東宝劇場にて『NEVER SAY GOODBYE』観劇。
無理かと思ってたけど、花總女帝を見送りに行けました。うー、長かったね。思えば宝塚の一時代…違うな、五時代位を作り続けてきた娘役だしね…、本当に感慨深いっすよ。それにしても花總さんほど長く見続けた割に、好きでも嫌いでもないジェンヌも珍しい。そんだけ過不足ない完璧な娘役だったってコトなのかも知れんね。結局、退団会見も単独公演も写真集もなく、最終的には和央ようかの相手役として去っていくという姿勢は彼女が残した数々のミステリのウチの最終形であるのかも。うむ、ある種、聖域的な彼女の存在がなくなるのは、ネタとしても大変寂しい。だけど、フィナーレのデュエットダンスの儚げな笑顔を見ると、きっとファンは何とも言えん切ない気持ちになるのだろうなぁ…と勝手に想像する。何だか分からない纏めだけど、一応、寂しいとは思ってるのかなぁ…(思ってないかも)。
そんで、また下調べをしてなくて、一本物だと知らなかった…。でも最終的に尻窄み的な感もあるから一幕終了でショー付けても良かったとも思うけど。あと外部に全面依頼した曲達は綺麗で耳残りする曲でした。それと歌える人に歌わせる姿勢は大変良いよね。若手もガンガン歌っていて、宙組のコトをもっと知りたくなった(そろそろいい加減覚えたい)。
出演者の話をするなら、市長の風莉じんとアギラールの遼河はるひの二人。あー、飛び抜けてたよ、この二人。風莉さんは初めて意識した人なのだけど、一見地味な風貌(←失礼だぞ(゚Д゚)ゴルァ!!)から発せられる声は大変説得力があって筋が通ってて伝える力がある。それ程出番が多い役でもないけど、相当印象に残った。遼河さんは思い込みの激しいサディステック党幹部を好演してて、役に対する理解力と吸収力がありそうな気がして今後が楽しみに思えた。彼女が二番手格としても全く遜色がないと密かに思う(タニ君ガンバレ)。上背がある=スター性があるとは言わないけど、確実に見栄えは良いしね。あと歌声も真っ直ぐ届いて気持ちいい。
フィナーレは十輝さんか七海さんか早霧さんの誰かが大層格好良かった(上にも書いたけど、宙組若手メンバーの見分けがつくようになりたい←気合いが足らんのだ)。それにしても、タニ君で背が低い宙組って…(略)。娘役のボンボンスカートが格好良かったのと、美風舞良を観ようと意気込んでたのに…(更に略)。

他にも思ったコトはあるような気もしつつ、思い出したら書こう…かな(書かない予感ヒシヒシ)。
2006.05.28 Comment:0 | TrackBack:0
優里さんが結婚したΣ(゚Д゚)! …とかいう誤解がありました…('A`|||)。

関内ホールにて『ビューティフル・タカラヅカ!』観劇。
えー、何ともね、まぁ、需要と供給ですよ。OG公演って有りなのかなぁ…と思いつつも、これを楽しめる観客がいるならじゃんじゃんやり続ければいい…という結論に達しました。仕切りはほぼツレさんで、彼女の芸達者振りに驚きます。サスガ宝塚ワールドを代表する鳳蘭。私よりも若干上の世代に向いた感がある喋り等ではあるけれど(自虐ネタ含む漫談風な喋りがきみまろっぽい)、私もそれなりに楽しめましたよ。

そんで、やれば出来るじゃん、この人…と思ったのは、星奈優里さんに対してで、何でかって言うと、二部の後半で私を微妙に魅了してくれたから。うーん、彼女を見縊っているワケではないけれど、長年追い続けると新鮮な驚きは確実に減ってくるし…ね。そんで黒い瞳のタンゴですよ。男役数人を絡めつつも主は麻路さんとのデュエットダンス。観ている私の口から思わず零れた言葉は「…エロ…」。そんな言葉を漏らす自分もどーかと思いつつ、うむ、やはり優里さんの神髄はチラリズムを孕んだエロティシズムなのね。衣装も黒でシックに決めてて素敵だったよ。
以下髪型余談。デコ出しになった途端それだから、やはりもう彼女はデコを出し続けるしかないのですよ。デコ出しは本気戦闘モードの証ってコトで。諄いようだけど、本当に優里さんは芸能活動をする時にこそデコを出さなきゃダメだと思うよ(ファンの心からの願い)。
更にもう一度センターピンで一人踊ってた(←すみれの花咲くころだっけ?)。かなり圧倒的。これは優里ちゃん大好きな三木先生が演出したお陰なのかも知れない…と思う。それとマリコさんと二人でベルばら幕開きの「ご覧なさい♪」も歌った。二人とも歌下手だけど(あ、書いちゃった)、楽しかったよ。MCでは好きなスターは一途に松平健さんと答えてた(ま、事実だよね)。そこでの鳳さんとの掛け合いで一瞬優里さんが結婚したかのようにも聞こえる発言(というか間)があって、ご一緒したTさん共々大層吃驚しました。いや…、別に結婚しようが何でもいいんだけど、いきなりで本当に驚いた。ま、結局はタダの誤解だったのですがね。

