博品館劇場にて『月光少年~あした月の上で~』観劇。
期待度によっても印象は違うと思うけど、結構楽しかったですよ。予告編を観てシンドバッドのような内容を予想してたんですが、テイストは似つつも、もう少ししっかり作っている感じのする舞台。テーマは愛…とか…そこら辺。月人と地球人が恋したけど障害が…って話です(詳細割愛)。出演者には実力派もいて安心して見られる箇所もありました。ただ、本当に毛色の違う人達が集っているから、バランスが悪いと言えば悪く見えてしまうのが難点か…。
何より、惚れ薬がファブリーズにしか見えなかった…。というのは置いておいて、優里さんは純草という月の王子に恋する女性役。毎度の事ながらデコ出せや(#゚Д゚) ゴルァ!! と叫びたくなる髪型…(と誰か優里さんに言って下さい)。でも美人の設定だったみたい。あ、当然綺麗でしたけど(とフォローを入れる)。年齢設定が微妙な若さだったけど違和感なかったです。歌は数曲あって、どれも無難な歌いこなし…というか音域がハマってて意外と上手に聴こえました。最後はフィナーレっぽいのが付いてちょっと踊った。そんで、もうさ、途端に輝くのね、この人。本当にキラキラしてたよ。何よりも誰よりも魅力的。やっぱり彼女はショースターなのだなぁ…と思った。
以下はどーでもいい萌え箇所。上手で気絶してる時、睫毛の本数を数えられる程の至近距離。うわぁ…綺麗じゃん…ポカ(゚Д゚)ーン。余りに可愛くて、おでこペンペンしたくなった(意味分からん)。途中OSKの若木さんが優里さんに惚れるエピソードがあって、私としてはそのまま百合ごっご突入で全然構わなかったんだけど、期待に反して一瞬にして終わりました('A`|||)。更に最後で血を飲む飲まないの話になって「吸って吸って!吸って!」とエロ語を連発する星奈優里…。あー、どうなのよ…と居たたまれなくなるワタシ(←そんな思考回路のお前が悪い…と自分でツッコんどきます)。
他の出演者は…、フィナーレでいきなり二枚扇を繰り出す嘉島さん。クルクルと神業大連発だけどやや反則技では…。統一感のない優里(羽)&嘉島(扇)。OSKの二人はレビューが強みの劇団だけに最後のショー部分が一番しっくりしてた。阿部さんは帝劇出演レベルの歌声を遺憾なく発揮して段違いに上手い! 下馬さんは存在感ある。小野さんは格好良い。岩田君は踊ると背景に紛れてしまう…。それから演出的には…一目惚れの音が安っぽい。敬語が曖昧で台詞の聞き心地が悪い上に誰がどういう立場なのか非常に不明確…とか。まぁ、突っ込み所は多々あるけど、うん、それなりに楽しんだから、深くは言わないコトにした。
あ、トークショーは…、特筆することないな…。観客から質問募って出演者が答えてた(→で、またサイン入りポスタープレゼント)。「若々しくいる秘訣は何ですか?」という質問に阿部裕さんが「くよくよしないことです」と答えたてのが一番記憶に残ってる。その通りだと思う。優里さんは何話してたかな…、紅い月を見た話とか…もう忘れた…。
2005.09.30 Comment:2 | TrackBack:0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
新曲「風に乗る船」聴きました! あー、何だろう…。冒頭からのサビに入るまでのトコ(って何て言うんだ?)が大好きなんだけど…。いや、これはきっとサビのトコも大好きになる。力強くて前向きで疾走感があって…そんな感じの曲。良い曲だよ。さすがSalyu、さすが小林さん。
今回の曲はSalyuの友人とその友人の亡くなった妹へ向けた曲…であるらしい。だからこそ、こんだけ一本筋通ってる感じの強さがある曲なのかも知れない。うむ。
ただこれってナマで歌うの難しそう。ライブがやや不安なんだけど…。でもいいや、良い曲だから。
2005.09.26 Comment:0 | TrackBack:0
紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『白夜行 第1部』観劇。
最悪だ。あんなに関戸君贔屓と言っときながら、関戸君と松本君の見分けがついてなかったみたい…Σ(゚Д゚)ガーン 。ま、それは置いておいて、今日は宵チーム。好みの問題もあるんだろうけど、主役二人のバランスや役作りはこちらの方が断然いいと思った(二度目だと取捨選択する為か舞台全体の印象も良くなったのかも)。二部でこの組み合わせが観られないのは本当に残念。
亮司と雪穂は自分達の目的(守ろうとする物)の為には迷わず躊躇わず悪事をこなす気がして、その目的の前には悪事なんて些細な事でさえある…。倉田さんは一部の最後に亮司の弱さを見せてしまったけれど、これが舞台じゃなければ、あんなに大々的に晒す必要はなかったと思う。で、その強い意志を持ちつつ向かう所へ進んでいる感じが、笠原亮司と舟見雪穂からは見えたんですよ。それは白夜行という作品をやるのには本当に大切な部分だと思うのです。
