シアターXにてスタジオライフ『孤児のミューズたち』観劇。

ずっと「孤独のミューズたち」だと思ってました。まだ間違えそう。
デイジー初演以来、三年半振りのThe Other Life…。間隔あき過ぎ。でも本公演とは別にこういう機会があるというのは役者にも観客にも良い事だと思うので、今後も是非続けて欲しいです。

今回は母親不在の四人兄妹が復活祭に実家に集い、積年の蟠りを拭っていく話。同じ原作者の「LILIES」よりは「Happy Families」の方が雰囲気は近い気がする。つまり明るくない家族の物語という意味での繋がり。そして私はこの物語自体に全く入り込めなくて(共感できなくて)、かなり他人事な視点で観てました。まぁ、舞台上の話なんだから他人事であるのが当然なんだけど。四兄妹達はあの二日間で確かに何かしらの変化を得たんだけど、その変化が明瞭なようでいて不確実。だからどうした!?…と終演後つい口に出してしまいそうだった(←私の理解力が足りないというのは重々承知してます)。

以下、役者の話。本日はborneチーム。
楢原カトリーヌはそこら辺によくいそうな中年女性。35歳の設定にしては老け過ぎている気もするけど、それは母親失踪以降の苦労の表れなのかな。煙草を吸う姿がどこかアンバランスな気がして、もしそんな所も役作りだとしたら、楢原さんはスゴイな…と思う。林イザベルは頭が足りないようには見えない。会話も淀みないし、言葉を知らないだけで差別されているという設定なのか。林さんの女性役はとにかく綺麗。綺麗過ぎて一幕終わりはホラー劇かと思ったよ(怖くて)。でも物語の鍵を握る役だけに、目を引くのはとても良い事だと思う。小野リュックは歌が確実に上手くないよね…。彼が歌い出すとドキドキしてしまう。でも観劇中は全体的に拙いと思った小野リュックも、思い返してみれば結構健闘していたのではないかと思う。倉本マルティーヌは自分ウケをしなければ、やはりそれなりに真面な役者だと思った。つまり彼はコメディ劇は出演NGということで結論付けてみよう。

今日はトーク付。
司会は何故か倉田さん。林さんは子供の頃の自分とイザベルを重ねて、それを取っ掛かりにして役作りをした。あと稽古場がいつもと違って静かで集中できたとか。小野君はリュックと自分との共通点を探っていった。パエリア食べた話と姉達に女装をさせられた話。楢原さんはフリートークが苦手。久々の女性役。ファンの人に知り合いのおばちゃんに似てると言われた等。倉本さんは人物像だけを考えると手も足も出ない状態だったけど、稽古場で作り上げていく段階ではそれほど苦労はしなかった…等。
2007.07.30 Comment:0 | TrackBack:0
スペースゼロにてリリパットアーミーII『夜の姉妹』観劇。

曽世さん絡みで久々のリリパ。当日は甲斐さんと寺岡君も観劇。
十八番の男女逆転劇だけど私は初めて。最初はムズ痒い感じもするけど、徐々に馴れていく感覚も面白い。ライフを見慣れたせいか、男優陣に関しては違和感が余りない。
ヨーロッパのバーデン大公国に流れる哀しい血筋の物語…なのだけど、何となくスタジオライフの舞台みたいだった。感覚的にライフの雰囲気。もしこの話を倉田さんが演出したら面白そうだと想像してみた。そして中盤の爆笑から終盤のシリアス路線への変化が上手い。こういう両極の感覚を一つの芝居で得られる事は「満足感」に直結し易いのかも知れない(←きっとそれを意識して書かれた脚本だとは思うけど)。

役者の話も少し。曽世マルガレーテは大きい。ただ時々ライフでも女性役を演っているだけに、仕草等に違和感はない。哀しみを秘めた育ちの良い令嬢(淑女)らしさは出ていた。コング桑田さんは出ているだけで場が和む。凄い力の持ち主だ。大好きだ、大好きだ、大好き…(エンドレス)。朝深アンナから流れるオバサンっぽさ。美津乃カールは終盤が良い。運命を受け入れた後は覚悟のようなものさえ感じられる王子。生田デュマの小心者的な雰囲気はうまいね。

にしても、このリリパ観劇で一番後悔しているコトは、何故かパンフレットを買ってしまった事…。今後、場の空気に流される…というのは是非止めたいと思います。
2007.07.27 Comment:0 | TrackBack:0
スゴイ! スゴイ! 百花沙里さん、スゴイ!
葉書一枚で私が気にしていたコトの解をくれたよ!
スゲ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
モモさん、大好きさーーヽ( ゚∀゚)/!!!!

