上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて花組『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-/EXCITER !! 』観劇。

まったく外伝って何なんだ…。ベルばら本体に頼りすぎて話が目茶苦茶。原作者があの原案を出したというのが理解不能なのだけど、こんないい加減な脚本で一つの舞台を作るなんて観客を馬鹿にしているとしか思えな…(以下略)。今宵一夜とか衛兵隊場面とかバスティーユっぽいトコロとか、出演者の熱演が分かるからこそ、尚、こんな阿呆な脚本を…と残念に思うのだよね。

なーんて、宝塚に言っても無駄なのだけど。
出演者に纏わる諸々のこと(ファン心理)を抜きにすると、そんなことばっかりに目がいってしまいますわ。

逆にショーは面白かったような…。典型的なオモシロイ部類の宝塚ショーという感じがして、これならディープファンも通い易かろう…などと思ったりして。若手達のファッション変遷も良かったし、あとは特にオープニングのボレロっぽい衣装の所で大階段から娘役が降りてくるのは格好良いなーと、ちょっと痺れた。
それと娘役で可愛くて舞台上で目に留まる人がいたのだが、あれは誰なのか…。フィナーレで下手袖カーテン前にいた人。ま、メモして終わるパターンですね。

で、千秋楽だったのですよ。
退団者が4名いて、嶺乃一真、聖花まい、紫陽レネ、日向燦の各氏。夫々の思いがこもった良い挨拶ばかりで、何にも関係がない私の心も少し揺れた。特に日向燦さんはユーモアある素敵な雰囲気を持ったジェンヌだったのね…とあの挨拶だけでも伝わってきましたよ。

…というか、来年の星組千秋楽に行きたくなってしまった…。オレ、モモさんのラストステージ観たいよー。最後の挨拶聞きたいよー。きっとヤフオクで大人買いするよー!


スポンサーサイト
2009.11.22 Comment:2 | TrackBack:0
東京厚生年金会館にて『レザネ・フォール~愛と幻影の巴里~』観劇。

ほぼ恒例となったOG公演。
今回も客席は大盛況。確実に需要があるということか。でもね、恒例といえるからこそ、あんまり記憶に残ってないのだよなぁ…。まぁそれは宝塚公演も同じなのだけど…。いや、違う、単に私の記憶力と熱意が欠如しているだけなのだろうけど。それと、優里さんからのメッセージもあったけど、やっぱり見切れ席は売るべきではないと思うよ(私は大丈夫だったけど)。

構成的には芝居よりレビューに比重がある感じで、まぁ、正直、芝居の必要性はよく分からなかったのだけど…。今迄とは趣向を変えたかったのかね。
内容は…、1920年頃のパリ、女性ばかりのレビュー小屋に一人の日本人男性が紛れ込んだことで起きたちょっとした波風を描いた作品。かの白井鐵造氏を絡めた話だったようだけど、私は言われるまで"白井クン"が誰なのか全然分かってませんでした…。
優里さんは踊り子の一人トラバーユで、同じく踊り子のエトワール(麻路さん)と同性同士ながら恋仲らしい。まぁ斬新。宝塚系の芝居では珍しい同性愛カップルね。いつもデコ出しで可愛かったのだけど、今一つ役設定を掴み切れなくてあんまり芝居に引き込まれなかったよ(私だけの問題かも知れないがだ)。トラバーユは常に何かしらに苛ついているような印象で、それが彼女の焦燥だとか何だかの心の細かい動きだっていうならそうなんだろうけど、それが余り心地よい雰囲気に捉えられなかったのだなぁ…。

レビュー部分は特に前回までとの違いは無かったかね。耳馴染みのあるパリ絡みの曲達が目の前を流れていった。で、そこで改めて思ったのだけど、優里さんが、とにかく本当に本当に優雅で美しいのだよね。私はこういう優里さんが頗る好きなのだなぁ…と実感したよ。嬉しい瞬間だ。

他の出演者の話もすると…、わたる君の役が意味不明だったのだけど、あれはレビュー小屋に住み着いた夢魔・魔物だってね。だから女主人には見えるという設定。ふーん、普通に観てたら、何も分からないけどね。でも妖しい雰囲気で格好良かった。そして相変わらずサエちゃんが可愛くて仕方なかったよー(ラブ)。ツレさんもいつも通り「奥様お手をどうぞ」なんかで会場を和ましてた。今回は白城あやかさんとマリコさんのご子息を誘ってたよ。

