吉祥寺STAR PINE'S CAFEにて『湯川潮音とロンサムストリングス』。

珍しく前売りを頑張ったので、シオーネが近すぎた。偶にはこういうのもいいねー。

01:Turn! Turn! Turn!
02:シャガール(仮)
03:朝が終わる前の花
04:ロンリー(新曲)
LS:バーレイコーン挽歌
05:妖精のうた
06:長い冬
07:緑のアーチ
08:ジプシー(新曲)
09:ひなげしの丘
10:港が見える丘 (by 平野愛子)
11:ハーレム
12:しずくのカーテン
13:レクイエム
LS:カンデラ
E1:キルト
E2:Take me home, country roads (by John Denver)

ほへー、面白いなぁ…。
セットリストは以上の通り。LS表記はロンサムの曲でシオーネはコーラスで参加です。ツーマンライブなのでやや変則的、シオーネ→ロンサム→シオーネ&ロンサムという構成。

私が思うシオーネの凄さの一つに、どんな環境でも自分の色を出せる…というか、色んな要素(影響)を取り込んで自分なりの新色を放出できる…という点があるのだけれど、今回もそんな感じ。新しいけど、やっぱりシオーネなんだよね。
新曲は2曲。「04:ロンリー」はロンサムの影響を受けた曲だそうで、自己ハーモニーを多用した摩訶不思議な曲。また 「07:ジプシー」は砂煙でも起きそうな異国情緒感があって耳残りのする曲。

「09:港が見える丘」や「E2:Take me home, country roads」等のカバー曲やツアーの環境でできた新曲を演ったりと、仲々に多彩な内容でした。シオーネが歌っていると、本当に時間がアッという間に過ぎてしまうね。本人も「終わりたくない」というような事を言っていたけれど、楽しい時間ほど体感時間は短いものなのね。

行けない4月カルザスライブの代わり…と思っていたけれど、こっちはこっちで楽しいライブでしたよ。
2009.03.27 Comment:0 | TrackBack:0
うむー。幾ら私が宝塚から遠ざかっているとはいえ、これは観たいなぁ…と思うのですよ。

> 『第9回 百花沙里 アットホーム サロンコンサート』
>
> 5月7日(木)/8日(金)
> ディナー18:45-20:00 , ショー20:00-20:45
> 宝塚大劇場横・宝塚ガーデンフィールズ内「イゾラベッラ オペレッタ ア タカラヅカ」
> 出演:(星組)百花沙里
> 料金:10,000円(お食事、1ドリンク代)

そもそも「百花沙里」という冠がついた公演なんて、最初で最後かも知れないしなぁ…。
うがー、しかし、何という、中途半端な時期なのか…。
どうすっぺよーヽ(`Д´)ノ
2009.03.23 Comment:0 | TrackBack:0