上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …ナンダコレ!?

>Salyu ベストアルバムリリース&2009年 全国ホールツアー決定!!
>
>2008年11月26日に、Salyu待望のベストアルバム「Merkmal」のリリースが
>決定しました!
>尚、リリースに伴い2009年全国ツアー「Salyu Tour 2009 Merkmal」も決定!
>それに伴いアルバム購入者、Mail News会員限定でチケットの先行受付を行います。
>詳しくはSalyuオフィシャルページまで!
>(※TOURの詳細もオフィシャルサイトにて発表致します。)
>
>■2008.11.26リリース 
>「Merkmal」
>※収録曲は後日発表致します。
>
>*CDのみの通常盤に加え、初回盤2パターンのリリース!
>・通常盤 3,000yen(tax in)TFCC-86281「Tower」「プラットホーム」「to U(Salyu ver.)」 他 *収録曲・曲順未定
>
>・初回盤A CD+DVD
>【ライブDVD(2008.9.17 Motion Blue YOKOHAMA) 3,800yen(tax in)TFCC-86282
>
>・初回盤B 2CD
>【featuring楽曲盤CD : to U~Bank Band with Salyu / VALON~Ilmari × Salyu~ / Mirror feat. Salyu~WISE× Salyu~】他 3,800yen(tax in)TFCC-86283
>
>※初回盤に限りスペシャル招待ライブの応募券付き
>※「Salyu Tour 2009 Merkmal」 アルバム封入先行予約有り


この時期にベストアルバム発売&武道館ライブって…、意味分かんねっす…。
何か良くない予兆ですか?
スポンサーサイト
2008.09.20 Comment:0 | TrackBack:0
東京グローブ座にて『湯川潮音 "灰色とわたし"ツアー』。

シオーネのライブはワクワクするような場所(寺とか講堂とか劇場とか)が多くて、行くだけで楽しい。
東京グローブ座はジャニーズ事務所の持ち物として有名だけど、本当にジャニーさんの審査を通らないと使えない…らしい。とはいえ、さすがのシオーネはその関門をするりとクリアしたようです。

01:秘密
02:朝の賛歌
03:見つめてごらん
04:緑のアーチ
05:シェルブールの雨
06:しずくのカーテン
07:ひなげしの丘
08:As Tears Go By(The Rolling Stones)
09:風よ吹かないで
10:巻貝とわたし
11:二人の手紙
12:ネムネムの森
13:知らない顔
14:Voyage of the Moon~恋は月をめざして~
15:朝が終わる前の花
16:明日になれば
E1:The Water is Wide
E2:タイトル未定(新曲)
E3:9/20のキャロル

今回は夜明け前から宵までの一日の流れを、曲で表そうという試み。劇場というコトもあり、照明装置も本格的に使って、上手く表現できてたよ。そして正面席後方だったコトもあるけれど、大変観易かった。

ライブで初めて聴いた「12:ネムネムの森」はどよーんとしてて怖かったよー。いつも以上に「04:緑のアーチ」のアレンジがノリノリで、最初どの曲か分からなかった。「E2:タイトル未定」の新曲は、以前のシオーネからは考えられない…というような真っ直ぐで前向きな歌詞。最近のシオーネがそういう心境なのかな。そして、最近いつも言ってるなぁ…と思いつつ、今回も「16:明日になれば」と「06:しずくのカーテン」が良かったです。
あと最後の最後、即興で作った「E3:9/20のキャロル」にクラクラした。字余りでもあれだけ歌ってくれたら、満足度はかなり高いよ。歌の途中で「みなさんが聴いてくれる限り、死ぬまで歌い続けます!」というようなコトを、どうしてか宣言してたけど、でもファンとしては嬉しい宣言でした(アイドルとか演歌のコンサートみたい)。

今回のサポートメンバーは、”Sentimental City Romance”から中野督夫、告井延隆、細井豊のお三方。シオーネ曰く「3センチ」の方々。三人だけど当たり前のように幾つもの楽器を操る。スゲー。ベース・リズム系なかったけど、キーボード等でそれもカバー。懐深い演奏。そんな演奏に支えられてか、シオーネもいつも以上に楽しそう。

