上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
アートスフィアにてスタジオライフ『ヴァンパイア・レジェンド』観劇。
古参ファンな私ですが、ヴァンレジェは初見です。ライフ作品の中では比較的平坦で淡々とした科白劇。だけど存外面白く感じた。ヴァンパイア物にありがちな…というか基本のような物語(つまり「ポーの一族」)。誰もが想像する方向に話が進み、最後は結局だからどーしたのよ?と言ってしまいがちなんだけど、ま、基本は基本で、基本になる位だから普遍的で面白かったりするんだろうな…と思う。ただ冒頭とラストの現代日本の設定はいるのかいらないのか…(要らないと思った派)。

今日はViceチーム。
芳樹ジョージは語り口が柔らかくて科白が受け取り易い。特に冒頭は朗読劇かと思える程に語りで情景を想像させるコトが多かったけれど、それも問題なくクリアしていた。登場人物というより、狂言回し的な意味でいい役割が出来ていたと思う。及川ゼーリヒも久々の当たり役。彼は真っ当な女性を演るよりも、少年もしくは青年役の方が得意な(というか合っている)のではないかな。現時点でも小悪魔的な妖しさは健在だと思うよ。林エリザベスは素晴らしいなぁ…。役柄の捉え方が的確でそれを舞台上で完璧に昇華させててね。役者としてなのか役柄としてなのか分からないけど包容力豊か。うむ…サスガです。舟見ゼーリヒママは妖しさ満点で大好き。正体を隠す存在であるだけに表を向いては存在していないのだけど、でも存在感はある(←意味分からんね)という感じ。その仲間の船戸、篠田コンビはあの髭的な黒っぽさが良い。使用人の石飛、青木コンビは雰囲気として朗らかで登場するだけで空間を和ませてる。奥田将軍はヴェルトに対する愛情と一本気さ…は良かったと思う(将軍というよりは少佐辺りだと思うけど)。佐野ヴァンパイアはアクション担当で縦横無尽に舞台を動いて凄い。それからヴェノン組とドラキュラ組の主要メンバーがチョイ役で出ていて、部分的に脇役が豪華だったりする。姜君の女装は元が美形だけに綺麗でした。

本日はトークショー付。司会は曽世&笠原コンビ。林さんが両キャストから受ける感覚が本当に違うから別の芝居をしているようだ…というような話をしていた。未見ながら想像するに、本当に全く違う印象を受けそうで次の観劇が楽しみになる。舟見君はゼーリヒママはB型だからベーリヒで、仲間二人にも名前があるんだよと話して、船戸&篠田両名を無理矢理呼び出してた。他の人の話は…うーん、忘れた。でも芳樹さんも青木君も結構喋っていて、意外だな…と思った記憶はある。
スポンサーサイト
2006.02.28 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて星組『ベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編』観劇。
え…と、全国ツアーのベルばらで宝塚版ベルばらに対する期待は一切消えてました(←期待してた方が悪いんだけど)。いや、本当にスッパリとね。でもそれ故なのか、却って今回の星組公演は歴代一楽しめたような気がする。バスティーユを飛ばしたように見せ掛けるフェイントにもまんまと騙されたし。それと幕開き場面は客席が本当に盛り上がるのね。華やかで甘ったるいんだけど、あの豪勢さは宝塚として必要不可欠な物なんだね…(でもトナミの鬘船はおかしい)。あと部分的に場面が増えてるっぽいんだけど、王妃を嬲る場面は不要だと思う。王妃の哀れさを出す為だろうけど、革命派にも王妃にも救いのない科白の応酬だし、何より女性を殴るなよ(#゚Д゚) ゴルァ!!…と少し気分が悪くなった。序でに今日が総見だなんて知らなんだよ…(;゚д゚) 。フィナーレでわたるさんが二階席に向かって投げキスやらウィンクやらしてたな…。ま、いいんだけど。
全ツと似た感想になりそうと前置きしつつ、以下役者の感想。先ず白羽アントワネットの素晴らしさを語ろう。私の大好きな声は健在ではあるのだけれど、声自体はヘナヘナしてなくて(←驚いた)魅力倍増。ベルばら特有の大仰な科白回しも完璧で、子等への慈愛もあり、凛として、最後の決然した姿は惚れ惚れです。大きさを活かして衣装を着こなしていたしデカイ鬘にも負けてない。うむ…これがトップ娘役の輝きなのかね…と思う位に素敵だったよ。…とベタ褒めしつつもこれがパーフェクトであるとも思ってないんだけど。何が足りないのだろうね…(>結論ナシ)。そんで意外だったのが瞳子オスカルの女性らしい役作り。微妙に声も高い。何だか押したら倒れそう(押し倒したいワケじゃない)。弱そうなのか強そうなのか分からない所が魅力なのかも。そして立樹アンドレが.。゚+.(・∀・)゚+.゚カコイイ!!。香寿氏を彷彿とさせる濃ゆい素敵な男役に育ってきて嬉しい(・∀・)ゾ。綺華アランは美形。モモさんは幕開きの白鬘が似合ってしまう程にどの場面でも美しいんだけど、バスティーユの庶民役が一番似合ってた気がする(←特に斧が)。
以下は不思議だった箇所。( ゚д゚)ポカーン1:フェルゼンの馬車乗りアホ映像が進化している!?。( ゚д゚)ポカーン2:ナゼ涼さんがデュエダンを踊るの!?次の瞳子さんじゃ駄目な事情があるの? ( ゚д゚)ポカーン3:ナゼ出雲さんがエトワールなの!?…確かに歌声を聴くと圧倒されてエトワールはこうあるべきだとさえ思う。でも最後まで納得しがたい、だって専科じゃん。( ゚д゚)ポカーン4:パレードで百花さんが銀橋に乗ってなかった!!うわぁ…どんだけ専科に頼ってんだろう。
2006.02.26 Comment:0 | TrackBack:0
ヘルボーイの話(其の弐)。