そんで私、舟見君に惚れてるのかも知れない…と悟ったワケですが。いや、本当に綺麗だよ、舟見雪穂。彼は自分はビジュアルが弱いって言うけれど、そんな事は全然ないと思う。私はあの盗撮写真欲しいけどね。それに外面だけじゃなく、彼の作る雪穂は美しい笑顔の裏に静かな冷淡さが仄見える…そんな雪穂だった。--余談だけど「真珠の耳飾りの少女」という映画の主役の子が非常に舟見君のイメージなのですよ。彼が演ったら本当にハマると思う。倉田さんに薦めてみたい--。笠原亮司は中学生時代も無難だったし、暗い部分に行き過ぎない強さが出ていたと思う(逆に山本亮司は暗い部分が出過ぎだと気づいた)。笠原さんは本当にライフ向きの役者だなぁ…としみじみ思う。逆に重松さんは手堅いとは思うんだけど、今一つライフに馴染まない芸風ではないか…と。関戸君は全体的に弱いなぁ…と思うんだけど、変化した後は良かった気がする(とファンの贔屓目っぽい事を言う)。楢原さん、深山さん、甲斐さんは脇にいるだけで舞台が安定する。奥田、小野の中学生コンビは若いな…、あ、小野君は密かに好演してると思う。
あー、何か書ききれない…。思い出したら書き足そう…と思う。というか、二部は唐突に始まるのかな…。12月までに内容薄れそうで怖いんだけど、倉田さんはウマク処理出来るのかな…。それより久々の大ちゃんの女性役も気になってきた…。
2005.09.25 Comment:0 | TrackBack:0
紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『白夜行 第1部』観劇。
はぁ…、原作そのまんま…と当たり前な感想を持ったワケですが、相変わらず倉田さんは原作弄るってコトを全くしないのですね。抜粋ながら物語が全て原作通りに淡々と進む舞台で、とは言え、その原作のイメージ通りに進めるコトが実は難しいのかも知れないから、これはこれでスゴイのかも…とは思った。多くの伏線に分かり易くスポットを当ててはいるのだけど、ボケーっと観たら絶対に気づかないなぁ…。あと一部と二部の区切り方は無理があると思いつつ、まぁ、六時間連続上演するワケにもいかないから仕方のないのかな。ミステリーを舞台で上演する厳しさは大分補えてはいたけれど、やはり多少辛いなぁ…と思う。
以下役者の話、今日は杳チーム。亮司役の山本さんは中学生時代の歩き方がおかしい以外は亮司の薄暗さを彼の持ち味で演じ切っていた気がする。雪穂役は加減が本当に難しいと思うのだけど(美人だけど凄まじい裏を持つ)、及川さんはどうなのかなぁ…。まだ一部の時点じゃ匂わせる程度だから、あの位の可愛さと胡散臭さが程良いのかも知れない。篠塚役の曽世さんはフツーに格好良い。松浦役の高根さんはイケ面ダメ男っぷり満載。 奈美江役の林さんは当然上手いのだけど、上手過ぎて重い…。吉田君は華やかで過不足ないけど各所で出過ぎ(→目に付く人だから絶対同一人物に見られちゃう)。松本君は可愛いね…。三上君は自信なさ気な女子の雰囲気出てて好印象。荒木君は美形だから女性役やると美人…母親役は意外にいいと思う。うーん…今のフレッシュはいい人材が揃ってる…。
2005.09.24 Comment:0 | TrackBack:0
東京ドームシティ ap SQUAREにて『月光少年予告編~きょう月の下で~』。
月光少年の出演者が登場して、数人で簡単に歌ったり踊ったり、全員で自己紹介したり、ワケ分からん抽選会したり。…ま、そんな感じのイベント…。イベントの幕開きが強烈でやや震えつつ、タブンこの舞台はシンドバット風味なんだろうなぁ…と悟る。悟りたくもないんだけど。
優里さんは…、あー、ま、フツーに可愛かったです。一人だけ服がベージュ系で我が道を行きつつ、受け答えもまぁまぁ自然で。出演者陣が和気藹々としてて、隣の若木志帆さんや嘉島典俊さんとよく喋っていたような(星奈×若木にやや萌え)。あとデュエットで軽く一曲歌ってたか…。歌に関しては相変わらずどーとも言えない出来なのだけれど、でも下手ではなかったとは思う。他は岩田翼君がぎこちない踊りながら大層格好良かった。出演者は二世多し。というか、この面子でどんな芝居やんのかなぁ・・・( ゚д゚)ポカーン・・・←こんな感じで観とりました…。
握手会は案の定10人未満という…(以下略)。抽選会で優里ちゃんの時に商品券が当たって、愛だ!と思ったけど単なる偶然か…。でも、ありがとう、優里ちゃん。早速、夕飯買いました(早ッ)。で、帰ろうとしたら、目の前をOSKの若木さんが横切った…と思ったら、先で高世さんもファンと触れ合ってる。優里ちゃんはドコ消えたんだ(゚Д゚≡゚д゚)と見渡したけど、いるハズもなく、でもいたら平気で声掛けそうだから逆にいなくて良かったのかも。

