上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』を観ましたよ。

もうさ、公開劇場が少な過ぎてどうしようかと思ったよ。東京でさえ惨憺たる状況なんだから、他の都市はどうなんの…って感じ。第2弾でここまで配給に力を入れて貰えてないと、第3弾は公開すらしてくれないんじゃないかという危惧もありつつ…、うぎゃー、そんなのイヤだよー。

ストーリーは、妖精族の王子が人間の傲慢さに憤り、旧時代の不戦の誓いを反故にして人間達に戦いを挑んでくるが…という話。

うん、期待通りなんだけど、やっぱり面白かったよ。デル・トロ作品への評価が滅法甘い私が言っても説得力ないけどさ、でも本当に面白かった。脚本も明快で軽快で楽しいのだけれど、重厚で考えさせられる部分も忘れずに入っていて。さすがに主人公が"地獄男子"だと、ヒーロー視点のような強烈な真っ直ぐさではなくて、ちょっと斜めから見たような描き方なのかね。

そしてヘルボーイシリーズは各キャラクタを愛でる作品だということを再認識したよ。もう、ヘルボーイもリズもエイブも、ヨハンもマニングも…みんな可愛いったらありゃしない。そして敵役の王子ヌアダも王女ヌアダも、ちょっとしか出てこない死の天使でさえ、惚れ惚れしてしまう美しさ。他にもクリーチャー満載の市場があったりと、あー、ギレルモの創作力は相変わらず素晴らしいなぁ…。

まぁ、ということで、「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」が楽しい作品だってのは言わずもがななのですが、3rdがあってこその2ndだと思うので、是非是非、続編も撮って欲しいなぁ…と切に願う次第です。

<オフィシャルサイト>
http://www.hellboy.jp/
http://www.hellboymovie.com/
スポンサーサイト
2009.01.30 Comment:0 | TrackBack:0
ふ・ざ・け・ん・なーヽ(`Д´)ノ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あー、先行抽選で取った、Salyuの武道館チケットの座席が余りにも酷かったので、言葉遣いが悪くなりました。すんません。
いや、別に良席を期待してたワケじゃないからいいんだけど、うむー、それにしても…ね。
ま、いっか。のんびりと豆粒大のSalyuの歌声っていうかパフォーマンスを楽しみますよーヽ( ´ー`)ノ


…と、文句ばっか書いて終わるのも気持ちよくないですよね…。


『コルテオ~行列~』のPVが解禁されたようなので、SSTVで捕獲しましたよ。
早速、youtubeに上がってたので、貼っときましょうね。うん、良い曲。



ほほぅ、公式サイトと同様に黒髪サリュウでしたよ。
痩せた痩せたと言うのもなんですが、やっぱり細いなぁ…。2:30過ぎの水に沈むSalyuなんて、一瞬"サービスショットか?"と勘繰ってみたりみなかったり。全体的にはダークなのにふわふわというかあわあわというか…そんな感じのPV。あ、そして遂にサイは白骨化してしまったのかしらね…(・ω・)?
今回のPV監督は平野文子氏…なんですか? 後でちゃんと確認しますが、本当ならこの人みたい。YUKIと一緒に仕事をしているそうだけど、どんな繋がりでの製作なのかしらね。

そしてそして、思ったよりもサビで声張り上げてなかったよーヽ(・∀・)人(・∀・)ノヤッター
前半(1番?)なんてどっちかっていうと、優しくておとなしい歌い方だったさ。うーん、これはちょっとCDに期待しちゃいそうだ。ワクワク。
2009.01.28 Comment:9 | TrackBack:0
もうSalyuのベストはこれでいいかしらね…(・ω・)?

01:VALON-1
02:Dialogue(ダイアローグ)
03:行きたいところ
04:彗星
05:再生
06:Mirror feat. Salyu
07:iris~しあわせの箱~
08:DramaticIrony
09:landmark
10:回復する傷
11:飽和
12:飛べない翼
13:風に乗る船
14:to U
15:砂
16:Tower
17:VALON

知り合いにSalyuの音楽を紹介したいと常々思っていて、でもそんなに好きじゃない曲が入っている各アルバムを貸すのも躊躇われていて、じゃあテキトーに詰め合わせようか…と考えて早一年。
…で、さっき、5分で考えました。家に帰って使いたいので、貼っておきましょうね。でも曲数が多くてCD-Rに入らなそうだし、それに自分の趣味丸出しなのも少し気恥ずかしい。うーん、そんな具合で確実に再考の余地があるのが玉に瑕です。
2009.01.28 Comment:0 | TrackBack:0
シアターコクーンにてNODA・MAP第14回公演『パイパー』観劇。