白いワンピースに花をつけたシオーネ。彼女の滑るコトを恐れないMCがスキ。とりあえず「言いたかったコトを言ってみた!」みたいな…ネ(←パクリ)。それから終演アナウンスまでシオーネがやってたよ(・ω・)ノシ。最後の最後まで可愛いねーとほのぼのしたライブでした。あー、満足満足。
2008.09.20 Comment:2 | TrackBack:0
モーション・ブルー・ヨコハマにて『Salyu "my whereabouts"-2nd stage-』。

「今夜の気分はどう?」というSalyuの言葉で始まった、約1年半振りの単独ライブ。
チケットも取れず完全に諦めてたのだけど、前日に会場扱いのキャンセル権を手に入れて、棚ボタ的に行けるコトになりました。最後の方でも書くけど、やはりSalyuはフツーのソロライブをやるべきだよ。贅沢空間でのライブは嬉しいけど、もっと多くの人にライブに参加する機会を作るべきだよなぁ…。

01:アラベスク
02:光りの束
03:name
04:双曲線
05:再生
06:夜の海 遠い出会いに
07:landmark
08:be there
09:heartquake
10:砂
11:VALON-1
E1:to U(Salyu ver.)
E2:WHEREABOUTS ~for Anthony~

以上セットリスト。各所からゴチャマゼ。MCも殆どなくノンストップ感のあるライブ。ひたすら歌うSalyuと、ひたすら聴き惚れる聴衆。
「01:アラベスク」は所々で英語っぽく聞こえるんだけど、流れるような歌声でよく分かりません…。普段余り聴かないからか「09:heartquake」が妙に懐かしい。久々にナマで聴いた大好きな「10:砂」は本当に本当に切ない曲だー。
今回の神曲は「05:再生」と「11:VALON-1」。「再生」は元々大好きなので、詞が暗い割にはウットリしながら聴いてしまった。めくるめくダークサリュの世界…つまりリリイっぽい(・ω・)? でもあのアレンジを否定する気は毛頭ないけど、最後までSalyuの歌声で聴きたかったよー。そして「VALON-1」を最後に持ってきたのは大正解。Salyuの生きた声で聴く「VALON-1」は曲として別格。ライブ特有の例のアレンジも聴けて、一気に満足度が上がりましたよ。

サポートメンバーはSunny(キーボード)、北田万紀(ベース)、白根賢一(ドラム)、名越由貴夫(ギター)。ロビン(チェロ)、ヒロコ(コーラス)。ロビンはSalyuが見に行ったライブの出演者で、是非一緒に!とお願いしたらしい。ヒロコはSalyuが行った友人の結婚式で同じくお祝いパフォーマンスをしている姿に興味を持ってスカウト。ただ私はSalyuの歌にコーラスは不要だと思っていて、もしあるならSalyuの声を邪魔しないSunny氏みたいな声がいいなぁ…と思うのだが…。まぁ、彼らの参加によって、普段とは一味違う雰囲気になったのは事実なんだけどね。特にロビンのチェロはステキだったよー!

そんでSalyuの様子は…、長くなった髪を天辺でお団子に纏め、上半身はスパンコール、スカートは黒、腕に星の模様をつけてました。うん、やっぱり間近で観ると痩せたよね。「name」の演奏を飛ばしてしまいそうになったり、横浜コスモワールド&絶叫系マシンでの恐怖体験を語ったりして、相変わらずほのぼのとした雰囲気。客席の間をぬって登場したので、中には握手やハイタッチをしている観客もいた模様。近いね。私は…一番近いときで2mぐらいかなぁ…。

…というコトで、贅沢過ぎるほど贅沢な時間でした。少しの不満は下に書くとして、あの場所あの時間だったからこそ演奏したであろう曲も多くて、それを聴けた自分は本当に幸運だったなぁ…と思います。次回がいつあるか知らないけれど、今度は気軽に行けるライブだといいなー。