他の出演者のコトも書く。娘役陣がダルマで登場した。スゲェ勇気(みんな綺麗だったけど)。そしてほぼ全員でラインダンスをした。うわぁ…つい頑張れーと応援したくなった。久城さんは現役でも通じる格好良さ。多彩さんのピンチヒッター祐輝のタラちゃんも女性的だが素敵だった。麻路さんは子持ちとは思えん気障っぷり。鳳さんも年齢感じさせないよなぁ…。千珠サミーさんも相変わらず濃ゆくて、瑠菜まり嬢も相変わらず可愛く、阿月嬢は一人大人ぽかったデス。
2006.05.27 Comment:0 | TrackBack:0
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ッ !!!

はいはい。遂にきましたよ。Bank Band with Salyu『to U』、7/19リリース決定。
朝、仕事先で知って、色んな妄想が頭を巡りました。いやぁ、何というか、Salyuがメジャーになるコトを想像して無駄に昂奮してました。ラジオで小林さんが、いまSalyuは世に出ていく直前の状態だけど…みたいなコトを言ってたのは、このリリースも考慮されての発言だったのかも…と今更ながら思いました。欲を言うなら、Salyu only Ver.の「to U」も欲しいのだけど、やはりそれは今後の楽しみに取っておいた方がいいのかも…。


「to U」
track01.“to U” Bank Band with Salyu
track02.“生まれ来る子供たちのために” Bank Band
track03.“to U (Piano Version)” Bank Band

2006.7.19 release TFCC-89180 ¥1,050(tax include.)
2006.05.23 Comment:0 | TrackBack:0
うー、風邪を引いてしまったのです…。盛大な咳が続くと、肺が壊れてしまいそう(そんなワケないが)。嗚呼、仕事を休む口実にしたいなぁ…(これが本音)。下は某所に書いた日記の一部です(あっちは酒飲み日記と化した)。

君子防未然 不慮嫌疑間 瓜田不納履 李下不正冠
李下に冠を正さずというのは、疑われるようなコトするなよってな感じの意味だけど、学生時代に勉強した時にナゼか心に残った一文です。何でだろうね。そんな前置きはどうでもいいのだけど、今、秋田の「李空」呑んでます。仲々スッキリとした味わいで呑み易い。気に入ってます。
上野松坂屋の大九州物産展に行ってみた。目当ては五木屋本舗「山うにとうふ」。試食してみたら面白い味だったので、オリジナルと唐がらし味を買ってみた。これを突きながら呑むと、また美味しい。序でにいなりや本舗の「辛子蓮根」も買ってみた。お店の小父ちゃんが揚げ立てをくれたので、ホクホク温かい。多少の辛みがあってこれも美味。あー、旨かったデス。やや熊本ラヴ。

偶に、教えてgooで時間を潰すのだけど、そこでこんな話を見つけた。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1983295
うーん、私は希望的観測も含めて詐欺だと思うのだけど、真相はどうなのだろう。偶に小西さん絡みで肖像権等に関する質問を受けるのだけど、いつも自分の都合のいい解釈を書き連ねて返信してしまう。でも今更ネットで画像を規制するなんて不可能だよね(動画ですら見放題なのに)。とは言え、ジャニーズなんかは一応規制に成功している…と言えるのかなぁ…(でも各公式サイトにすら写真を載せない姿勢は嫌いだけど)。

今期は連続ドラマを相当見ている。『アテンションプリーズ』『弁護士のくず』『吉祥天女』『トップキャスター』『てるてるあした』『富豪刑事』…とかさ…。別にどれもそんなに面白くないのに、つい惰性で見てしまう。あ、でも「てるてるあした」の木村多江と福田麻由子、「アテンションプリーズ」の真矢みきと相武紗季は見ていてオモシロイ女優さんだと思うのです。
それにしてもみきさんの三神教官は素敵だな…(と久々にみきさんに思いを馳せてみた)。とか言ってたら、みきさんはブログを書いているのだね。記念に貼っとこう。
http://blogs.yahoo.co.jp/mayamiki999
2006.05.18 Comment:0 | TrackBack:0
あー、またスッカリ忘れてた。メモしよう。
優里さんの次の舞台は『花嫁付き添い人の秘密』
日程は2006/8/2-8/8(博品館劇場)、8/19(ドラマシティ)とのこと。密かに「日豪交流年公式事業 ドラマチック・オーストラリア参加作品」と書いてある。意味不明だが日豪の友好に一役買う舞台内容なのかなぁ…(それってどんな舞台?)。
それより何よりこのポスターだがチラシだかの優里さんと樹里さんの表情のシンクロっぷりったら何でしょう。これが噂に聞く同期愛か? それはさておき、ほさちが一人で美人さんなのは狡い…。内容はよく分からんけど、どうもラブコメっぽくて、相変わらず食指が動かなかったりする。あ、でも楽しみじゃないわけじゃないんですよ(といつも言い訳口調になってる気がする)。

