東宝劇場にて花組『落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!』観劇。
最近、好みの人材がいないせいか花組を面白く感じられなくて、そんなに期待しないでの観劇だったんですが、芝居・ショー共に仲々楽しめました。今日はVISA貸切だったんでVISAアドリブ多発。うーん…、偶にならこういうのもいいかも。あとパンフに扮装や年表なんかのお遊びが多少入ってて、こういう企画は購買意欲に繋がるからドンドンやればいいと思った。
以下芝居の感想。終盤が余りにご都合主義的な解決方法な気がして、何となく座りが悪い感覚があるんだけど、全体的にはうまく纏まっていたと思う。二つの時代の二つの愛をきちんと収めていたし、主要な役の色づけもしっかりしてたと思うので。でも吹く風の演出は意味あったのかなぁ…(非効果的)。真飛ロドリーゴはいい人なのに気の毒…(役柄が)。まとぶんは組替後初の本公演の為かやや堅さは見えるのだけど、今後解れていけば貴重な戦力だよね…と思わせる。春野ヴィットリオはこれ迄のおかしな役作りが抜けてサラッとした好青年で好印象。おさの持ち味の一つはこの爽やかっぷりだと思うから、何となく本筋に戻ったようで嬉しい。ふづきアンリエッタは退団者の輝きなのかキラキラしまくってた。ふーサマを初めて魅力的だと思った瞬間。遠野ジュディッタは役柄故かも知れないけど品性が感じられて大層良かった。今迄観たあすかの役の中で一番良かったと思う。桜乃マチルダはラントム死亡後、ネックレスを渡す見せ場が良かった気がする。野々ヴィットリオは随所で可愛いんだけど絶叫する所が煩め。萬さんは胡散臭い爺が似合うなぁ…。
次はショー。幕開きに娘役が出てないってどういうコトかね。華やかさが無いじゃん。エイサーの場面でいないモモさんをつい探してしまう。でもなんであの場面が再演なんだろう…(多少は盛り上がるけど)。上善如水といえば日本酒だろう…と思いつつ、最近「LOVERS」のサントラを聴き捲ってただけに吃驚した。でもおさの声質とあの曲は相性が良くて幻想的な場面になっていたし、歌い方のせいか日本語にも異国語にも聞こえて逆に心地好かった。ただ白布や衣装の使い方がワダエミ的色彩を模倣してるのかと思えて不思議だった。真飛、蘭寿、愛音の女装三人組は予想外にラントムが一番綺麗。ラントムと言えば彼女の濃いキャラは苦手だけど、彼女の健康的な歌声は好きだなぁ…と服部良一メドレーを聴いて思う。つーか何で今時期に服部良一をクローズアップしているのかな。内容とは関係ないけどカンカン娘の娘役オンリー場面で手拍子が起きるのは花組ファンの良さかも知れないと思った。大階段で三味線燕尾踊りってのは面白いけど、合ってるのかどうかは今イチ微妙な所。でも絵的には大変格好良かった。ふーサマは最後の最後なのにデュエダンをしないの?それはどうかと思うよ。華城季帆嬢のエトワールは大変綺麗。つーか次のあすかもそうだけど、娘役の歌の持ち時間が長いよね。何で娘役天国みたいなコトになってるのかな(→ただの着替えの関係?)。
2006.01.28 Comment:0 | TrackBack:0
優里さんの次の舞台が発表された。去年全国回った「虹と夢と愛と~ファンタジータカラヅカ」が好評だったらしく(ホントか!?)、同系統のレビューファンタジー「ビューティフル・タカラヅカ!」だって。まぁ去年は関東圏来なくて観られなかったから、観られるだけでもいいのかな…。よく分かんないけど。因みに監修:植田紳爾、構成・演出:三木章雄らしい。うーん…、まぁ、観に行くよ。優里さんが軽やかに踊ってくれたらいいなぁ…と思いながら。

そんな感じであんまり乗り気じゃないなぁ…と思ってたら、またまた出演情報が出た。ジャニーズの滝沢秀明氏が座長の舞台「滝沢演舞城」に出演だって。ありゃ、再びジャニーズ絡みの舞台だって。ちょっと吃驚した。しかも飛ぶ鳥を落とす勢いのタッキーの舞台に出演なんて更に吃驚。客席には団扇持った女子がいるのかなぁ…。キャーキャー言うのかなぁ…。勝手に予想するに、エンタメ要素盛り沢山っぽいから楽しみだな。いや、何より生タッキーを見られるコトが楽しみなような気がする。

