上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
百花沙里さんのお茶会です。
直前まで会場分からず、オタつきつつも、結局また楽しかったなぁ…。今回は浴衣姿で登場のモモさん。衣装部さん三人係りで着せて貰ったらしい。おぅ、華やか美人(・∀・)!。
公演の話を中心に…両理事の素晴らしさ、羽山先生の舞台、上演中の地震の怖さ、小指が短い、ロケット話、蝉の命を心配したり、柳花の中国語の実演…等々、相変わらず盛り沢山な話っぷり。いやぁ、本当に笑えた。テキトーに考えたんだけど、彼女ってあの会場にいるファンを本当に信頼してるっぽい。公式な発言だとそれなりに弁えているから、多少際どい話してもここにいるファン達なら笑って見守ってくれるだろうな…と思ってるのかも知れない(全て憶測)。うーん、あの会場の雰囲気の緩さはお茶会として珍しい…と思う。以下は余談。ふとした時に「私が退団するとき」ってフレーズが出て、過去一度も聞いたコトがなかったので勝手に緊張してみた。ただ某番組の契約話を聞いたら、あー、まだ全然辞めないじゃん…とマジでホッとした。つーか副組長になってくれなきゃ嫌だ(と言ってみる)。
帰りはモモさんがお見送り。ビ、美人だ…。美人が至近30cmに居た!と久々に見惚れつつ、ジェンヌと話したい願望の少ない私は対面すると弱るのね。逆に「なんか聞きたいことない?」とか聞かれて更に弱る。ベルばらの話題振ったら、「イトーちゃんのコト言うの忘れたよー」と騒ぎつつ、意味無く「大劇場には来れないの?」と聞かれて一層弱る。あ、そういや、2ショット写真撮ったなぁ…。モモさんがスゲく近かった。
以下総括。可愛くて綺麗で面白くて真面目で面倒見良くて、あぁ、嫁にしたいジェンヌ、ナンバーワンかも知れん…(と今回に限って思った)。

そんで見苦しいからモモさんトコを更新してみた。
公演感想も上げてみたんだけど、今回は一回しか観てないから全然覚えてないっぽい(それは言い訳か)。とか言いつつ、他人様のサイト眺めてたら、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚’04」の感想がスッポリ抜けている事に気づく。ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン! えー、つーか何だっけ、その公演!? 楊貴妃なのは分かるけど、モモさんの役とか全然覚えてない! 感想下書きもどっかにあるハズだけど行方不明だ(そりゃ存在忘れてた位だし)。どーりで「1914」から公演間隔空き過ぎだと思った…。
それと昔の「Asian Sunrise」の感想で、「みどり、あき、かなみ、まーの面子に堂々と混じって」と書いてあって、何だそれーΣ(゚Д゚)!みんなトップになってんじゃんか!…と一人驚いた…。嗚呼、モモさんもトップになればいいのに…(遂に暑さで妄想を語り出す)。
スポンサーサイト
2005.07.30 Comment:0 | TrackBack:0
SSTVにて『landmark~Making Of Salyu~』放送。
初ライブが放映されると聞いて、ライブ行く有難みがなくなるじゃん(゚Д゚)ヨ!!…と思ってたんだけど、実際はライブの抜粋とメイキングでした。内容はリリイ時代のライブ映像(貴重っぽい)、ライブ迄の数日の様子(彗星ダンスが密かにツボ)、小林武史氏や丹下絋希氏やSalyu本人のインタビュー…等々。ライブ映像はリリイを除いた中で比較的調子の良かった数曲を流した感もありつつ。あれだけカンドーした「体温」も映像で見るとそれ程でもなく、やはり魔法に掛かっていたんだと…思う。あ、ただそれは出来が悪いって話じゃなく、それだけライブ空間でのSalyuの力は凄いって方向で考えてみたいのだけど。TVを通してしまうとSalyuの魅力は半減するのかな(夏川さんの美貌のようだな)。SalyuはCDで繊細な揺るぎない歌声を取るか、ライブで力強く拡がりのある歌声を取るか…、まぁそこら辺は個人の好みになるんだろうけど、どちらも捨て難いのは事実かと思ったりする。
で、総括。ドキュメンタリーとしてはいい番組でした。

