5月初旬から2ヶ月が経ちまして…。
最終的に「ぐるっとパス」で巡った場所一覧。

01.世田谷文学館
02.神代植物公園
03.江戸東京博物館
04.東京都現代美術館
05.下町風俗資料館
06.上野動物園
07.松岡美術館
08.東京都庭園美術館
09.国立科学博物館附属自然教育園
10.東京オペラシティアートギャラリー
11.NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
12.地下鉄博物館
13.葛西臨海水族園
14.ブリヂストン美術館
15.世田谷美術館
16.相田みつを美術館
17.東京国立近代美術館 フィルムセンター
18.三井記念美術館
19.国立西洋美術館
20.国立科学博物館
21.東京国立近代美術館
22.科学技術館

本当はお台場辺りも行きたかったのだけど、残念ながらタイムアップ。
まぁ、ほぼ週末のみで70箇所中22箇所だから、それなりに行けた方かね。

とりあえず、印象に残った場所の感想をテキトーに書くよ。

「01.世田谷文学館」で星新一展を観たいが為にぐるっとパスがスタート。ホシヅルストラップもゲットしたのですよ。東京都民として東京(江戸)がどのように成立しているのか…というのを知る事が出来たという意味で「03.江戸東京博物館」は面白かった。「07.松岡美術館」は金持ちの特性を最初に思い知った場所。エジプト文明から印象派絵画まで金があれば何でも揃えられる。エジプト猫が可愛いかった。「08.東京都庭園美術館」はソビエト連邦自体に活躍したステンベルク兄弟を中心とした展覧会を開催。展覧会代が高くてお得感有り。「11.NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]」は未来志向の体験型展示品が楽しい。今回一番印象に残ったのは「14.ブリヂストン美術館」かも。訪問者は少ないのに展示している作品は豪勢そのもの。ルノワールだってピカソだってゴッホだって普通に展示されてるからね。タダならまた行きたい。日本橋に在る「18.三井記念美術館」は建物自体が豪華。あの無駄に絢爛なエレベータだけでも話のネタになりそう。幸か不幸か「19.国立西洋美術館」は無料開放日。月に二回あるんだって。ポール・ギュスターヴ・ドレヴィルヘルム・ハンマースホイの絵画が印象に残る。二人とも違った方向性ながら独特の空気感を醸している所が大層格好良い。

まぁこんな感じか。

「ぐるっとパス」は無料入場じゃなくて割引入場の場所もあるので、お得かどうかは判断が分かれるところだけれど、とりあえず芸術鑑賞初心者組の私にとっては有意義な二ヶ月間でしたよ。
前々から富豪の役割というか存在意義は色んな意味で散財する(金を配る)ことだろうと思っていたんだけど、日本でもそれは有効なのかも…と改めて思いましたよ。松岡美術館やブリヂストン美術館なんかの私設美術館を巡ると、こんなモノがこんな場所にコッソリ展示されているのか(;゚д゚) !?と何度か驚きました。惜しむらくはそういう事が全く周知されてないコトなんだけど…。まぁそういうモノを気軽に観ることが出来るという意味でも「ぐるっとパス」は役に立ったと思います。

機会があれば是非どうぞヽ( ´ー`)ノ
2010.06.30 Comment:0 | TrackBack:0
湯川潮音『Ruby』。
mother期間限定セレクトショップで販売。300枚限定(無謀)。

ruby-g.jpg

昼休みに電車乗って買ってきた。暑かったよ。
でも思った以上に曲が良かったので満足満足。
これで『Cycle』辺りがカップリングで入ってたら、更に幸せだったのだけどね。
まぁいいか。
新しいオリジナルアルバム、更に期待してしまうね。

※3日間で完売した模様。

------------------------------------------------------

久し振りのワンマンライブも先行でチケット確保できたので行くよー。
明日館。楽しみ楽しみ(・∀・)ノシ

『湯川潮音ワンマンライブ』
東京公演 9月1日(水) 
自由学園 明日館(重要文化財)
18:30 open/ 19:00 start
2010.06.22 Comment:0 | TrackBack:0
Salyuのボイストレーナーである、安ますみ氏の本。
帯にSalyuがいた。実践者?