何本かスカステ番組を録って頂いたのをゆっくりと見てみた(ありがたや→今度茶でもご馳走させて下さい)。あー、初めてモモさんのレポーター姿見たよ。意外ときちんとしてるんだね。もっとテンパってる姿を想像していました(失礼な)。まぁでもサスガに上級生だしね。それに何より、モモさんはTV画面にも耐え得る美しさだなぁ…と思った。うん、美人さんだ。

そう言えば、また組替えが発表されたらしいですね。
劇団があすかを専科で温存しようとするほど大切にしてるとは思わなんだ。あ、いや、きっと誰かの嫁になるという前提ではあるのだけれど。後の人は…よく分かんないや。あ、ラントムが宙組に行くってのが気になると言えば気になるような…ならないような…。
2006.01.22 Comment:0 | TrackBack:0
アッヒャッヽ(゚∀゚)ノヒャヒャ!
Salyuのアコライブ追加公演が決定したらしい。何だよ、もっと早く発表しろよ(#゚Д゚) ゴルァ!!…と思ったか思わないかは置いておいて(思った)、とりあえず関東圏は六本木と横浜の二カ所。両方とも程々な大きさだと思うので、どちらかは行けるだろうと踏んでます(→こんなこと書きつつまた抽選で外れるんだろうな…)。でも金曜日に横浜はツライのかなぁ…。横浜はSalyuの地元だし、順番を逆にして大楽にすれば良かったのに。ま、別にいいんだけど。
…とか言って、吉祥寺ライブも当然のように行きます。いや、中央線沿線でSalyuのライブが聴けるなら、それはそれで感慨深いかなぁ…と思ったりして。ま、何にせよ、楽しみです。

最近のスペ中見てるとSalyuのぷくぷくさ加減がやや心配になってくる…。なんかどんどん健康体になっていっているようで…。うむ…、まぁ、歌声に変わりがなければいいんだけど。

偽日記故か、日付が前後する話だけど、Salyuがスペ中で講義をした。おいおいSalyuが一体何話すのよ、野菜の話かな(・Д・)? と思ってたんだけど、歌のルーツについてとか…そんなのをつらつらと話してた。講義自体の内容はまぁ当たり障り無くという感じなんだけど、その中でSalyuが他人が作った楽曲を自分の声で表現する…つまり自分は歌い手であることを少し語っていた。私は自分の表現手段を歌うコト一つに定めているSalyuの姿を、潔くて格好いいなぁ…と思っていたりするんですよ。ま、それだけ。
2006.01.20 Comment:0 | TrackBack:0
第134回の直木賞は東野圭吾氏が受賞とのこと。
六回目の候補での受賞ってコトで喜びも一入かと。受賞の記者会見は嬉しさの表れかやや浮いた感じだったけど、実際のコメントは多少の毒を含めててウマイな…と思う。うーん、本人もそうだけど、一読者のワタシも、直木賞候補になる度に今回も例の審査員のせいでダメなのかな…なんて本当か嘘か分からない噂を思い浮かべていただけに、兎にも角にもメデタイことだと思うのですよ。

そう言えば、ドラマの「白夜行」は原作ファンが嫌がるツボを絶妙に擽っているのね。何だろう、もう原作と言うよりは原案にしたらいいのに。中途半端に且つ無意味にエピソードを引っ掛けているだけに、時々イラっとするのですよ。何より一番不愉快なのは亮司のヘタレっぷりなワケですが(→全てのコトに一々躊躇わないで欲しい)。…とは言え、原作と別物の一つのドラマとして見れば、まぁ、それなりに面白くはあるんだろうな…とは思ってますが(歯切れが悪い)。
2006.01.17 Comment:0 | TrackBack:0
(((( ;゚д゚)))アワワワワ
川原泉の名作漫画、『笑う大天使』が実写映画化だと…。
http://www.albatros-film.com/movie/michael.html
昨年12月のネタなのに全然知らんかったよ…(西澤BBSで知ったトコが何とも)。
上野樹里が史緒さんだって。柚子、和音の二人は知らない人。
ハウステンボスで撮影とかそんな情報はどーでもいいんだけど、どう考えても面白くならなそうで怖い。…とか言ってると意外と良かったりするのかな。そうだといいんだけど。つーかその前に観に行くのか行かないのか…。

『ヘルボーイ』フィギュア付DVD-BOXを買ってしまったよΣ(゚д゚lll)
…どーいうコトだろう…。我が事ながらこの衝動買いは意味が全く分からない。フィギュアなんて圧倒的に要らないもんね。注文したのが深夜2時だし、心がどっか行ってたんだろうなぁ…。あー、でもいいんだ。出演者の映像付全編解説を楽しんで観よう。一応殆どのキャラ好きだし、リズの陰気さなんて堪らんしね…。そうそう、もしかしたら続編の公開時に何とかなってるかも知れないし。いや、でも続編楽しみです。早く撮影しちゃって欲しい。

