上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京厚生年金会館にて『ドリーム・オン! メロディー・アンド・メモリー』観劇。

星奈優里は何故デコを出さないのか?という内容で延々書こうか…という考えが頭を過ぎったけど、面白くないので止めました。OG公演の演出家は宝塚の演出家。今回は(も)三木先生。過去の宝塚作品をテキトーに切り貼りしている感もあり、内容的に節操が無いといえば無い。でも良いトコ取りといえばその通り。だから楽しめればとても楽しい。

鳳蘭サマのエンタテイナ振りは言わずもがな。舞台上でライトの光を受けて死にたい…というような歌詞の「歌い続けて」という曲では正に入魂の歌声。また漫談調の語りも相変わらずおかしい。麻路のマリコさんは前回よりも踊りのキレが良かった気がする(気のせいかも知れない)し、フリートークでは相変わらず女性らしい一面。そして周囲との対比のせいもあるだろうけど紫城るい嬢が飛び抜けて可愛かった。あー、るいるいカワイイイカワイイ…とばっかり思ってた。彼女のファンは何を措いてもこの公演を観るべきだと思う。後は久々に真織由季さんを観たけれど変わらず良い歌声。久城彬さん朝澄けいさんも素敵。

以下、星奈優里さんの話。
演出家の手抜きか分からないけど、内容的に前回の「ビューティフル・タカラヅカ!」と被るね。そんで、今回も黒い瞳のタンゴが素晴らしくて見惚れてしまいました。あれだけでも四千円分の価値はあるんじゃないかと思う(私の中の勝手な比率)。それから二幕の序盤で肩出し青ドレスを着ていた時、優里さんの指先から腕、そして背中に通じる筋肉の動きが本当に美しくて、そこら辺ばっかり見てました(変態)。芸術的。その他は定番の「ごらんなさい」やモンローや映画「街の灯」や星組時代の「グレートセンチュリー」から何やらかんやら…と盛り沢山。
あと今回の目元の化粧は失敗では…(略)。そして冒頭にも書いたけど、優里さんはどうしてデコを出さないの?デコを出すだけで魅力倍増なのですよ。本人、気づいてないワケじゃないよね…。そろそろ手紙でも書いて本気で進言致したく候(しないけど)。
それと、私、知らないウチに優里さんが結婚しててもおかしくはない…と常々思ってるんだけど、未だそんなコトはないみたい。ツレさんに結婚ネタで弄られて、白い衣装が黄ばまないウチに…と答えてました。他には自分のデュエットダンス失敗ネタを披露したり、結構一生懸命話していて好印象でした。

ま、そんな所でしょうか。
あと10年位は毎年これ関係で全国回れば良いと思います。


早速、この公演に絡んだスカステの「演劇の小径」を見ましたよ。確かに腿辺りは厳しい印象はあるけど(タブン椅子のせい)、上半身は完璧に可愛いじゃないですか。ヽ( ゚∀゚)/デコデコデコー!!!! それにちゃんと真面目に明るく喋ってるし。…にしても、優里さんの腹部、あれは腹巻ですか?(…というお洒落に対する定番のツッコミ)。
※Tさん、どうもありがとー (。・ω・)ノ゙
スポンサーサイト
2007.05.30 Comment:0 | TrackBack:0
中山うりが気になったのでメモ。「月とラクダの夢を見た」かな、ここら辺は好み。いつもの通り眠れそうだからという理由だけですが。視聴は公式だけかな。もっとどこかで聴けたらいいのに。彼女はiTunesから火が付いた人なのか。だからSonicStageユーザの私にとっては馴染みが薄いのかな…(タブン違う)。