au携帯CFは捕獲済。案の定、三人男の台詞の音が大き過ぎて、Salyuの歌は殆ど聞こえないという感じ。注視しないと聞き流してしまう時点でダメっぽい…。折角『Dramatic Irony』なのに…。
2005.07.25 Comment:0 | TrackBack:0
南青山・ピガ画廊で開催中の『Kimsnake&Exhivirion 木村タカヒロ展』に行って来ました。
本当は土曜に行くハズだったのに地震で電車止まって断念。天災に対して怒る気にもならず再チャレンジ。そんで…、素敵だったよ…、キムスネイクカンパニー(金蛇商事)社員達のイラストの数々…。当然の如く見たコトのないイラストが満載で、しかもどれもカッコイイ。うーむ…欲しい…。でも高い。一枚\6,000するTシャツや一枚\8,400するイラストはサスガに買えないので、\300のステッカーを記念に購入(→缶バッチも売り物と知ってれば買ったのに…)。
じっくり見たかったけど、小さくて人の少ない画廊は緊張するのでサラッと眺めてみました。そんな挙動不審なワタシに木村タカヒロ氏本人が気さくに声を掛けてくれて、ちょっとだけお話出来ました。…が、軽く混乱してしまい、無意味に握手を求めたりして更に挙動不審…。でも色々と話題振ってくれて、タカちゃん、優しい人でした。その際にタカちゃんが、販売に対応してくれてた女性がエキコさん(の中の人)なんだよと教えてくれたました…。あー、惜しい、一言声掛ければ良かった。公式BBSのレスは「エキコさん」というキャラの性格をきちんと考慮していて絶妙だなぁ…と常々思っていたので。いや…、それにしてもホントに無駄に興奮してたなぁ…ワタシ。どうしたんだろう。

序でに表参道辺りでベーグル屋巡り(っても二軒)。
チーズベーグルが評判の『アペティート』は買ってから、チーズ系パンは苦手だというコトを思い出した…。でもその私でも結構パクパクいけたというコトは旨いというコトなのかも。『Papas PANYA』は一見お洒落過ぎて入るのが躊躇われた…(田舎もんだから)。評判のブルーベリーベーグルを帰り道で一口食べたら(゚д゚)ウマー! と思った…んだけど、よくよく考えればこれはパンとしてのウマさで、ベーグルとはやや違うような感じ。
2005.07.24 Comment:0 | TrackBack:0
彩輝直メモリアルDVD-BOX『sae!』を見る。
ドドンと三枚組。1枚目はエリザのプロダクションノートとか。2枚目はディナーショー『RECUERDO』。というか、これって、モモさん出てるやん(・∀・)! 全然気づいてなかったですよ。うむ、観る機会は絶対ないと思ってただけに、DSの貴重なモモさんを満喫。特に斜めカットのミニスカがエロめ(←何を見ているんだろうか…)。それにしても、何でこのメンバーなのかが全くもって不思議。歌上手い人がいるのかいないのか…という微妙な按配が…。
3枚目は4時間近くひたすら延々サエちゃん映像。「月組(専科)の彩輝直で御座います」が頭にこびりついた(何回言ったよ?>20回位?)。でもしっかり最後まで見ちゃった。サエちゃんってオフ化粧の変化が激しいんですね。可愛い時は凄く可愛い。あと偶にクイッと上がる左眉もツボ。それにしてもアサコが同じ番組にいるかいないかで、自分の食い付き度が断然違うコトを発見。結構アサコに胸キュン中。仮に来月辺りアサコ版のこのDVDが出たら絶対買うと思う(出るワケないが)。そろそろ、呼び方を‘アサコ’から‘麻子さん’に変えようかなぁ…とか無意味なコトも考えたりする。

