上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
湯川潮音の話(其の四)。

代官山UNITにて『空想音楽会Ⅵ』。

01. 長い冬
02. 鏡の中の絵描き
03. 聖堂の隅で
04. からっ風
05. 渡り鳥の3つのトラッド
06. 霧の夜
07. 木の葉のように
08. おしゃべり婦人
09. 雪のワルツ
10. キルト
11. 木漏れび
E1. Ding Dong! Merrily on High
E2. 緑のアーチ
E3. 裸の王様

当然ながら、来月発売の新作アルバム『雪のワルツ』の中からの演奏が多かったです。
新曲達はバラエティに富んでいて、しかもどれも耳馴染みのする曲ばかり。特に「雪のワルツ」「木の葉のように」「木漏れび」がお気に入り。「雪のワルツ」はしんしんと雪が降る景色が見えるようだし、「木の葉のように」はロシアに限らず異国の雰囲気溢れているし、「木漏れび」はCMのイメージもあってか緑の草原が風になびくよう…。想像力を喚起する大変良い曲揃い。当然アルバムは購入する気でいたけれど、更に楽しみになりました。
そして湯川潮音関連の夢の一つ、「キルト」を生歌で聴きたい…ってのは、またしても速攻で叶ってしまったね…(嬉しいけど)。シオーネは高音を苦もなく出す。歌手としては当然だろうけど、聴衆としては単純に凄いと思う。アンコールでは観客にリクエスト聞いて「緑のアーチ」をワンコーラス演奏。用意されてない曲だからサポートメンバーが演奏し切れず、「誰も入ってきてくれないね…」と演奏を止めてました。

その他の話は以下にだらだらと。
神戸の異人館付近を歩いていたら絵描きに間違えられたらしい。絵描きに見られた事が嬉しくて、ずっと話を合わせていて、で、結局、一匹の蝶を買ったそうな。これだけで一つの寓話が作れそうなエピソード。ゲストのトクマルシューゴ氏を「この国の人ではないよう」という感じで評してた(確かに不思議な音楽だった)。シオーネの格好はピンクのワンピにソバージュがかった髪で可愛い。来場者全員に「冬のワルツ」見本版CDをプレゼント(太っ腹)。ミラーボールをいつ回すのか気にしてたら、中盤ずーっと回してた(キラキラ)。そして前半の照明は確実に失敗ではないのか(;゚д゚)ボロボロ?

前回も少し書いたけど、私が勝手に思ってるシオーネの魅力は、美しい言葉を綺麗な曲に乗せて澄んだ歌声で聴かせるという所。今回は程好い席に座れたし、ゆったりした状態で聴くシオーネの歌声の素敵な事と言ったらね…。もう、堪らんさ。つーことで、次回の「三本の木ツアー」も行きますよヽ( ゚∀゚)/チケアタッタ!
スポンサーサイト
2006.12.28 Comment:0 | TrackBack:0
メカ音痴ながら、RSSリーダーを使い始めました。
これでSalyu-BLOGの更新が把握できます。あー、なんて熱心なファンっぽいんだろう。
…と如何にもSalyuの為に始めたかのように書いたけど、ネット巡回の時間を短縮して、ダメ人間から脱却できれば…と思ってます(→ムリだろうけど)。

そんで、Salyuのホールツアーの追加公演が決まった模様。
日程的にありそうだとは思ったけど、本当にあるとは…。まぁ、地方はともかく、首都圏は完売してるんだから当然といえば当然なのかな(→そこら辺の仕組みは全く分かりませんが)。でももし追加公演も行くとしたら、26日渋谷の翌日だから二日連続になってしまう。それは少し躊躇うかも…。じゃ、行かなきゃいいじゃん…とも思うんだけど、どうせ私のコトだから、行ける時に行かなくてどーすんだ(`・ω・´)シャキーン!!! …なんてチケット取ろうとするんだよなぁ…。