…と、感嘆符を多用すると、どんな文章でも昂奮してみえますよね(→頭悪そうでもありますね)。


以下、最近観た面白い映画やドラマや舞台(感想はコッチ)。
改めて題名見ると、玉石混淆な気もしなくもなく…。ちょっと基準が甘過ぎなのか…。

ジェームズ・マクティーグ監督『Vフォー・ヴェンデッタ』
アレクサンドル・ロゴシュキン監督『ククーシュカ ラップランドの妖精』
ウェス・クレイヴン監督『パニック・フライト』
ジャン=ジャック・アノー監督『セブン・イヤーズ・イン・チベット』
クリス・コロンバス監督『RENT』
ピエール・モレル監督『アルティメット』
ゲイリー・マーシャル監督『プリティ・ヘレン』
テリー・ジョージ監督『ホテル・ルワンダ』
ゴア・ヴァービンスキー監督『パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト』
イ・ハン監督『青春漫画~僕らの恋愛シナリオ』
セドリック・クラピッシュ監督『ロシアン・ドールズ』
ジャン・サルディ監督『リトル・イタリーの恋』
スティーヴン・ポリアコフ監督『ナターシャの歌に』
ニキ・カーロ監督『クジラ島の少女』
生瀬勝久演出『橋を渡ったら泣け』
北野武監督『菊次郎の夏』
三池崇史監督『46億年の恋』
李相日監督『フラガール』
瀧本智行監督『樹の海』
黒土三男監督『蝉しぐれ』
堤幸彦監督『明日の記憶』
岡本喜八監督『助太刀屋助六』
山口雄大監督『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』
河毛俊作演出『わたしたちの教科書』
2007.07.26 Comment:0 | TrackBack:0
くるり『言葉はさんかく こころは四角』の発売日です。

なので、早速(意味なく特典DVD付を)買ってきましたよ。以下、「02:ウィーン5」について。
第一印象はオモシロイ曲だなぁ…と。時間が2:50と短いんだけど、曲の面白さで補ってるというか。振り幅の大きい曲だし、歌詞も抽象的だから、聴いていて想像が膨らむようで、ある意味ドラマチックソング。意味不明な言い方だけど、何かを掴みたいが為に何回も聴いてしまいたい気になるね。
岸田サリュの声は重なるのか重ならないのか分からない微妙な加減。それが不思議な陰影を作っていて、何だか面白く聴こえるのですよね。このデュエットで得られた効果が良いか悪いかは別にして、今迄のIlmari、櫻井和寿、森山直太朗、徳永英明、渡和久(敬称略)という面々とのコラボレーションとは、また全然違った形のデュエットが出来上がってて、それは凄くいいなぁ…と思った。Salyuの持つ可能性がまだまだ幅広くあるであろう…と思えたコトを含めて。

こういう新曲を聴くと、Salyu単独の新曲も聴きたくなるね。夏フェスで新アルバムの製作に入ったとか何とかって発言もあったようなので、まぁ、とにかく今はのんびり待つしかないよねぇ…。
2007.07.25 Comment:0 | TrackBack:0
以下、何もない日常の報告です。

喫茶去主催の高鈴のライブに行きました。もうすぐ感想を書きます。

某ネット銀行のパスワードを変更したら、まんまと忘れた。深夜の記憶が飛んでる。老化。うーん、あの時、自分は「忘れないだろう!」という確信の下、どんなパスワードを設定したんだろう…。

サイトの性質上、某巨大掲示板に自分の名前が載るコトも時々あるようで、それもどうしたもんだろうな…と少しは思うのだけど、それよりも小郷さんの日記に自分の名前が出ていたのを見た時の方が衝撃が強かったよ。何でだろうね。でも私もお会いしたかったですよ。心から。

で、心から、という言葉を使うと、その文章自体が嘘っぽくなるなぁ…と最近よく思う。普段、私と話をする人達は私の言うコトを全然信用してくれません。

密造酒の話
は違法なので詳しく書きませんが、彼らが発酵する様を眺めるのは楽しかったです。

ある日、どうしてだか『V FOR VENDETTA』が気になって気になって仕方なくて、ついDVDを買ってしまったよ。勿論まだ観てないけど。『HELL BOY』も大好きだし、アメコミ大好き人間みたい。違うけど。にしても、「Remember, remember, the Fifth of November」とか、もう口癖になるかって程に口触りの良い言葉。ガイ・フォークの話も知らなかったし、勉強になる映画ではあるね…。

boys air choirの『In Paradisum』を聴いていて、彼らの名前でテキトーに検索してみたらこんなのが出てきた。…スゴイ…。ドイツって絵になるね。チャールズとトーマスの愛憎物語。五年後の二人だったら、腐女子は更に喜ぶと思う(推測)。

無性に『A-bike』が気になる今日この頃ですよ。5.7kgの折り畳み自転車だって。まぁ、買っても使わないんだろうけどね。でも香港の代理店経由なら、諭吉四枚強で買えるって(でも国際郵便だと時間掛かるかな…)。日本の代理店だと諭吉六枚弱らしい。うーん、こういうのは頻繁に旅行に行く人だったら重宝するんだろうな…。

中原俊監督『櫻の園』が同監督でリメイク、今夏上映予定という話。何とも失敗しそうな予感がするけど、主演は福田沙紀さんらしいです(…って誰だろう?)。にしても、この話を以前誰かとしたような気がするんだけど、相手が全く思い出せない。
2007.07.17 Comment:0 | TrackBack:0