以下DVD-BOX覚書。

とにかく長い。デル・トロ監督の解説、音楽担当のベルトラミの解説、役者達の映像解説…と本編通した解説が3バージョンも入ってる上に、撮影日誌、設定紹介やら何やらかんやらで本当に長い。どっかで見たら特典映像は計11時間位あるみたい。延々見てたら頭痛くなってきた。でも正規価格だと諭吉が飛ぶから、こんだけあってくれた方が満足感はあるかも。

役者の映像解説は勝手気儘。ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ルパート・エヴァンス、ジェフリー・タンバーの4人。とりあえず、他の人の話なんて聞いちゃいない…と思える所多々。映像見ながらコーヒー飲んだり、林檎やチョコ食べたり。前半はルパートが必死にきっかけを作るんだけど、悉く黙殺されて少し気の毒になってしまう。でもそれにめげないルパートは素敵だと思う。ロンは我が道を行く感じで映画に対する思いやエピソードを淡々と語る。ジェフリーも時々話を振ったりするけど、それ以外はロンとオヤジトーク炸裂してた(気がする)。セルマは比較的真面だった気もしつつ、でも偶に映画にツッコミ入れてたりしてた。後半は更にグダグダで夫々の発言が嘘だか本当だか区別がつかない。結構平気でいい加減なコト言ってるっぽい。セルマに至っては面皰潰すし…(女優なのに)。

デル・トロ監督の音声解説は情熱的。一人で只管喋り尽くしてた。でも三倍の時間があると言われても、話し続けそうなギレルモ。彼は自分が太ってるのは、色んな人たちとの出会いを食事の席で作ってきたからだ…と言ってた。ロンとも入ったレストランで初っぱなからデザート頼んで意気投合したとかいう話をしてたけど…、やっぱりデザートは最後に食べたいなぁ…。…と、どうでもいいエピソードを拾ってみたけど、彼の語りは二時間強あっても聞き飽きない。ヘルボーイに対する熱意と監督としての魅力が伝わってくるからだと思う。

ベルトラミの解説は科白と効果音を省いて、全てBGMを聴かせてしまおうという、ある意味無謀な…もとい意欲的な構成。でも曲を110min分作ったらしく、ほぼ全編音楽が流れているので思った以上に見応えがある。特に後半、リズ炎上や最後の戦い辺りなんかは相当迫力がある。

他に良いな…と思ったのはPCでしか見られない(←ウチのPCはDVD不可…)、英語オリジナル台本。あれはプリントアウトまで出来てしまうのね。映像見ながら脚本読めちゃうなんて素晴らしい(英語字幕でも事足りるけど)。…と言いつつ、英語が苦手な私は読んでて多少歯痒くもあるんですが。
それと十数頁に亘る各キャラクターの生い立ちとプロフィール。何と言っても、悪魔の子であるヘルボーイに両親がいる!?ってのが衝撃的。各キャラの人格形成に及ぶ話もあって興味深い。