『私の頭の中の消しゴム』を観て、物語自体は何ともなぁ…という感じだったんだけど、主演のチョン・ウソンが相当格好良かったという記憶だけは残る。目線が素晴らしくて妙に気になってて、ふと気づいたんだけど、彼って『武士-MUSA-』に出てた奴隷剣士なのね(早く気づけよ)。ビックリ。あー、どーりで格好いいハズだよ。やっと私の中にも韓流ブームが…(遅過ぎ)。

『月とキャベツ』を観て、何だかんだと私は篠原哲雄監督の撮った映画が好きなのだろうな…と思う。淡々とした物語は一見敬遠してしまいたくなるのだけど、何に引きつけられるのかな…。いや、ホント不思議。レンタル店でテキトーに探して観てみようかな。
2006.01.16 Comment:0 | TrackBack:0
ウエストエンドスタジオにてスタジオライフ『WHITE』観劇。
前回はいい劇場だと褒めてた割に、雨の日のWESは遠くてかなり嫌だなぁ…と思う。前回は新井薬師でお参りしたりフラフラしたけど、今日は帰りに「山頭火」でラーメン食べてしまった…(寒過ぎて)。

本日はヤキソバぱんチーム。両チームを観て思うのは、好みとしてもう一方のチームが好きかもということ。ま、どちらが上か下かって話ではないんだけど、三人組のバランスとか三角君なんかが。
そんで本日も三上マドンナの魅力に打ちのめされつつ…、カーテンコールの三上君、あー、なんて可愛い笑顔なんだろう…。隣の人と手を繋いじゃったりして…可愛いや。同行者にも彼いいでしょう?と言い捲っておりました(迷惑な)。正ちゃん役の関戸君は濃いキャラをやや淡泊な印象の関戸君が演じていて、そのギャップが面白かった。思った以上に良かったと思う。眉に絆創膏してたのはどっかぶつけたのかなぁ。吉田ティンクは外見が滅茶苦茶可愛いんだけど…、台詞でオジサン云々ってあっても何のことやら…って感じ。演技も相変わらずの安定感です。岩波の冨士君は台詞の通りがいい。ウィンディの川崎君も同様に聞こえのいい声をしてた。坊の大成君はぼんぼんっぽいキャラ。いかにもライフの新人君って気もする。佐野さんは声が潰れていたのが残念。念願の林バオバブは先輩の余裕が見えまくり。一段上で新人達を懐深く支えてあげている。踊りの場面も一人だけ基礎を一通りやっているような綺麗さ。でもキャラ作りが所々面白くて、笑ってしまいました。林バオバブはドコへ行きたかったのだろう…。
本日のゲスト出演は不良少女=芳樹さん、プレイボーイ=寺岡君。芳樹さんの不良少女は薬物使用か何かでクラクラ状態っぽい感じで相当やり過ぎか…(でも他の人もそんな感じなのかな)。寺岡君はちょっと気の毒な気にさせてしまうプレイボーイ(彼のキャラが良く出てる)。

あー、それと物販でシールセットを購入してしまいました…(何に使うんだか)。うーん、芝居が面白いと、何かを買ってしまいたくなる。ドラキュラの時も曽世ドラキュラに負けて写真セット買ったし。ライフは物販売上げを伸ばしたければ芝居に力を入れるべきなのだろうね…。とか言って、一年後には売り捌いてしまいそうな予感もするのですが。
2006.01.14 Comment:0 | TrackBack:0
ウエストエンドスタジオにてスタジオライフ『WHITE』観劇。
久々のWES劇場。ココは大層狭いけれど、狭い故に舞台が非常に近く感じるのがいい。大きな劇場では届き切らない熱さが直に伝わるような気がするので(新人は特に)。そんで新人公演の定番として使っている『WHITE』。この作品は観る度に良さが増す舞台だと思う。簡単に言えば気弱な男の子の成長物語なんだけど、新人達は自分の境遇とオーバーラップするから、更に力を入れ易いのかな。だから演っている役者達が一番思い入れがあるとは思うんだけど、観客もその気持ちを受け止め易いのですね。それから主題歌として使っているザバダックの「美・チャンス」も、舞台の良さを三割増しにしてる気がする。