あ、スミマセン、正に独り言を書いてしまいました…。
他にSalyuネタ書くコトあったっけ…。ないよね。そう、ないんです。

無理してネタを探してみると、「TERMINAL」に関して、TSUTAYAとHMVでコメント配信してるみたい。二つとも殆ど同じコト言ってるね。でもアルバムは自信作と言ってるので、うん、楽しみですね。
TSUTAYA → http://sb.tsutaya.co.jp/WM/music/salyu/comm2_500k.asx
HMV → http://www.hmv.co.jp/news/article/611200091

更に無理してネタを拾ってみると、『天使の約束』という映画に出ていたSophie Vavasseurという女優がSalyuっぽい。画像はここら辺。…あ、そう、子役…。…うん…、無理してネタ探すとどーでもいいネタに辿り着くという典型ですね。

…と、そんな下らないコトを書いて文章を放置していたら、25日になりました。
そんで仕事中にメールチェックをしていたら…。
>件名:Salyuです
>日時:2006年12月25日 13:10:23 [ヘッダ表示]
おー、Salyuからメールが届いたよ(・∀・)!
これ、仲々にいい試みですね。ほんのり嬉しいクリスマスプレゼント。
2006.12.25 Comment:0 | TrackBack:0
やや久し振りのSalyuネタのような…。今時期は殆どネタないもんね。
去年の寒い時期にSalyuの生歌…つまりライブを沢山聴いていた記憶があって、それがない今年の冬は尚一層寒さを感じるような気がするね(←いや、今年暖冬気味だし)。

「TERMINAL」のジャケット写真が出てきましたね。
http://www.salyu.jp/discography/
あー、またサリュウ可愛いじゃん。
シンプルに可愛いというのは大変良いコトだと思いますよ。
それにこういう後に残るモノは綺麗に撮っておくに越したコトはないし…ね。

ExciteのSalyu-Blogを定期的に読んでいるワケではないんですが…、
http://pds.exblog.jp/pds/1/200612/09/20/c0088520_11345524.jpg
↑これはかなりお気に入り。
TERMINALのジャケ写と張るくらい可愛いと思う。
特に焦点定まってない目がサリュウっぽい。
いつかどこかで盗用してしまいたいです(なのでポチっと保存中)。

そういえば、ホールツアー、渋谷も行けそうです。
というか二階席が落ちていたので拾いました(金は払いました)。各種先行で悉く玉砕した私ですが、席さえ選ばなければ、タブン定価前後でチケ入手は容易なんだろうな…と思う。
序でに先行連続落選の負け惜しみがてら言いますが、大きな会場の後ろの方で聴くSalyuの歌声がどんな風なのか、今から興味津々だったりします。あー、後方席じゃ全然盛り上がらなかったよ…とかって感想もネタとしては面白いのだけど、でもそんな私の底意地悪い思いを、Salyuは裏切ってくれるんだろうな…とかって気持ちもあったりして…、ほら、考えてるだけで楽しいような気になってきたよヽ( ゚∀゚)/ウヒャ
2006.12.15 Comment:0 | TrackBack:0
シアター1010にてスタジオライフ『銀のキス』観劇。

パンフレットを読んでたら「三部作」ではなく「第三弾」になってた…(゚д゚lll)。いかに吸血鬼話が好きかを語る倉田さんの姿勢を見ると、更に吸血鬼モノを続けていきそうで少し怖い。トーマ以外の劇団の売りをドラキュラに求めているのかな…。確かに作り方によってはバリエーションは出るけど、でも吸血鬼で繋がれば多少の小細工をしても同系色の舞台になる可能性が高いのにね。私はもうドラキュラは封印した方がいいと思うのだけど…(余計なお世話ですね)。
それはさて置き、この舞台はゾーイとサイモンの二つの物語が交差しそうでいて最後まで交差しない(←交差してるから話が進行するんじゃんってツッコミはとりあえず却下)。だから軽い短編を同時に二本見せられているようで、物語の深みが伝わり難いというのは言い過ぎか。それに何より主役のサイモンがヘタレ過ぎではないかと…(←お前は300年以上の間一体何をやってたんだ(;゚д゚) ?ってな感じ)。ま、だからゾーイの存在が活きてくるというのは分かるけど…、それ故に物語に共感できなかったのかも知れない。あと余談だけど途中でサイモンが血を口から出す仕掛けがオモシロかったです。