おじぎ呼吸ダイエットおじぎ呼吸ダイエット
安 ますみ
朝日新聞出版 2010-06-18
売り上げランキング : 3826
Amazonで詳しく見る


あと、こっちもメモがてら貼る。長いタイトル。
今度レンタルしてこようか。どうしようか。

Life is beautiful feat. キヨサク from MONGOL800, Salyu. SHOCK EYE from 湘南乃風Life is beautiful feat. キヨサク from MONGOL800, Salyu. SHOCK EYE from 湘南乃風
Miss Monday キヨサク YU-A kj Salyu 森山直太朗 SHOCK EYE PES



Youtubeにもちょっとだけあるのだが…。
そんなに興味をそそられるワケではないのが…(以下略)。

2010.06.21 Comment:0 | TrackBack:0
ビルボードライブ東京にて『Salyu Billboard Live』。

いやー、良いライブだったー。真面目にチケット取りして本当に良かったよ(→先行では撃沈しましたが)。だって演奏を聴いている間中、ずっと、仕合せだなー楽しいなー(ラクチンだなー)と思ってたもの。モーションブルーのとき同様、もっともっと多くのSalyuファンが聴ける環境だったら良かったのにね。
でもSalyuはこういう形式のライブを続けたいと思ってるのだろうし、コバタケ氏も似たようなことを考えているようだし、チケット争奪戦もまだまだ続くのかなーと思うと、多少気持ちが萎えてしまいますね。


01:be there
02:Nothing Compares 2 U (by Sinead O'Connor)
03:messenger
04:emergency sign
05:夜の海遠い出会いに
06:landmark
07:イナヅマ
08:コルテオ
09:I-アイ-
10:Lilac Wine (by Jeff Buckley)
E1:LIFE


事前にセットリストを見てしまったせいか低めの期待感で臨んだのだけど(あんまり好きな曲がなくてね)、最終的には、自分はSalyu達の奏でるこういう音楽が好きなんだなーと思うに至ったのでした。Salyuはロックなツアーより、こういうシンプルな構成での演奏を全国各地でやるべきだとすら思うのだけどね。
で、毎度ながらぼへーと聴いてたので、感想らしい感想はないのだけど、どの曲も新しいアレンジで、その完成度も高かったと思うよ。『05:夜の海遠い出会いに』は少人数でも遜色なし。『06:landmark』は久々で懐かしい。 『07:イナヅマ』と『E1:LIFE 』はライフ栄えする曲なので楽しい。でも、今日のベストソングは沁み沁み聴かせた『08:コルテオ』なのでした。

Salyu の言動で印象に残ってるのは…、こんばんはーと至極フツーに登場するSalyuとか…、冒頭で気にせずお食事楽しんで下さいねとしきりに勧めてたこととか…、アンコール手前でお腹空いたと呟きつつ昨日ビルボードで食べたサーモンソテーかなんかが美味しかったと言ってたこととか…、明日「LIFE」発売のアナウンスが公式サイトであるとか、そのビジュアルが結構スゴイとか…。ま、そんな感じかね。
サポートメンバーは名越由起夫、清水弘貴、あらきゆうこ、ロバン・デュプイの各氏。皆さん、相変わらず素敵な演奏でした。そういや、階下にどうも態度のデカイ(オーラの違う)客がいるな…と思ったら、コバタケ氏でしたよ。「07:イナヅマ 」を楽しそうに聴いてたなー。

今日のライブのお陰で、萎んでいたSalyuモードが少し復活しました。新曲は飛び切りの名曲ではない(と思う)けれど、ライブ等で素直に楽しめる曲なのでCD発売にもほんのり期待している今日この頃でーす(・ω・)ノシ


--------------------------

以下どーでもいい話。

・食事付ライブの開催意義には疑問を持ちつつも、今後もこういう形式でライブがあるなら、次もビルボード希望。終電気にしないでいいし、チケットの取り方も何となく分かったし、座席システムも悪くないし、サービスも悪くなかった(ような気がした)から。
・5階席だったけど、ラムコーク入のグラスがSalyuの歌声に共振して震えてた。それに触れながらのライブもまた妙に楽しい。
2010.06.17 Comment:2 | TrackBack:0
あれー、百花沙里先輩から退団のお手紙が届いていたわーヽ( ´ー`)ノ

というか、何故、今なのだろうか…。
消印は昨日だしなぁ…。
ご実家エリアからだしなぁ…。

まぁ自虐的且つ妄想気味に頭を過ぎることは多々あれど、いや、しかし、何よりありがたいのですよー(・∀・)!
だってワタシ、最後は腑抜けてきちんと応援できなかったものね…orz

モモさんの最後のお言葉、しっかり受け止めました。
こちらこそ本当に本当に本当に有り難うございましたヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

いや、もう、こういう気持ちは御本人には伝わらないのだな…と思うと、在団中に直接感謝の気持ちを伝えておけば良かった…と悔やむばかりですね。まぁそれこそ今更な考えなのですが。

アリガトーヽ(・∀・)人(・∀・)ノアリガトーヽ(・∀・)人(・∀・)ノアリガトーヽ(・∀・)人(・∀・)ノアリガトーヽ(・∀・)人(・∀・)ノアリガトー
2010.06.03 Comment:0 | TrackBack:0