鬼束ちひろが復活してた。コバタケ氏が伴奏してた。でも「月光」を聴いてしまう。素敵。名曲。

煙草を千円にしたら、八割程度が禁煙するとかいう調査結果があるのなら、とっととすればいいのに。嗜好品にお金を掛けるのは当然という感覚で。それで日本たばこ産業が苦しむなら、同時に大麻も解禁して独占させてやればいいのにね。因みに煙草の煙には4000種類の化学物質が含まれていて、そのうち200種類が有害物質、また少なくとも60種類は発癌性物質。…とか、まぁ、そんな豆知識はどうでもいいのだけど、詰まるところ、吸ってもいいから吐くな…という着地点。

クレヨーラ社のチーフデザイナーは37年間の勤務を終えて退職した時に自分が色盲であるコトを告白したんだって。一部の色に対してなのかも知れないけど、どうやって仕事をしていたんだろう。

最近、会社に長靴を履いて来られるあの人に嫉妬中ですよ。お洒落長靴とはいえ、まだこのデザインじゃ…。長靴ってバレバレじゃないですか。長靴を履けば雨の日も楽しいだろうに。

TVK他で放映中の『英國戀物語 エマ 第二幕』がオリジナルストーリーで迷走中。原作も後半は粗がなくもないのだけれど、大幅な昼メロ改変っぷりを驚きつつも楽しんでいたりする。アニメのウィリアムは酷い男。そしてエマさん別人。彼女は何処へ行ってしまうのか…。

大谷幸の『ワンダと巨像』サウンドトラックを購入しましたよ。聴きながら、ヽ(`Д´)ノウォーと戦いを思い出したり、('・ω・`)アグロ…と切なくなったりしてます。特に「甦る力~巨像との戦い~」最高。いや、いい買い物をした。空中庭園もやっと辿り着いたよ。スグ落ちたけど。また登ろう。
2007.05.27 Comment:0 | TrackBack:0
東宝劇場にて星組『さくら/シークレット・ハンター』観劇。

さくら。日本物ショーは久し振りな気がして、何だか新鮮。色々とアレンジ加えて従来とは違う日本物を作ろうとしているのは分かるし、実際、観易くて結構楽しかった。特に節句人形の場面はお伽噺風で罪がなくて宝塚らしくて(子供っぽいとも言うが)好きです。花折も狂言が元という割には取っ付き易くて楽しいよ。更に立樹&涼コンビの地味っぽいよく分からない感じが好き。竹灯篭は幻想的な雰囲気で最後までいけばいいのに…と思う。それと日本舞踊は静止力も勝負なのか?とボレロを観て思った。あの静止は色んな意味でドキドキ。

SH。ラストのベタな台詞に驚愕。一番の宝物を見つけたから僕は盗人を…って、何だよ、それ。この究極のベタさは狙ったモノだと思いたい。児玉作品の救いようのない軽さは作風と片付けていいんでしょうか。フィナーレは結構好きだから、児玉先生はショーを中心に作ればいいのに…。そういえば、花組時代のあすかは華はあるけど品はないという極端な印象だったけど、今回は抑え目の役作りで好印象。そしてフィナーレでの礼音の見栄えの良さったらないね。また、その横で踊るしぃちゃんは本当に素敵だ…(エロ)。