Animaチームの役者の感想。
舟見ゾーイは前半と後半で表情が全く違う。暗く思い悩んでいる少女が成長し、彼女の力でサイモンまでが幸福になる。ゾーイの成長物語であるこの舞台の核心を舟見ゾーイの表情(と他の部分も含め)が如実に表している。またキーワード的な深呼吸も効果的で母娘の関係が更に深く見えた。そんな舟見君の芝居を見ると、彼は予想以上に底深さがある役者なのかなぁ…とつい思ってしまう。
吉田ロレインはキュートな上に的確。吉田君はあの年代の心の向き方の加減さえ演じ分けられているんじゃないかと思う。毎回書いているけど、彼は本当に得難い人…若しくは感の良い役者だと思う。曽世サイモンはサイモンのヘタレっぷりが充分に出ていて良かったと思う(←あ、褒め言葉です)。荒木クリストファーは永遠に子供。深山さんは大人に成れない焦燥のような感情が出てたけど、荒木君は何年経っても思考さえ大人に成らない少年。序でに美形だから残酷な行為が尚残酷。船戸グラブはどうしてエロホモ風味に見えるのか(;゚д゚) ?。胡散臭さでいえば前田グラブと変わりないけど、そこにエロホモさが加味される仕組を知りたい(←私が勝手に思ってるだけか?)。そして今日も林アンの優しい語りに泣かされた人が多数いた模様…(あの優しい語り口調にやられてしまうのかな)。

本日はトークショー付、観客からの質問に役者が答える形。司会は芝居中とは打って変わって毒気が仄かに漂う林さん。アシスタントは高根さんと芳樹さん。三上君が女性役をする時に気をつけていることはとにかく意識をすること(→倉田さんにはそれでも何度もダメ出しをされるらしい)。曽世サイモンのラストは正に「融けていく」…とひたすら思い込んで演じているらしい。衣装予算の2/3が過去の衣装に消え、そして衣装担当の石飛さんは漫画等を参考に衣装選びをしているらしい。
久々にプレナイ(と最近言わない?)を観て、とても笑いました。やっぱりライフのこういう部分は楽しいなぁ…ヽ( ´ー`)ノとやや初心を思い出しました。


話変わって例のFCイベント。
電話確認をするまでもなく当選でした。にしても、チケットに書かれている「スタンディング」の文字だけで早々に気分が萎え気味。立ちっ放しに六千円強って強気ですね。当然のように一人で参加する私ですが、もうスタンディングな時点で詰まらなそうな悪寒…基い予感がヒシヒシとするのは気のせいか。あー、無駄に憂鬱になる位なら発券しなきゃ良かったかも。一体何をやってくれるんだろう。
…とこんな後ろ向きなコトを書いているのは、期待しないで臨めばどんなモノでも案外楽しめる…という法則を実行中だからです…。
2006.12.13 Comment:0 | TrackBack:0
シアター1010にてスタジオライフ『銀のキス』観劇。

吸血鬼物を三部作に仕立てようという野望があったのかね。無理することもないと思うんだけど。原作は未読ですが、舞台を観た限りそれ程ボリュームを感じなくて、三時間を贅沢に使ってる気がする。普段は物語を目一杯キツキツに詰め込んでいる感があるだけに、これだけ余裕のある演出(脚本)を見ると丁寧ではあるけれど、逆にテンポが遅いかな…と感じてしまうのは致し方ないことなのかも。休憩前を1時間程度に短く抑えた分、後半の方が物語に変化があって確実に面白く感じる。とは言え、全体的には地味な作品だね。あ、私は嫌いじゃないけど。ただ物語が地味なだけに、笠原さんなり及川さんなりパッと見て分かるスターがいてくれたら救いがあるのではないかな…と思うんですが(←今回の出演者が悪いということではなく)。それから最後の最後が…ネタバレだから書かないけど…そこに落とすのかよ(;゚д゚)!!! と少し驚いてしまった。あと装置が非常にシンプルで今回はそこそこ大きい劇場だけに少し寂しく感じた。