モモさんから葉書が届いた。毎度思うのだけど、彼女の文章ってファンの心をウマく擽っているのだよね。こんな葉書貰ったら、是非ともついていきたくなってしまうではないですか。あー、色んな意味で見習いたい人だなぁ>モモさん。ハッ(・Д・)、つまり尊敬してるってコトになるのか…(うむうむ)。

更にどうでもいい話だけど、和央さんのサヨナラ千秋楽で偽造チケットが出回ったとか何とか。ヤフオク利用派の自分としては他人事ではないのかも…と思ったりもする。まぁ今更宝塚のプレミアチケットに手を出す気は更々ないのだけれど(←だから暫く東宝いけねっす)。あ、でももしモモサヨナラ千秋楽とかだったら、意地でも観たいと思うのかなぁ…(あー、どうだろう、なってみないと分からんね…←と書きつつ百花さんには絶対に辞めないで欲しいと思う今日この頃)。
2006.05.11 Comment:0 | TrackBack:0
アッという間に黄金週間が過ぎてしまった。

黄金週間中にHD整理と称して、録りためた映画を観捲った…のだけど、うーん、心にヒットするものが無くて残念。下に挙げた映画はそれなりに面白いけど何度も見直したい作品ではない。要は強烈に詰まらないのもないけど、強烈に引かれるのもないという感じ。そしてHDに残ったのはヅカ番組だらけ…。あー、ナゼかどうしても観る気にならないよ…(←以前、録画して見た「ジャワの踊り子」の余りの詰まらなさがトラウマになった模様←舞台は早送り出来ない癖に長いというのが難点だ)。

舞台をテレビで観た話。『ダブリンの鐘つきカビ人間(再演)』は後藤ひろひとの脚本が強烈に上手い。あれだけの罵詈雑言をあれだけの幸せな言葉に仕立てられるなんてね、もうそれだけで感心してしまったよ。何度も何度も再演して欲しいなぁ…(及川さんが出ている出てないに関わらず→暢雄は更にどうでもいい)。『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』は階段の装置(夢で見た階段に似てたから)と木村佳乃しか記憶に残ってないな…。あ、でも覚えられないのを承知で言うが、タイトルが綺麗だと思うのです。


以下最近観た、それなりに面白い映画。
ニック・カサヴェテス監督『きみに読む物語』
キム・ギドク監督『サマリア』
キム・ギドク監督『春夏秋冬そして春』
ポール・フェイグ監督『アイ・アム・デビッド』
チョ・ヒョンジェ監督『スキャンダル』
スティーヴン・スピルバーグ監督『ターミナル』
アラン・J.パクラ監督『ソフィーの選択』
ヤン・スヴィエラーク監督『コーリャ 愛のプラハ』
阪本順治監督『亡国のイージス』
ピーター・チェルソム監督『Shall we Dance ?』
塩田明彦監督『カナリア』
2006.05.09 Comment:0 | TrackBack:0
まだSalyuネタ続きます。

今更だけど「Tower」がチョーヤ梅酒株式会社の『ウメッシュ』のCM曲になった話。
http://www.choya.co.jp/cm/kodo_b.html
クワトロライブのコメント(→ライブ前にはチョーヤの梅酒飲んでるよ♪ってヤツ)が繋がった結果だとは思うけど、仲々ギャグっぽくて、知った瞬間笑ってしまった。つい、チョーヤから梅酒を箱ごと貰ってホクホクしているSalyuを思い浮かべてしまった…。いや、でも多分貰ってんだろうね。いいなー、ワタシも欲しいや(←買え)。
そんで見た感想は、結構いい感じに仕上がってるのではないかと。ちゃんと曲の幸福感というのか壮快感が充分に活きている内容なので。菅野美穂の両隣にいる羊も可愛いじゃん(→Salyu似とかは言わない)。それに放送率が高くて、CM狙いでテレ朝の夕方の番組録ったら3本位引っ掛かった。それを3本繋げて見たら、意味なく楽しかったです。

4/23にFM802で放送された『Music Freaks』。
小林武史氏がゲスト。六本木ライブ終了直後の放送だったらしく、Salyuも昂奮してたけど、小林さんも相当テンション高かった。そんでツアーのコトをベタ褒めしてた。自分も一緒に回りたかったとか、Salyuの音楽は全国の人達に届くべきだとか、海原雄山は生野菜はダメだと言ったとか…ま、そんな感じ。まぁ、ライブ後の昂奮という点を差し引いても、プロデューサーにこんだけ押して貰えるSalyuはまだまだ進んでいけるだろう…と思った放送でした。

リンクページを完成させる為にSalyu頁を弄ってみた。画像をどうしようかとか、そういう部分の匙加減が掴めてなくて(ダメはダメなんだけど)、また白いページになってしまったよ…。あー、でもあのSalyuは今とは別人のように綺麗だなぁ…と思っているんだけど(→放置してたのをふと見つけた時は相当吃驚したらしい)。
2006.05.04 Comment:0 | TrackBack:0