---------------------------------------------------------------------------------------

以下、軽く苦言を呈しますよ。

・2ndの開演&終演時間が有り得ない。モタモタしてたら確実に終電がなくなる。案の定…、JR横浜線\(^o^)/オワタ!
・会計が終演後だけなのも有り得ない。モタモタしてたら…(以下略)。
・キャパ狭すぎ。食事なしで倍、スタンディングで更に倍…の人数が聴けると考えると、あの形式でやる必要性ゼロ。開演までチケットを求めてた人達のことを考えると…ね。そもそも私だって前日夕方までは泣いて諦めてたワケだし…(それは嘘だが)。
・オレ、大したサービスもしないのに奉仕料を取る店はキライ。
2008.09.18 Comment:2 | TrackBack:0
広島旅行記。2008/9/11-14。

○東京~岡山。のぞみ53号。新幹線の中が暇過ぎて飽きた。エリザベートを聴いて凌ぐ。
○平和町のオサレ居酒屋(店名失念)。お洒落なんだけど、お洒落過ぎて量が少なく味も普通。
○セントラルホテル岡山。駅からやや遠いが値段相応。上階でやや景色が綺麗。

○岡山~尾道。JR山陽本線。鈍行。車内に虫が一杯。逃げまくる。楽しい。
○朱華園。ラーメン。美味しいとは思うが…(略)。焼きそば食べれば良かったかも。
○千光寺山ロープウェイ。短いけど楽しい。知らない人に話し掛けられる。旅先ならでは。
○西国三十三ヶ所観音堂。結構絶景。売り子のおばさん商売っ気たっぷり。だけど良い声。
○尾道~因島。重井港に着くも何もなくて途方に暮れる。潮風と無人島ライフを楽しむ(人住んでるけど)。
○因島~尾道。することないからとっとと尾道に戻る。
○ミスド尾道店。疲れたからティータイム。
○尾道~広島。JR山陽本線。田舎町を疾走。建設中っぽい橋が凄かった。
○グリーンリッチホテル広島。二泊。駅前で新しくて綺麗。値段相応。
○すし亭光町店。寿司寿司。対面なのに安くてウマイ。味噌汁除き大満足。東京にも出店してくれ。

○広島~宮島口。JR山陽本線。朝から人いっぱい。
○宮島口~宮島。JR西日本宮島フェリー。噂の大鳥居、船が寄って海から見えた。
○厳島神社。干潮で潮が引いた。故にフツーの神社。海に下りたら鳥居に触れられた。鹿いっぱい。
○宮島水族館。こじんまり。
○豊国神社本殿(千畳閣)。金払ってゴロ寝。
○揚げもみじ饅頭、穴子丼を食べる。牡蠣は自粛。
○宮島~宮島口~広島。夕立ちに掠る。
○広島~原爆ドーム前。広島電鉄市内線。相変わらず夕立中。
○平和記念公園。雨ザーザー。厳粛。
○みっちゃん新幹線口店。牡蠣入り。ウマウマウマウマウマウマ。一枚ペロリ。東京にも出店してくれ。

○広島~呉。JR呉線。海が近いよ。
○海上自衛隊呉地方総監部。自衛官に案内して貰う。総監を見えなくなるまで見送るんだって。へー。
○アレイからすこじま公園。歩いた…。潜水艦がイタッ!
○サブマリン。イタリアン。パスタかなんかのセット。普通。
○海上自衛隊呉基地(Fバース)。遂に潜入。…が、台風のせいか不審船のせいか護衛艦乗船できず…。無念。代わりに潜水艦見せてくれた。艦がデカイ。圧倒。
○海上自衛隊呉資料館。潜水艦型資料館。
○大和ミュージアム。
○呉~広島~東京。疲れた。たこ飯弁当旨かった。

海が近いと飯が旨いのだろうか。食事が楽しければ、旅は大体楽しいね。
2008.09.14 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。