つーか、e+の得チケに出てたよΣ(゚Д゚)! \8,000→\5,000のプライスダウン! 気になってる人、観に行ってあげましょうよ…(と宣伝活動をしてみる)。
2005.09.21 Comment:0 | TrackBack:0
スミマセン、ホノルルマラソンとか意味分からんのですが。一体Salyuはドコへ向かうのだろう…と少し心配になる。
走る人の心境ってのは(苦しいだけだと思うので)皆目理解できないのだけど、私が泳ぐのが気持ちいいと思うのと一緒の感覚なのかなぁ…。んー、まぁいいんだけどさ。

「風に乗る船」の新ジャケも出てきた。
相変わらずキッチリ作ってる。こういう所に手を抜かない売り方はとても好感を持ってるワケですが…。あー、これ、色のバランスとか大好きです。

「熱血 ! スペシャ中学学園祭2005~初冬ギロッポン~」も行く。外れそうもないな…と思ったけど、本当に当たってしまった…。時間長いし、人多そうだし、今から疲れそうだと思う。

そう言えば、友人がCSフジの『ap bank fes'05』を録ってくれたらしい。ありがたや。でもいつ会えるのかな…。

北海道と福岡のラジオ、今月一杯で終わってしまうんですね。まだ聞いてないんだけど、先週Salyuは号泣したとか。内容はともかくとしても、Salyuの声を聞きながら、PC弄ってる時間は贅沢だなぁ…と思わなくもなかったので残念。…とか思ってたら、10/9(日)からFM802で「MUSIC FREAKS」を隔週で担当するらしい。…って、FM802って関西圏じゃん。またフツーには聴けないのか。
2005.09.19 Comment:0 | TrackBack:0
『月光少年』のチケが届いた。すんごく前方席でした。TCAさん…いや、優里ちゃん、ありがとう。それにしても、彼女は自分の通帳に記載されるワタシの名前見て、誰だろう、この人…ってな感じなのかなぁ…。つーか通帳記帳する星奈優里って…(そりゃするが)。
で、東京ドームでやる謎のイベント。15時半からチケット購入された方は握手会に参加OK。…ってさ、誰がその場で買うんだよッΣ(゚Д゚)! これをワザワザ観に行くような人は既にチケット持ってるよッΣ(゚Д゚)! せめてチケ持ってる人は参加OKとかにしないと、握手会参加者が激少ない…とかならないのかな…(という心配を主催者はしないと見た)。

「探偵ナイトスクープ」に彼氏募集で出たゴスロリの人の喋り方がモモさんに似ていた件について。

キタナイ部屋をどーにかしようと整理してたら、昔のお茶会記念品がゴロゴロ出てきた。しかも使えねー(゚Д゚)ッ!って品だらけで如何ともしがたい。最終手段で母に託したら某園のバザーに出すとか言って引き取ってくれた。売れるのかな。うーん…、今のところ使用頻度が高いグッズは園子会のエコバッグとゆら会の茶碗か…。「素敵なお茶会記念品を考案する会」とか作ればいいのに。今更いいんだけど、折角お金掛けてるのに勿体ないなー、とちょっと思う。