その後、エリザVISAトークショーとかも見る。嗚呼…アサコ(&サエちゃん)…。…素敵だ…。彼女はインタビュー受ける時、静かーな声で静かーに語るでしょう? なんかそれが好きみたいです。それと羽山先生のダンスリサイタルはあれだけでショー三本分位の価値があるんじゃないか…と思う。出演者が豪華ってのもあるけど、30年分の名場面チョイスなんて贅沢過ぎる。あんな舞台一回するなら、本公演のショーでやっちゃえばいいのに。

ってな感じでした。Tさん、諸々ありがとう(・∀・)!
2005.07.19 Comment:0 | TrackBack:0
蟹座の運気が低迷するここ数日。二週間ほど軽い咳が止まらない。ニセ結核と命名。更に精神状態低迷中な気がしつつも、現状の悪さなんて本当の最悪に比すれば何というコトもないんだろう…と当たり前のコトを考えたりもする。こういう所が既に鬱っぽかったりするんだけど、衝動でSUPER BUTTER DOGの『サヨナラCOLOR』を購入してしまう。泣ける。「サヨナラから はじまることが たくさんあるんだよ」とか永積タカシ氏の優しい声で歌われるとスゴク困る。むぅ…好きになってしまいそう。つーか、スペ中でいい味出してる池田貴史氏はSUPER BUTTER DOGの人なんだね。キャラと全然違う音楽だからスゴク意外に思えました。

以下、最近観た面白い映画。
ジョン・ロバート・ホフマン監督『惑星「犬」。』
本広克行監督『サトラレ』
パク・ヨンフン監督『純愛中毒』
2005.07.17 Comment:0 | TrackBack:0
星組全国ツアーのポスターを職場のPCで見て、笑いを抑えるのに苦労した。…アホっぽい…。

更に、韓国公演が本決まりだそうで、しかも星組が行くのですね。演目は全ツと同じベルばらとかなんですね。モモさんがメンバーから外れるなんて全然思ってなかったけど、案の定、本当に行くのですね…。うむ。…ま、どーせ観に行かないし、どーでもいいか…。

ふーさまご退団とのコト。ふーさまの舞台をきちんと観てないせいか、特に何の感慨もないのだけれど、こんな微妙な敬語を使わせるふーさまはある意味スゴいのかも知れないと思ったりもする。今日、八千草薫が出ている映画を見て、もしかしたら、ふーさまって将来こんな女優になる可能性もあるのかも知れないなぁ…と思った。いや、それは雰囲気が似ているだけか。つーか退団したら何すんのかな。

優里さんの『月光少年』は日によってトークショーが付くみたい。そりゃTS付きの方がいいに決まってるじゃん(・∀・)!と考えてたら、なんと全部平日でやんのΣ(゚Д゚)!!!!。しかも10月って仕事休めないんじゃないのッ!? 困っちゃいますね。
2005.07.15 Comment:0 | TrackBack:0
アルバム曲ながら『Dramatic Irony』が、au携帯電話「W32SA」のCFソングになったらしい。まだ掠り見しかしてないんだけど、格好良く仕上がってるんだろうか。良い曲だからこそ、良いCFだと嬉しいんだけど。あー、でも掠り見た感じだと違うっぽい…。

丁度スペシャで先日のクアトロライブの『Dramatic Irony』の映像が流れてる。うーん…、あれ…、ダメだよ、下手っぽく見える。むぅ…ん、結構完璧だと思ってたんだけど、ナマの空間にいる故の魔法に掛かってたのかも知れん。つーかSalyuはナマで聴くと三割増しで良く聴こえるというコトか。