以下、百花沙里さんの感想。
さくら。冒頭の桜花の美女と最後ボレロの桜の女は群舞。とにかく着物姿で優雅な仕草ができて、更にそれが美しい…というだけで価値のある事だと思うのです。そんな百花沙里さん。綺麗。素敵。三人官女は上級生特権なのかとても良い役。柄杓持ってゆらゆらしたり内裏様に絡んだりキャーとか言ったり…(役柄を書いているだけでも百花さんに似合いそう)。姫に逃げられたお内裏様は美人で明るくドヂっ子風味なモモ官女を後妻にすればいいのに(勝手な妄想)。花見の女は台詞やらソロがあってこれも良い役。でも何年応援してても、未だに百花さんがソロで歌ったりするとドキドキしてしまうよ。もう立派な上級生なのにね。
SH。今回の通し役はストリートミュージシャン(女)になるのかな。マラカス持って弾けてますが、いきなりあの登場には吃驚(←研14でこの役って何だよって意味で)。但し、最後にはきちんと意味のある役割が振られている事が分かって安堵安堵。舞台上の衣装で普通のスーツというのも余りないので、その姿は貴重なのかも。結構デキル女に見えますよ。次はカーニバルの女。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! ダルマ! 研14にしてダルマ! ダルマ! 客席通って銀橋の上で踊ります。何年経っても彼女のダルマはエロさがなくて健康的で清々しい(褒め言葉)。邪念なく素直に楽しんでいいんだね…という気がして(←邪念を持つ方がおかしい)、ホッと安心できるダルマ姿。フィナーレの女は青いドレスで大階段上から登場。今回の公演で外見的に一番綺麗なのはココだと思う。あ、いや、単に好みの問題かも知れないけど。ここの百花さんを見ると、彼女は本当に美しい人だな…と改めて思う(何故か時々忘れる)。今回は目元のメイクが多少強めに描かれているけど、これはこれで綺麗だね。パレードは下手大階段から登場。羽根背負って明るく踊っているから、たとえ遠くても楽しさが伝わってきていいと思います。

あ、相変わらず取り止めがない…。次回、もう少し、書きます。
2007.05.26 Comment:0 | TrackBack:0
皇居見学に行ってみました。特に右寄りな思想は持ってませんよ。

皇居というと江戸城跡ですよ。
東御苑は普段も一般公開してるけど、予約をすると、更に「元枢密院庁舎」「富士見櫓」「宮内庁庁舎」「宮殿」…その他諸々を見学をすることが可能です。ガイドもしてくれます。

※同行したパンタロンが宮内庁前で記念撮影しました。

普段見られないモノを見ると、それだけで楽しい気がします。
たとえ東御苑内にある、忠臣蔵で有名な「松の廊下跡」にガッカリしてもそれはそれで楽しいです。
あと皇居内は警官ばっかりでした。実はパンタロンも見張られてます(右端で切れてるのは警備の人)。警備が厳しいのは、撮影者(私)の行動が怪しいからではないはずです。
それなりに歴史のある場所だし、東京観光の一環で見学するのもいいと思いますよ。何せタダだし。にしても、平日しかやってないのが難点ですが…(勤め人には厳しい)。
2007.05.24 Comment:0 | TrackBack:0
紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『Romeo&Juliet』観劇。

若いな…。いや、本当に初々しい。今回、倉田さんは「passion」をポイントに据えて演出をしたらしいけど、正に熱々ですよ、彼らは。既にその若さに付いていけない感がある私ですが、まぁいいのですよ、情熱があれば何だって(←と、テキトーな言葉でお茶を濁す例)。実際、ロミオとジュリエットの年齢を考えたら、この舞台はこれで正解の一つとして成立しそうな気もします。
序でに、今日はロザラインが扇、ジュリエットは秘薬を落としてました。流れが途切れなかったからまだいいけど、そんなハプニングは観ている側もドキドキですよ。

以下役者の感想。本日はSighoriチーム。
山崎ロレンスは色んな意味で頼り甲斐がある。周囲が若手だからこそ彼の存在が更に活きていた。ちゃんと若さを受け止め切っているよね(ロレンスとしても先輩の役者としても)。そして言葉に説得力があるから、台詞が上滑りにならない。当たり前の事だけど、シェイクスピアの膨大な台詞にはとても大切な事だと思いますよ。
このチームが若さ溢れて見える最大の原因は荒木ロミオ。全体的に善し悪しはあるけど、荒削り且つ勢いのある演技がロミオの情熱に嵌っているのかも知れない。あと彼の駄洒落は下らなくて可笑しい。松本ジュリエットは若いし可愛いし、悪くはないのだけれど、想像通りで意外性がないというか…。高根ティボルトは強そうでロミオなんか片手で捻ってしまいそう(でも負けた)。そしてティボルトの従者達(奥田、岩崎、寺岡)も黒くて物凄く強そう。倉本乳母はあの役作りならあの乳母を憎める…もう笑わないで下さい。吉田バルサザーは精悍な従者だな…と思ったのだけど最近必然性なく吉田君を褒めてしまいたくなる病なので今回は自重。それは舞踏会の女の舟見君にも当て嵌まるのでコチラも自重(でも綺麗でした)。