それから微妙に隠しコマンドがあるのが面白い…というのか小憎らしいというのか。素直に全部見せてくれよ…と思ったりしないでもない。要するに見落としがあるのが嫌というだけなのだけど。
…とか思ってたら、某所に隠しコマンド解説ページがあった。おし、全部見てやるぞ(・∀・)!
2006.02.20 Comment:0 | TrackBack:0
ヘルボーイの話(其の壱)。

『ヘルボーイ/HELL BOY』
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ロン・パールマン 、ジョン・ハート 、セルマ・ブレア 、ルパート・エヴァンス 、カレル・ローデン 他
製作年:2004年、製作国:アメリカ、時間:132min

↑この映画に少しハマってます。いや、少しじゃないかも。小声で大好き…と言ってみる。
えーと、魔物跋扈、勧善懲悪、愛情満載、格闘場面も盛り込んで素敵な大団円…と、まぁ、良いこと尽くしな映画です。A級とは言い切れないけれど最上級のB級映画とは言える。部分的には気になる所もあるけれど、全体的には良質の娯楽作品だと思うのですよ。

何より登場キャラに愛着が持てる。そしてキャラを引き立てるキャスティングの妙。コミックらしい如何にもな登場人物なのにピッタリとハマる出演者陣。更に言えば、キャラのイメージを増幅させているから凄い。誰を取ってもこの人にしかこの役は出来ないと思えるから、うーん…、素晴らしい。

ヘルボーイ…文字通り悪魔の子。でも地球を守る正義のヒーロー。序でに丁髷。強い…ハズ。だけど、自分の容姿に劣等感を持っていて、好きな女性に対してはシャイなヤツ。何十年も生きてる癖に心は子供のまま。つい何だそれってツッコんでしまいたいけど、でも愛すべき怪人。特殊メイクだけどロン・パールマンの素顔や表情が充分に活かされてるのもポイント(そのままとも言う)。そしてロンの特殊メイクを感じさせない自然な演技もまた凄い。監督が彼に拘ったのも分かる気がする。
リズは前半の陰気さ…というか不幸顔と、後半の徐々に殻を抜け出す所が魅力的。前半登場回数が少ない割に印象的なのはセルマ・ブレアの力なのかね。あとあのもったりした鬘がいいのではないかと思う。大体、特殊能力に悩んで自ら心の病院に入院するヒロインなんて仲々いない…。続編ではリズのキャラが変わるらしいけど、それはそれで楽しみ。バーンと炎を繰り出してドドーンと敵やっつけたりね(予想)。
生真面目な好青年マイヤーズのルパート・エヴァンス、意地悪なのに憎み切れないマニングのジェフリー・タンバー、一見CGにも見えてしまうエイブのダグ・ジョーンズ、そして引き締め役のブルーム教授のジョン・ハー、敵方のクロエネン、大悪玉のラスプーチンのカレル・ローデン等々…文句の付けようがないです。

ヘルボーイの続編製作は既に決定されているらしい。でも撮影はまだ少し先になるみたい。一時期、デル・トロ監督が降板Σ(゚Д゚)!!!!! ってニュースも出てて、ギレルモが撮らなきゃ意味ないじゃん…と焦ってみた。監督自身拘りのある作品だろうし、是非とも撮影して欲しい。あと別口な話でギレルモは条件整えば三部作にしたいよ♪とか言ってるみたいで、金と時間が許すなら是非撮って頂きたい。但し、撮り終わるのには10年位掛かりそう(勝手な目算)で、先は長いよなぁ…と遠い目になる。つーかロン・パールマンを始めとして、出演者みんなそれなりにいい歳だし早めに頑張らないと…。