『熱血!スペシャ中学』は一学期終了らしい。もしかしてこの番組は一年間通してやるのだろうか…。何となく一回目からDVDに保存しちゃってるんだけど…、先長いのかなぁ…。
2005.07.14 Comment:2 | TrackBack:0
WOWOWの『宝塚プルミエール 彩輝直退団スペシャル』に優里ちゃんが出てるなんて知らなかったよΣ(゚Д゚)。一月前の番組なのに、今日気づいた。録りっ放しで置いとくから、今頃こんな間抜けなコトを言い出すのですね。
いやぁ…、それにしても、可愛かったよ、優里ちゃんと話している時のサエちゃん。クマがどーたらって話している時の笑顔、可愛過ぎてヤバイんですが…。あれ、ファンだったら撃沈でしょう。いや、ファンじゃなくても撃沈だろう…。スゲェ可愛いよ。
とか言って、一応ワタシは優里ファンなワケであって、サエちゃんに及ばずとも(←え…?)優里ちゃんもかなり可愛かったよ(・∀・)! 会話相手が同期っていう緊張感の緩さが、サエユリには非常にプラスに働くのですね。あの二人の会話は本当にポワポワしてる…。それに付き合あう月影さんはどーしたもんだろう…って感じ…。いや、本人達が月影さんをアネゴとか言ってるからいいのか。
2005.07.12 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて星組『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ』観劇。
にゃ…、芝居は何となく惜しいなぁ…と思ったり。登場人物の中には凄く魅力的な人達がいて、例えば、元悪党軍団の安蘭らしゃ・真飛さそり・涼らっこ・柚希あんぺ達や、抜群の美貌を誇る檀おしま…とか。この人達にスポット当てて物語を進めれば、この芝居はそれなりに面白いかも知れない…と思うんだけど、まぁ実際、彼らは殆ど素通りされてるから、面白くも何ともない…という結論。あぁ、勿体ない。物語としても男の友情で終わってるから、終わり方が地味に見える…(←あれ、これで終わり!?みたいなラスト)。そんで良かった所はショー的な部分の龍踊りや鐘楼流しの場面辺り。後は先に少し書いた悪党軍団の格好良さかな。特に真飛氏は男役の美学を逸脱する位に、外見を崩した悪党っぷりで惚れましたよ。あ、でも抜群に格好良い安蘭氏も捨てがたいし、意外と坊主姿が似合う涼氏とか得体の知れない柚希氏とかも好きかも。この集団は頭(轟)が一番フツーな感じなのが不思議。それにしても、檀ちゃんはもう本当に美しい。あー、何であんな出番が少しなんだよ(゚Д゚)ゴルァ!! 退団者なのに…。それと百花さんが登場したては怯えてて綺麗なお姉さんだったのに、暫くするといつも通りに姦しくなってたのがちょっと残念。
ショーはダンサー湖月が大成して挫けて更に大成する話…らしいんだけど、粗筋知らないと微妙に話がブチ切れいている気がする…のだけど、でも全体的には面白かったと思う。そうそう、大劇場タップ反対派の私でも何となくタップが楽しめた。琴まりえ嬢の踊りは相変わらず動きが美しくて見惚れる。マダムモモさんが抜群に美しかったのと、例え研12でもロケットは楽勝に見えた。それにしても星組はスター盛り沢山だなぁ…。こんなに素敵な人が一つの組にいるなんて、勿体ないような気がする。ま、だから真飛氏が組替えするんだろうけど。
2005.07.10 Comment:0 | TrackBack:0
HMV横浜VIVRE店にて『Salyu IN STORE LIVE』。
渋谷行けないから、横浜まで行って来ましたよ。もう…、横浜線って何で特快ないのさ、遠いじゃないかヽ(`Д´)ノ…と不満一杯で行ったんですが、「VALON-1」聴いてたら全て帳消しになりましたよ。嗚呼、Salyuって素晴らしい…。