本日はトーク付き。「愛と憎しみについて」というお題。難しすぎて誰も真面に答えられてなかったのは仕方ないか。覚えている内容を簡単に書いてみる。下井君はモンタギュー夫人はなぜ最後まで生きているのか…と原作との違いを疑問に思う。牧島君はロミオとモンタギューの関係を自分と父親との関係に置き換えて役作りをした。倉本さんは「憎しみは憎しみを呼び、愛は愛を呼ぶ」というドコかで聞いたような名言を。船戸君はキャピュレットは「イタリア男」というイメージで作った。林さんは稽古場で色んなタイプのキャピュレット夫人を演じてみて役を掘り下げた。今は感情の向く方向性に気をつけて演じている。

両チームを観て思うのは、仮にロレンス神父の配役が入れ替わってたら躊躇いなくErbeチームを推すということ。山崎さんの力は偉大だね。ま、とか言って、それがなくてもErbeチームの方が好きだという結論ですが。
2007.05.20 Comment:0 | TrackBack:0
湯川潮音の話(其の七)。

そろそろシオーネのカテゴリを作っていい頃かな。二桁になったら作ろう。

音楽サイト「BARKS」で「三本の木ツアー@恵比寿リキッドルーム」のライブ映像配信中
ライブ中も思ったけど、やはり「裸の王様」最高。早速リンクメモしとかねば…と思ってこれを書いているけれど、期間限定だから余り意味ないか…。そんな時はポチっと保存ですね。そんで、演奏終盤のシオーネの満足気な表情がこの演奏の素晴らしさを物語っているような気がしますね(→自信過剰な人は好きじゃないけど、したり顔は好きなのです)。

「知らない顔」⇒ http://www.barks.jp/watch/?id=1000018229
「蝋燭を灯して」⇒ http://www.barks.jp/watch/?id=1000018230
「キルト」⇒ http://www.barks.jp/watch/?id=1000018231
「裸の王様」⇒ http://www.barks.jp/watch/?id=1000018232

あー、この歌声を聴きながら日本酒を呑むのだ…(最高だろうと想像中)。
2007.05.18 Comment:0 | TrackBack:0
紀伊國屋ホールにてスタジオライフ『Romeo&Juliet』観劇。

(もし再演されたら困るけど…)思った以上に面白い舞台でした。ただ私は「夏の世の夢」が苦手だったので、観劇前の期待度は相当低かった…という前提ではありますが。それでも奇を衒わず正統的にロミジュリを料理していて、時代掛かった雰囲気もライフには似合うし、下手な小細工をしないからこそ素直に物語を受け入れられたのではないかと思います。
それから、比重は少ないながらも意外に登場人物が多く、各劇団員の演技が見られたのも良かった点。また鬘や衣装が、数年前から比べても格段の進歩をしていると改めて実感(←舟見ジュリエットなんて特に)。更にシンプルな衣装を着ると、スタジオライフ劇団員のスタイルの良さを改めて感じ、みんな格好良いじゃないかーヽ( ´ー`)ノと妙に嬉しくなりました。