今日はコロッケぱんチーム。
先ずはもうマドンナ役の三上俊君しかいないです。いやぁ、意外にもマジ惚れしましたよ(・∀・)!。彼は観劇の度に飛躍的に成長している気がする。というか、何だかんだと言って、起源となる先年の新人公演の頃(小煩いジャッキー役)から良かったんだろうなぁ…と、今から考えるとそう思う。倉田サンの発掘力は素晴らしい。特に技術的な面よりも(←技術的な面が未熟という話ではないけれど)彼が醸す雰囲気に得難い物がある。決して目立つ外見ではないんだけど、舞台役者として絵になる。もうね、メロスの場面で三上君の後ろに「トーマの心臓」の情景が浮かんだもの。彼はアンテかエーリクを演ったらいいよ。きっと素晴らしい出来になると思うから。本当に想像力を掻き立てる役者。…と、サスガにベタ褒めし過かも。でもそれ位に良かったと思ったんです。
次に良かったのが三角役の松本君。小さい心(身体か?)が殻を破って大きくなっていく様がストレートに伝わって、本当の意味での主役である三角君を中心に据えるコトが出来ていた。政宗君は坊という役がハマっていたので、今度は毛色の違う役を見てみたい。正治の大沼君は先頭に立って周囲を引っ張ってる印象。ウィンディの牧島君は舞台経験が豊富なだけに安定感がある。宗村ティンクはあの衣装が似合うなぁ…。

今日のゲスト出演は不良少女=舟見君、プレイボーイ=奥田君。最近お気に入りの舟見君が観られたのはラッキー。でも今回の芝居で一番笑えたのは奥田君だった…、楽しかったです。
以下余談。少年化したマドンナが三角に語りかける銀河鉄道の場面。三上君と舟見君の声が重なって聞こえた。頭の奥底に舟見マドンナの記憶が残っていたコトに驚きつつ、舟見君のマドンナも清穆と可愛かったなと思い出す。観劇後五年を経ても記憶に残る演技ってのは素晴らしいのではないかと思う。WHITEだと、他には前田さん、鶴田さん、そして大好きだった岩崎三角が思い浮かびました。
2006.01.11 Comment:0 | TrackBack:0
新年明けました。今年も寝正月。毎年正月太りと言ってるけど、要するに休みになると全く動かなくなるからいけないのね。本気で水泳復活しようかと思ったよ(←やれ)。

以下正月テレビの話。
大晦日の年越しはテレビ東京に限る。クラシックの曲が終わると同時に新年が訪れるというドキドキ企画(だってズレたら最悪じゃん)。今年はベートーベンの第九でまたまた手に汗握る。うーん、新年早々エキサイト…。あれは成功したら(しなきゃ困るんだけど)、本当に嬉しい気がしてしまう。うまい番組だ。周囲にこの番組の素晴らしさを散々話してるんだけど、未だにみんな見てくれない。あ、でも身内が一人スゴかったね…と言ってくれた。
紅白はビデオで見たい人だけピックアップ。ゴリエ、一青窈、さだまさし、小林幸子(の衣装)、天童よしみ(の歌)、森山良子…が良かったと思うんだけど、他は見てないから良く分からない。岡村さんは‘セイントセイヤ’だけ面白かった。ジャニショーは客の真上を動く可動舞台がスゴイなぁ…と。八犬伝はワダエミの衣装が綺麗で、先月やってたワダエミの衣装展行けば良かったと思った。でも綺麗に揃い過ぎて、時代的にも違和感もあるのかも。古畑は松嶋菜々子の回が意外と良かった。

PSPを借りて、「みんなのGOLF」をひたすらやり続ける。首も肩も凝るし、脳も緩くなるし、目痛くて涙出るし、ゲーマーになるのは身体に悪そうだなぁ…と実感する。あー、それより折角買った「ワンダと巨像」がいまだに未開封なのが問題なのですよ。特典映像「NICO」を見たいが為に買ってしまったのだけど、難しかったら嫌だなぁ…(とか言う前にやるべし)。

綾瀬はるかが小林武史のプロデュースで歌手デビューするとか何とか…。あぁ…、小林さんもお仕事大変だなぁ…。やっぱりやるべき時にやるべきコトで稼いでおかないといけないのかなぁ…。でもSalyuの新曲もよろしくって感じで。綾瀬はるかと言えば、ドラマ『白夜行』はゼヒ見なければ…と思ってたりする。

糸井重里の本を読んでいて、サイトを持つからには毎日更新しなきゃ来る人も楽しくないよ、みたいなコトが書いてあって、そりゃ尤もだよと思う。最近停滞気味のココをもっと頻繁に更新出来ればいいなぁ…と年初にぼんやり思う。ま、思っただけなんだけど。

ま、そんな感じで、今年もゆったりと宜しくです。


【Aさんに名指しで私信をしてみる】
以下のモノお願いします。DX系は未読、ララ系は読んだコトはあるハズなんですけど覚えてません…。当時はなんて地味な人だ…と思ってた位で…。一瞬でお返しするんで、何卒よろしくお願いします。諸々詳細は後日にでも。お手数お掛けします。

・夏にはため息をつく
・花追い人
・体温のかけら
・暁の魔術師
2006.01.09 Comment:0 | TrackBack:0