ヘルボーイのリンク
http://www.sonypictures.com/homevideo/hellboy/
http://blog.goo.ne.jp/hellboy_2005/
http://hellboy.exblog.jp/
2006.02.19 Comment:0 | TrackBack:0
Salyuの新曲、第六弾シングルの詳細が発表された。
発売日は4/5、タイトルは『Tower』、c/w 『マハラジャの夜』。
なになに“8分の6拍子という変則的なリズムに重厚なストリングスが絡む、鼓動を感じさせる超名曲です”と紹介がある。オフィシャルな紹介文で‘超名曲’とか自讃するのはどうかと思うのだけど…。関西圏のラジオでは既にオンエア済み。私は聞けないけど一部の反応見ると何だかどっちつかずな感じ。
作曲は小林武史、作詞は一青窈だって。apフェス繋がりだろうけど、えー、なんで一青っちが作詞してんだろう…(嫌がってるワケじゃないけど)。更に「マハラジャの夜」の作詞は依布サラサ…って知らん人。いや、でも無名の新人をこんだけ無意味にプッシュしてるってコトはSalyu本人じゃないのかなぁ…。うーん、それは深読み(もしくは浅読み)し過ぎだろうか。下で歌うコトに専念してるSalyuが良い…と書いただけに、もしそうなら微妙だなぁ…。
…と否定的なコトを書きつつも、実際に早く聴いてみたい。うーん、一体ドコで聴けるのかなぁ…。


M-ON TV!で「COUNTDOWN JAPAN 05/06」抜粋放送。
一曲目の「Valon-1」では、Salyuが一部で歌い方を変えている所があって同じ曲でも新鮮に聴ける。確か招待ライブでもそんな感じだった気がするから、これもライブの楽しみ…というか醍醐味か。「Dramatic Irony」もPV版より安定していたような気がする(気のせいかも)。あとは「風に乗る船」、これもAXアコライブとほぼ同様のアレンジ…かな。前半ゆったり聴かせる感じでアコっぽい。
今回は全部で三曲フル放映だから…、うん、そこそこ満足できました。
2006.02.13 Comment:0 | TrackBack:0
今更だけど、『スキージャンプ・ペア』は楽しいね。アホさ加減が絶妙。
http://cafe.cdn-japan.com/sjp/index.html

舞台中継をテレビで観るのが苦手。時間が長いから途中退屈で絶対寝る。だけど最近『鈍獣』と『天保十二年のシェイクスピア』を見終わった(遅い)。劇場で観たらタブン面白かったね…と言える作品だったと思う。テレビで観てもそこそこ面白かったから。それにしても「天保~」の方はなんて豪華な出演者陣なんだろう…。これが蜷川幸雄の力なのかね…。悪い意味じゃないけど、勿体ない気がした。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200505/2005051300018.htm
蛙の鳴き声が煩いんでどーにかなりませんかね?との相談。みんなの回答はトピ主に対して結構冷たい…。いや…、毎朝鳥の囀りが煩くて目が覚めてしまう私はトピ主の気持ちが少し分かる。鳥の囀りなんて言葉で聞くと爽やかだけど、実際はキーキー煩くて迷惑この上ない。私もどーにかならないかなぁ…と思う。でもどーにもならないので、耳栓が手放せないんです。それだけの話(→エンタメ話でもなんでもない)。

前から思ってる疑問。どーして映画館ではポップコーンやら何やらの飲食物を売るんだろう…。私は上映中に隣席の人がモノを食べ続けてたら、ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!…な勢いでどつきたくなってしまう。少しの音でも動作でも煩いし、気が散るじゃん。芝居の劇場では上演中に飲食なんて有り得ないのにね。時々そこそこ混んでる映画館に行くと、マナーの悪さに嫌気が差します。でも映画館側で販売しているということは、それをマナーの悪さと言えなくなるのが納得しがたい。
そんで周囲に辟易しつつ観た『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、ハリポタ映画のシリーズ中では一番面白かった。二時間半強の長さを感じさせない点もスゴイし、緩急のバランスが大変良い。ホグワーツの俯瞰絵も効果的だと思ったよ。次作もマイク・ニューウェル監督が撮ればいいのに。


以下、最近観た面白い映画。
マイク・ニューウェル監督『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
ジェームズ・マンゴールド監督『"アイデンティティ"』
メル・ギブソン監督『パッション』
篠原哲雄監督『月とキャベツ』
M・ナイト・シャマラン監督『ヴィレッジ』
2006.02.09 Comment:0 | TrackBack:0
キタ━━━━ヽ( ´ー`)ノ━━━━━!!!
Salyuのアコライブ追加公演、e+で横浜当選です。
うわぁ…、良かった…。なんかフツーに観られるコトが素直に嬉しい。…と言っても、当たったのはワタシじゃないんだけど。Kちゃん、有り難うございました。
でも四月に平日横浜はやや厳しいなぁ…。即ち残業すっ飛ばすってコトですから。ま、Salyuの歌声に比べれば仕事なんてどーでもいいか…と本音を言ってみる(社会人失格中)。
2006.02.07 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。