以下役者の感想。本日はErbeチーム。
舟見ジュリエット。うむ、やはり舟見君はいい女優だな…(男だけど)。彼に関して言えば、立て続けに主役級を演じていても見飽きない。それは単に好きな役者に対する贔屓目であるかも知れないけれど、ま、好みは人夫々だから別にいいよね…。舟見ジュリエットは確かに死を覚悟できる強い意志があるように見えるんだよね。観客側はその想いに感心する…というかその気持ちに打たれてしまう。そしてとにかく恋する少女の可愛いさと美しさが存分に出てた。余りに綺麗で何だか逆に吃驚しました。
岩崎ロミオは若者の移り気な熱意みたいなモノが感じられて良かったと思う(←演じているのか素なのか分からないけど)。船戸モンタギューは気が違った辺りのあの手の付けられない傲慢っぽさが上手い。林モンタギュー夫人はサスガの安定感。寺岡パリスはたとえタイツだろうと何だろうと在りようが格好良い。石飛乳母はどうしてか憎めないキャラ。奥田ティボルトは岩崎ロミオに負けるハズがないと思わせる程に本気で強そう…(でも負けた)。坂本マキューシオは下世話(下品?)な性格をきちんと処理していて外部の役者らしい仕上がり…。吉田ロザラインはいるだけなのに綺麗。三上バルサザーは三上君の男性役が新鮮な上に美少年でつい見惚れてしまった。河内ロレンス、今回の主宰は言うほど悪くないと思うよ。

ということで、このチームならもう一回観てもいいかも…という気になりました。Sighoriチームも同じ感想が出るといいんだけど。ま、何にせよ、楽しみです。
そう言えば、今回は第9期のフレッシュ達が物販やモギリをやってました。見慣れない青年を見ると妙に格好良く見えるのは何でだろう。でもこの中で数年後まで残るのは何人か…とも思ってしまったので、末永く頑張って欲しいです。
2007.05.12 Comment:0 | TrackBack:0
あら、全く更新してませんね。最近のトピックスを纏めて書いてみます。

▼ 連休中は風邪を引いてました。咳と洟が邪魔でした。
▼ メイドという隠れ蓑を纏った森薫著『エマ』という秀作に心躍った連休。
▼ 何故だか花組公演を再び観ましたよ。
▼ 街で出会った星奈優里さんの態度が余りに酷くてファンをやめた…という夢をみたんだけど、どんな深層心理だろう。きっと振込をしていない焦りだと推測。
▼ そんで優里さん、一日警察署長でパレードしたのですか? 誰かのピンチヒッター? こういう時こそ電話連絡が必要だと思うんですよ>TCA様。行ったら手ぐらい振ったのに(タブン)。
▼ 夏川頁では50の質問で遊んだ。完全に暇潰しだけど、夏川ファンっぽい自分を再発見して妙に面白い。これは小西頁にも応用できそうな悪寒。しないけど。
▼ う…、またしても夏川さんが仕事をしなくなった…。
▼ え…、どうしてか小西さんも仕事をしなくなった…。
▼ あ…、高瀬部長が落ち込んでいる…>タモリのカレーを食べた、作った。次があるよ、部長!
▼ シオーネの歌声はなぜこうも日本酒に合うのか…という素朴な疑問。
▼ 遂に「ちょろぎ」の漬物を食べた。何故あの植物はあんな芋虫みたいな外観に成長するのだろう。謎々。
▼ 『あろいなたべた 吉祥寺店』を全力で応援したい。潰れたら困るから。タイ(゚д゚)ウマウマ。
▼ 先日、酔っ払った時に書いた文章を見つけたんですが、改めて読むと正に赤面の恥ずかしさ。こんなもんじゃないです。…で、酔った勢いで書いたメールの返事を読みました。恥ずかしい。テキトーなコトを書いてゴメンナサイ。反省してます。許して下さい。

うむ…、総じて面白味のない日々だった…というコトですね。ま、こんなもんか。


以下、最近観た面白い映画等(→感想)
マイク・バーカー監督『理想の女(ひと)』
リュック・ベッソン監督『アンジェラ』
マーティン・キャンベル監督『レジェンド・オブ・ゾロ』
クリスチャン・カリオン監督『戦場のアリア』
ユン・イノ監督『僕が9歳だったころ』
芳生昌之演出『やっぱり猫が好き2007』
小林常夫監督『英國戀物語エマ』
荻上直子監督『かもめ食堂』
森田芳光『間宮兄弟』
松田秀知監督『MBO』
2007.05.09 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。