ま、何も書いてないけど、そんな感じ。
また来年もあるのかしらね。そうしたら、また行きますよ。
2009.11.21 Comment:0 | TrackBack:0
久し振りにシオーネの新しいアルバムが出るのです。
往年の名曲が揃うカバーアルバムなんだけど、私は知ってる曲が殆ど無いのです。無知無知。
でもジャケットが今迄になくとてもとても可愛いので貼ってみよう。


Sweet Children O'MineSweet Children O'Mine
湯川潮音

EMIミュージックジャパン 2009-12-09
売り上げランキング : 7110

Amazonで詳しく見る


なんて言うのは、ホントのような嘘のような…。
発売日を忘れるからメモしたかっただけなのです。

今年のクリスマスイブはシオーネのライブに行くのですよ。
年明けのツアーも行きたいよ。
忘れるから日程も貼っておこう。

>1月31日(日)@東京・九段会館
>open16:45 start 17:30
>チケット 前売 4,500円(全席指定)
>一般発売 12月5日(土)
2009.11.17 Comment:0 | TrackBack:0
とにかく驚いてしまいました。
ナマの舞台は退団後しか観ていませんが、それでも、なつめさんの凛々しいお姿は目に焼きついております。
大浦みずきさんのご冥福をお祈り致します。


…と、この続きに書くのも不謹慎かも知れませんが…、申し訳ない。

スリーエフで『一番くじ夏目友人帳~ニャンコ先生の徒然帳~』をやってきた話。
↓酔っ払いニャンコ先生を貰ってきましたよ。可愛いんでもう一回ぐらいやろうかしらね。
nyanco.jpg

<ニャンコ先生が活躍するウェブCM>
2009.11.16 Comment:0 | TrackBack:0
ゴ、ゴ━━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!!!!!
なんと! 百花沙里さんが退団するとな!

うへー、どーしたんだよ…。
理由を教えてくれー、理由をー!

仕事中に胸騒ぎがして公式サイトを開けばこの始末…(普段は集合日なんて気にも留めません)。
どーせお茶会行けないしなーとかってモモ会の更新を疎かにした報いをいま受けた気分です。
うむー、千秋楽も観られずに終わるんだろうなぁ…。

サヨウナラ、モモさん……(ノД`)・゜・

って、まだ退団してないので、最後まで変わらずぼんやりと見守るよ…。
ラストステージまで壮健なれ。


※以下追記。
不在がちのため気づくのが遅れましたが、百花さんから退団のご挨拶が届いておりました。
不精を極めたダメファンの私なんぞにまでご挨拶頂き、本当に感激です。ちょっと泣きそうです。
モモさま、関係者各位、有り難うございます。
2009.11.12 Comment:0 | TrackBack:0
シアターサンモールにてスタジオライフ『十二夜』観劇。

10/30βと11/6α観劇。
うわ…、オープニングで泣きそうになった。笠原、及川、曽世、山本、山崎…なんて面々が揃っている舞台は久し振りで、"あーこれが自分の好きだったライフだ…"などと考えていたら妙に感傷的になってしまった。もうこんな舞台は観られないのかな…と思うと尚更しみじみ。

「十二夜」は如何にもな大団円に安心できる、シェイクスピア作の安定した作品。懸念材料だった歌も前回'夏の夜.の夢'に比べたらカラオケ感は格段に低くなっていた。CDデビューとかのメリットはよく分からないけれど、基礎技術の向上という意味では良いことですね。世間的に通用するかは別にして、全体的に上手くなっていたような気がするよ。

珍しくどっちのチームも好きだった。
β組は若手中心だからか丁寧な印象。松本ヴァイオラの可愛らしさ。関戸セバスチャンの真っ直ぐさ。及川オリヴィアは長短あれど相変わらず。林マライアは女性の清濁。α組はベテラン揃いなのに何故か勢いがある。芳樹ヴァイオラは女性に見えない胡散臭さが…。コーラス隊が本当に鳩ぽかった。石飛マライアはデカイけどカワイイ。笠原サー・トービーは色んな意味で大きいな。舟見オリヴィアはここでも歌わないのか…。牧島アントーニオの純情さがほんのり好き。曽世オーシーノは壮健っぽい所が良い。

次回は「トーマの心臓」と「訪問者」か…。この連鎖公演って発想さえも懐かしい気がするね。違和感のある配役ではないようなので、最優先でそれなり満遍なく当たってちゃんと観られるといいなぁ…。

2009.11.06 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。