上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
博品館劇場にてスタジオライフ『じゃじゃ馬ならし』観劇。

FC先行を忘れ去っていたせいか、公演開始後もチケットを仲々用意できなくて弱りました…(自分が悪いのだけど)。結局、チケットはライフ公式のWEB予約で用意しました。カス席を覚悟するならこれはラク。実際、後方だったけど最後列ではなかったし、センターだったのでそれなりに観易かったです。

で、私は最近ライフが得意芸にしようとしている、このシェイクスピア音楽劇形式の舞台は余り好きじゃないのだよね…。単に、ライフが歌う必要はないんじゃないか…というだけの感覚なんですが。これが次代の”ライフらしさ”なのだとしたら少し困ってしまうね。だからチケット取りにも熱が入らなかったのかも知れないな…。

…というボヤキはさておき…。有名なシェイクスピア作品ながら、私は初めてこの作品に触れました。解釈が色々あるようなのだけど、一見するとはやはり少し男尊女卑的に見えなくもない。倉田さんの演出では、それは女性の強かさが裏にあり、また主役二人のキャタリーナ(青木)とペトルーチオ(曽世)は互いを必要としている…というような解釈があるのだけれど、その演出を観てもやや釈然としない。まぁこういう引っ掛かりが思考には必要なのかも知れないけど、どうも観劇後にストンと落ちてくれないと消化不良な気がしてしまうね。

今回はHチーム(青木・曽世チーム)を観劇。
青木キャタリーナは我儘さと思慮深さが同時に見えるので一人の人物として不思議、それを人間らしさと言っても良いけれど。曽世ペトルーチオはテンションの維持具合が素晴らしくて、よくあれを三時間保ってられるな…と感心しきり。冨士ビオンデロは要所で歌要員に使われていて、歌が上手いのだろうな…と思わせる。石飛猫おばさんも同様かね。林リージーは相変わらず女性の表裏を的確に表現できていてスゴい。山崎トラーニオの安定感もさすが。それと、青木・石飛・林のアンサンブルがよく出てきたけど、彼らの歌声の重なりは嫌いじゃないです。安心して聴けるので。

ってな感じかね。
観劇したのが前楽ということもあり、アドリブも多かったようだし、役者のテンションも高かったようだし、それなりに楽しめましたよ(・∀・)ノシ

-------------------------------------------------------------

以下どーでもいい話なのだけど…。当日精算チケットを受け取る際、私の側にあった不備を渋々ながら許してくれたFC(ライフ)に良い意味で驚きました。まぁ、その不備自体も不可抗力だったし、説得材料は持っていたのだけど、それにしても、もっともっと杓子定規で例外的対応は絶対にしないと思っていたので(→なんという期待値の低さでしょう)。次からは絶対に認めないと言っていたけれど、そう言わずに今後も柔軟な対応をお願い致したいところです。…私も重々気をつけますので…。
スポンサーサイト
2010.07.26 Comment:0 | TrackBack:0
部屋の整理がてらヤフオクで売っ払らおうと…、

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)風と木の詩 第1巻
白泉社文庫

竹宮 惠子


…を、読んでいたら、面白すぎて止まらないのですよ。
遂に通勤電車で読むという暴挙に出たりして…(内容が内容だけにやや居心地の悪い思いをしつつ)。
以前読んだ時はそれほど引き込まれなかったのに、時を経るというのは不思議だね。
…で、一週間程かけて読み終わったんですが…。うむー、やはり名作は重い。最終巻では余りにも遣り切れなくて落涙してしまったよ。二人の気持ちは重なっているのに同じ方向へ進めないのだものね。そりゃ少年達の話だから仕方ないのだけれど、にしても、あのラストは寂しい。いや、まぁ彼の中にいるのかも知れないけれど…。うーん、でも哀しいのだよなぁ…。
また数年後に読んだら感想が変わるのかね。あぁ、これでまた売れなくなってしまったなぁ…。


それと、先日、ふと「吐息でネット」を口ずさんでしまって以来、南野陽子ブームが止まらないのです…。
…どーすっぺ…Σ(゚д゚lll)
でも改めて聴くと本当に名曲揃いだよ。
12thシングルぐらいまではカラオケで気持ちよく歌えるね。カラオケ行かないけど。
今更だけど、応援がてらベストアルバムでも買ってみようかね。

=南野陽子シングルコレクション=



あぁ…、暑すぎて脳が迷走しているようです。ナンノさんの後半と一緒だな。
室温と体温が同じだと萎えますよね…('A`|||)
2010.07.20 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。