01:peaty
02:dialogue
03:dramatic irony
04:VALON-1
05:彗星

横浜店は整理券不要の早い者勝ちってコトで、少し早めに行ったんだけど、開始30分前にSalyuが音合わせで出てきて、歌詞無しで今日やる曲を歌ってた。貴重なモノを見た気がして、2,3曲得した気分。至近3m位で見られたし、早めに行って良かった。
そんで18時にSalyu登場。「横浜は地元だから、ただいまーって感じだよ」とか言ってた。一曲目はポジティブな「peaty」。安定してるし、無駄な邪念を感じないこの曲が最近好き。二曲目は半封印気味の「dialogue」。私は「dialogue」は二番冒頭で対話しなきゃ歌の意味が半減するような気がしていて、更に生歌で完成度が高くないなら、無理にライブでやらなくてもいいと思ってるんだけど、Salyuがやるって言った時、おおーっやるのか…とちょっと期待感を持った。出来は相変わらず今イチだったけど、その前向き精神が良いなぁ…と思った。四曲目の「VALON-1」は今迄の生演奏の中では一番良かった。CROSS-FMを聴いてなかったら大感動してたかも。先にも書いたけど、この「VALON-1」聴けただけで、風邪&腹腰痛の身体押してワザワザ横浜まで行った甲斐があったと思う。そんで五曲目の「彗星」歌ってSalyu退場。帰りに「landmark」のポスター貰って、ライブ終了でした。

帰りの電車で音源をお浚いしてたんだけど、あー、普通に聴けるなぁ…。今回もスピーカーの真ん前だったしなぁ…。いや、違う、単純に良いライブだったってコトですね…。
2005.07.09 Comment:0 | TrackBack:0
便乗して書いてしまいましょう(→Tさん、スゲっす)。
優里さんの次の舞台は、2005/9/30-10/10で銀座・博品館劇場『音楽幻想活劇「月光少年」』とのコト。検索かけると「シェイクスピア悲喜劇のエッセンスを盛り込んだ(略)歌と踊りとアクションで見せる幻想世界…」とか出てきました。うーん、どうなんだろう…。まぁ踊るからいいのかな。今年は結構立て続けに舞台に立つようですね。夏のヤツが観られるなら、もっと楽しかったんだけどなぁ…。

そんで優里さんの名前でググってみる。

http://www7.plala.or.jp/tqz/6thconcert/6thuchiage.html
宴も酣。うわぁ…飲み会での優里さんの様子が見られるよ…Σ(゚Д゚)。スゲく貴重。左上から三番目は語る優里さん。でも飲んでるのは烏龍茶っぽい。

http://www.issei.ne.jp/lineup/niji_to_yume/cast.html#hoshina
いやぁ…、優里さんはこんなにエクスクラメーション(!)満載に話す人ではないと思うのですよ…。人格が違って見える。

http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~magpie/shusai/shusai01.html#zuka
この公演の為に写真を撮ったのだな…。…うむ…、…顔色が微妙…。

http://www.ikedabunko.or.jp/tenji.html
なんだこれ…。『阪急東宝グループ創設者 小林一三伝―偉大な企業家の生涯―』の中で、4/24『講演会 身近にみた 人間小林一三翁』講師:田辺節郎氏/司会:星奈優里氏だって…。知らんかったよ。

http://www010.upp.so-net.ne.jp/tea-party/
このサイトの女帝史辺りのコンテンツが大変オモシロかった。

そんな感じです。
2005.07.04 Comment:0 | TrackBack:0
6/22放送のCROSS-FM『Salyu Close to You』。
6/19に行われた「LAFORET MUSIC GRAFFITI」と銘打ったトーク&アコースティックライブの様子を放送。名越氏のギターとSalyuの声のみでの演奏。うーん…、初めてCD以外で「VALON-1」に感激した。これをSalyuの生歌初で聴いたら絶対泣いてたような気がする(→気がするだけかも知れないけれど)。「VALON-1」って難しくて生で歌い切れないのかと思ってたんだけど、そんなコトないのね…。私は本当にSalyuを侮り捲ってるなぁ…と思う。でもその浅薄な考えを打ち崩してくれるSalyuの存在や歌声がとても頼もしくあるのだけれど。うーん、やっぱり今回みたく声を大切にしたプロモーションをした方が断然魅力的に思うのだが(→ってインストアライブは全部この形式なのかな…?)。
2005.07.02 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。