでもつのかなぁ…(遠い目)。
2005.02.03 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。