以下役者の話。今日はVitaチーム。
今回一番印象残ったのは深山クリストファー。深山さんって童顔というのも込みかも知れないけれど、非常に少年性の高い役者だよね。だから今回のような少年の姿に捕らわれてしまった…というような役をやると非常にピタリとはまるのかも(←OZのリオン然り)。実際的な意味で大人に成り切れない子供ね。ただシリアスな台詞の時でも彼のキャラが勝って時々笑いが起きてしまったのは残念かも(→私も笑ってしまった)。山本サイモンは最後の動きがよく分からない…(いや、羽ばたいているのは分かるけど)。他もいつも通りの芳樹さんでした。松本ゾーイは少女の寂しさが伝わって結構好きなのだけど、やはり物語を担う主役級と考えると多少弱いのかな…。林アンは真っ先に髪型に目が行ってしまうけど、抑えた演技も相変わらず素晴らしい。劇場で泣いてた人の八割は林さんに泣かされたんだと思う(って私は泣いてないですが)。前田グラブは久々の登場で胡散臭さを振り撒いていてたなぁ…。前田さんクラスでこういうワケの分からない味わいあるキャラがいると舞台の幅が拡がるね。関戸ロレインは素朴な雰囲気がいいと思うのだけど、それは関戸君好きな私の贔屓目でしょうか。吉田キャサリンは端役なのにドコにいてもやっぱり目立つ。

最後に書いてしまうけど、FC先行で二階席を配すのは止めて欲しい。と言うよりも、二階席は席種を変えてくれ。確かにこの劇場はドコからでも観易いけれど、一階席と二階席に同等の価値があるとは思えない。そして何度も書いているけれど、ライフはまだ(今後もかも知れないけど)声を頼りに芝居を見せられる劇団ではないと思うよ。相応の劇場選び…若しくは席種設定をして欲しいなぁ…と切実に思いました。


以下、以前書いた文章を引越し貼付。
得体の知れない『club Life10周年記念イベント』は勢いで申込んでしまったのだけど、パーティ形式だったら嫌だなぁ…と抽選前から憂鬱になってみた。フツーに呆けっと観るコトの出来る出し物をやってくれたら嬉しいのだけど。そんで2/21-3/11には『DAISY PULLS IT OFF』が再演ですって。へぇ、デイジー再演するのか…。それにしても配役パターンが4種類もあるってのが痛い…。さすがに四回観る気にはなれないので、さて、どれを観ればいいんだろう…Σ(゚д゚lll)。
2006.12.09 Comment:0 | TrackBack:0
あー、日々眠いなぁ…。

例のドラマはまだ残り30話位あるから、現世復帰は年明けまで無理なような気がする…。これで今後某カッポーが出てきたら(←まだ出てきてないのか?って感じではあるが) 、更に寝不足になるのではないか…と恐怖する今日この頃です。嘘です。あー、でも本当に楽しいよ。時々暗いネタ出るし、そもそも米国人の考え方が理解出来ない時もあるけれど。特に強気な人が弱っていく様を見てるととても楽しいなぁ…(←あ、Sッ気が出てるΣ(゚д゚lll))。

そう言えば、結局、amazonのギフト券は「下北サンデーズ」のDVD-BOX購入に充ててしまいました。夏川ファン振って「結婚できない男」でも買おうかとも思ってたけど、素直に考えたら、私、下北サンデーズの方が好きだったな…という結論に達しました。打ち切り分を補完できるようなデレクターズカットを期待しつつ…(期待するだけ無駄なのだろうか)。

ココに書いても仕方ないかも知れないけれど、「Web拍手」を送って下さる皆さま、本当にどうもありがとう。時々メッセージまで書いて下さる方がいて嬉しいです。当初は全レスでもしようかとも思ったんだけど、継続心が皆無な私にはやはり無理でした…。ヘタレでスミマセン。