以下最近観た面白いドラマと映画。
アンソニー・ミンゲラ監督『コールドマウンテン』
篠原哲雄監督『天国の本屋~恋火』
金子文紀監督『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』
堀川とんこう監督『祖国』
川村泰祐演出『星に願いを-七畳間で生まれた410万の星-』
2005.09.14 Comment:0 | TrackBack:0

フジテレビで『ap bank fes'05』のダイジェスト版放送。
「VALON-1」流れました。切られる可能性もあったから流れて良かった。ただ…、途中でブチッと切られたよ…。まぁ他の人も同様だから仕方ないとは思うけど。それにしても櫻井和寿&一青窈のコーラスって…、まぁ、なんて贅沢な…。しかも当たり外れのある「VALON-1」だけど、今回は結構良い出来でなかった? あぁ…、フルコーラス聴きたかったなり…(ノД`)シクシク。
他は「昨日のNO,明日のYES」でコーラスしてたみたいだけど、あんなちょっとじゃ良く分からない。そんで「to U」は色んな人いて豪勢だなぁ…と思いつつも、やっぱりSalyuが一番(・∀・) イイ !!とかファンモードなコトを考えてみた。

新曲の『風に乗る船』は「バンドのパワー感ある、ポップでロックで、ちょっとだけパンク」な曲ってのが本人談。む…、それを聞いただけだと、私が苦手な感じの曲なのだけど…。c/wの『再生』はリリイ時代の曲だって。どうなんだろう? ま、どっちにしても聴いてみないコトには何にも分からんか…。早く聴きたい。
2005.09.04 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて雪組『霧のミラノ/ワンダーランド』観劇。
どっちとも楽しかったです。機会があったら、もう一回位観てもいいかも知れない(と言ってタブン観ないんだけど)。
芝居は最後の最後でどーしたんだッ !? って以外は仲々面白かった。ショー的な部分も浮いてなかったし。というか、ラストが本当に良く分からんのだけど、貴城さんがああする伏線ってどっかにあったのかな(→後で確認したらあった。彼なりのケジメなのね)。展開としては頷けるけど、唐突過ぎて非常に吃驚したです(意味分からなくて閉まる幕を止めたかった)。そんで私の中で貴城さんの評判が鰻登りなんですが…(と最近何度も言ってるような気がするが)。芝居中すんごく格好良くて一瞬マジ惚れした。早くトップになればいいのに。コムさんの芝居はやっと懐が深くなってきた感じで安心して見られた。本専科陣の出す味わいはやっぱり必要だよね…。キムはフツーに客席を笑わせていて大物風味。あッΣ(゚Д゚)、違う。そんなコトより、私は天勢いづるさんは退団したと勝手に思い込んでたのですよ…(失礼千万)。そんで重用されてる割に妙にぎこちない新人娘役がいて、誰かと思って名前確認したら、いづるんじゃんΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ 。その時の衝撃と言ったら…ね。彼女に良い素質があるというのも分からなくもないんだけど、いやぁ…、本当に動きがこなれてなかったな…。このまま娘役二番手に収まって行くの…?
ショーは幕開きが石田色満載でやや心配したんだけど、場面が進む毎に楽しくなっていく感じ。あとスーツ系衣装のデザインがかなり好み(雪組生の着こなしがウマイ?)。特に水さんのパレードの時の素敵さと言ったら(それは水さんの魅力?)。で、それを抜きにしても最後の盛り上がりがとても楽しかった。更に水さんが来たせいか、頭三人がスタイル良くて、パレードの並びが美しい…。ハーレムの場面で女役をしていた大湖せしる(って初めて聞いた名前だけど)が強烈に可愛い…。最近あんなタイプの娘役いないから転向したらウケそう…。あと誰が組替えしようが、トップが変わろうが、未来・美穂・愛の三人を見ていると、ココは雪組なんだなぁ…と思った。エトワールが舞風嬢で、彼女は踊りと歌と強みが二つもあって素晴らしい!とは思うんだけど、やっぱりココは他の娘役を使うべきじゃないか…と。
2005.09.03 Comment:0 | TrackBack:0