立ち見も出る人気公演ですが、偶然にもチケットを頂きました。ありがとうございます。コクーンの二階席は初めてだったのだけれど、遠くて見づらいね。端っこ気味だったから見切れ寸前。こんなんじゃ横のバルコニー席なんて最悪だろう…と(コクーンに行く度に)思いますよ。

地球から居住地開発のため火星に降り立った人類。幸福感さえも数値化できる程の技術力を持ち、幸福を手助けする「パイパー」という存在もあったのだが、その後、火星での発展は途中で止まってしまい…という話。
なるほど、野田秀樹の芝居はやっぱり濃密だなぁ…。アドリブという遊びはあるんだろうけど、無駄で余分なスカスカな感覚は一切ないもんね。まぁ、創作物なんて本来こうあるべきなんだろうけど、ユルい創作物なんて世の中に一杯転がっているから、時々思い違いをしてしまいますね。

主演の宮沢りえ、松たか子は、テレビでも活躍している人なのに、舞台でもしっかり存在感があるんだね。しかも台詞量だって半端じゃないのに。…って、二人のように舞台キャリアがある人に対して言うのも失礼な話なのだけれど。あとはパイパー達を演じていたのはコンドルズなのかな?彼らもスゲーねー。火星の無重力さを表現するのに、人力で動きを緩めているのだけれど、その動きがかなり自然。演出の力もあるだろうけど、それを表現しているコンドルズも凄いって話ですね。

うーん、野田秀樹の凄さを書こうと思えばもっと書けそうだけど、ま、この辺で。野田芝居は久し振り…というか二回目だっけかね。確か一回目は小西さん絡みで『赤鬼』。難解というほど分かり難くもないし、確実に引き込まれる力はあるのに、何故か敬遠してしまいますね。単にチケットが高くて取りづらいからかな…。ま、また何かしらの機会があれば、行きたいもんですね。
2009.01.10 Comment:0 | TrackBack:0
ここをご覧の皆さま、今年もどうぞよろしくね。
新宿コマの感想が2009年最初の投稿ですが、後で日付を入り繰りしたらこれが年初になると思うので、先ずはご挨拶から初めてみました。

大晦日は当然のようにテレビ東京『ジルベスターコンサート』を観ていたんですが、なんと、あの番組、カウントダウンに失敗しちゃったよーヽ( ´ー`)ノ
年始早々バカじゃないのーΣ(゚д゚lll)!?…と唖然としつつ、大笑いしたのは言うまでもありません。が、長年観ていてあそこまで明らかに失敗したの初めてだよねー。いやー、無理矢理に曲を終わらすなっちゅーの。あー、あれこそ生放送の醍醐味だよねぇ…。とはいえ、勿論今年の大晦日も観ますよ。

昨年はエンタメ記録を半分もアップできなかったので、今年はその負債をコツコツと返していきたいなぁ…と思っているんですが、去年も同じコトを思っていた気がするので、やっぱり無理かもしれません。だってもう内容忘れているのが殆どだもんねー>特に宝塚関係。…なので、今年は一行でもいいので、出来るだけ早くエンタメ感想を上げる方向で進めてみたいと思います。

ま、出来るといいなぁ…ぐらいの心持ちですが。

Salyuのテレビ番宣感想もちょこちょこ書いていたんだけど、上げるのが遅くなりました。まだ観ていない番組も何本かあるので、今月中にオタっぽい記事が上がるかも…。ふむー。「コルテオ」は良い曲だと思ってるんだけど、テレビCMで使われているバージョンは歌い方が荒いので録り直してくれないかなぁ…と切実に思ってます。でも、この想いは届かないよねぇ…('・ω・`)

湯川潮音「妖精のうた」が名曲なので、ぜひ大勢の人に聴いて欲しいなぁ…と、YouTubeで聴いていたのだけど、ライブバージョンの方が全然良いなぁ…と思ったり…。あぁ、ファンの心理は微妙なものですね。

後は何だっけなぁ…。

流石にいい歳なので、酒量も少なくなってきてもう失敗しないだろう…と思っていた矢先、最後の忘年会で呑み過ぎてしまいました…。げふー。治り掛けていた風邪も悪化してしまい散々な年明けでした…。

まぁ、良い事も悪い事もあるのが世の常ですが、何にしても、良い事の方が多いと嬉しいよねぇ…。…なんて相変わらず甘い考えばっかりしてますが、こんなダラダラした文をここまで読んで下さった方、どうもありがとうヽ( ´ー`)ノ
2009.01.01 Comment:6 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。