通販ベーグルの中でも比較的入手困難なブラウニーベーグル。申込後、商品到着が半年先なんだから、そりゃ大人気なんですよ。実際、食べてみると、しっとりモチモチ(゚Д゚)ウマーで、私も大好きです。そんで半年前に頼んだベーグルが到着しました。…が、これが30日間ベーグル生活ができそうなほどに大量、大量、大量…。金額確認したら、漱石六枚超。パンを一度に六千円分も購入するなんて冷静に考えたらおかしい。申込時に酔っ払ってたとしか思えない。うん、きっと昼間だったけど酔ってたんだね…Σ(゚д゚lll)。


以下、最近観た面白い映画とドラマ
ジェームズ・ワン監督『SAW ソウ』
ティム・バートン監督『コープスブライド』
アレックス・プロヤス監督『クロウ 飛翔伝説』
高橋伴明監督『火火』
西谷弘演出『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』
水崎淳平監督『ZOO/陽だまりの詩』
ジングル・マ 監督『シルバーホーク』
ダナ・ラスティグ監督『キルミー・レイター』
ギレルモ・デル・トロ監督『デビルス・バックボーン』
ギレルモ・デル・トロ監督『ミミック』
星護演出『マエストロ』
マイケル・ラドフォード監督『ヴェニスの商人』
チャールズ・シャイア監督『アルフィ』
2006.12.08 Comment:0 | TrackBack:1
日本青年館にて花組『MIND TRAVELLER』観劇。

本当に久し振りの青年館。観劇料金が値上がってから初めてってコトは相当だね(いつの間にか1.4倍に跳ね上がってるってのも不思議な現象だと思うのだが)。ま、それはいいや。
物語的にはどう考えてもココしか落とし所がないだろう…という所に単純に収まっていて、もう小池先生は捻りを入れる気はないのか…とさえ思わせる。いや、ま、敢えてシンプルに徹しているのであろう…と好意的に取るコトも可能ではあるのだけど。でも人物配置は程々に適切で各出演者にそれぞれ何となく見せ場を作ってあげている部分はサスガと言えばサスガなのかも…(よく分からんけど)。
とにかく登場人物が結構フツーの人達で、きっと隣にいてもおかしくないような、そんな人達。だからこそ演者には難しいのかな…と思うのけど、それを上手く纏めて締めていたのが真飛聖の力なのではないか…と、意味なくまとぶんを褒め過ぎか…。

いつの間にか二番手格な真飛聖。嗚呼吃驚。青年館で主役張るなんて、やや戸惑いつつも頼もしく感じたりする今日この頃。結局マックスは悪人ではないワケで、記憶がない分、存外為所のない役だよなぁ…と思う。まぁでもまとぶんらしい善悪の狭間で揺らめいてそうなどっちつかずな雰囲気は出ていて、それが真飛マックスの不思議な魅力になってるような…気もしないでもない。未涼リチャードはこんな感じの面白味のなさそうな生真面目っぽい役を演らせたら本当に上手いね。リチャードの発言はそんなに的外れじゃないと思うんだけど、完全に悪人扱いされていてやや気の毒。とか言って、今回一番笑ったのは「海馬の歌」ですが(→海馬に焦点を当てた歌では世界一だと思う←つーか他にないです)。華城パメラは佇まいが綺麗。清涼感があるとも言える。歌も上手だし、もう一押し何かが出れば私は大好きになると思う。それから野々ジュディが良かったかな。下級生でこんだけ出来れば充分だと思う。一見おバカ風なキャラと後半のしっかりした部分のメリハリが成長として見えたような気がするので。


話は変わって宝塚人事ネタ。
ウメこと陽月華嬢が宙組のトップ娘役になるとか何とか…。あー、スマン、私はウメはトップにならない娘役なのだと思い込んでましたよ(注:彼女のコトは大好きです)。しかもタニオカ君の相手役って…楽し過ぎるじゃないですか。想像するに…全く反りが合わなそうな雰囲気も出しつつ、実は意外と友達or戦友感覚で好相性だったりするのかも。…なんて思ったりしていると、お披露目公演が楽しみになってくるね。と言うか、ウメがトップ娘役で大階段降りてくるのを観るだけでも単純に嬉しいと思うんだけど。
2006.12.03 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。