上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
地震直後は勉強するとか言ってた割に、参考書すら開いてないわ。やっぱり私は追い詰められないと(一月前にならないと)何もやらない人間なのだね。まぁ受かればなんだっていいんだけど。…にしても、もう東北の酒しか呑まないぞ(`・ω・´)シャキーン!と思った割に、宮坂酒造『山花』が旨すぎて早々に挫折。高い酒はやっぱり旨いわ。『一ノ蔵』と『榮川』は普段呑みで頂こう。


優しいおとな優しいおとな
桐野 夏生

近未来の渋谷、貧困が支配する世界で生きる少年イオンの姿を追った小説。桐野夏生作品の吸引力は流石。一気に読めてしまう。終盤はファンタジー的でもあるけれどやはり面白かった。

慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
貫井 徳郎

幼女連続殺人事件が起きる。その捜査の指揮を執る男と新興宗教に嵌っていく男を追った物語。面白かった。デビュー作でこれだけのモノが書けるなんて本当に凄い。騙されたような騙されてないような…そんな結果だったけど、表現力や描写力には唸らされっぱなし。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
東野 圭吾

あるスキー場に爆弾を埋め込んだとの脅迫文が届く、スキー場の従業員達は右往左往するのだが…という話。東野作品なのにあれーなんだーという感じ。余り楽しめなくて文庫本なのに読むのにえらく時間が掛かってしまった。あ、そもそも私がウィンタスポーツに関心がないからいけないのかも知れないが。

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
宮部 みゆき

小暮写眞館という古い写真館に越してきた少年の周りで起こる不思議な出来事を少年が解決していく話。いやー長くて分厚いわ。持ってるだで疲れた。話の引っ張り方や文章の読み易さなんかは流石。ただ本当に長くて、この話をこんな尺で書く必要があるのかと…。蒲生亭ぐらいの長さだったら良かったのに。

告白告白
湊 かなえ

娘を生徒に殺された教師がその生徒に復讐を始める物語。話題作。独白口調な文体のせいかかなり読み易い。終盤は少し強引なような気がしつつも話を引っ張る筆力は最後まで衰えず。ミステリとはいえないかも知れないけれど、全体的に面白かった。

カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの
東野 圭吾

遺伝子とは、父子の愛情とは…といった内容だったか…(既に忘却中)。うむー、10年前の東野作品だといわれても納得しそう。こういう軽い感じも時にはいいのかな…。

ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
森見 登美彦

突如町中に出現したペンギンに困惑するアオヤマ少年の物語。森見氏の新境地だそう。なるほど。とても良いファンタジー。小難しいことばかり考えるアオヤマ少年に妙に愛着を持ってしまった。こういう少年の頭をグリグリしてみたい。

続 地球家族―世界20か国の女性の暮らし続 地球家族―世界20か国の女性の暮らし
フェイス ダルージオ ピーター メンツェル
マテリアルワールドプロジェクト
Faith D’aluisio

世界20カ国の女性を只管撮影した本。撮影時期が少し古いのは少し気になるけれど、それでもとても興味深い本。比較することは無意味といえど、でもやっぱり意味がある。各国の女性の在り様、幸せとは何だろうと考えてしまいがち。

地球家族―世界30か国のふつうの暮らし地球家族―世界30か国のふつうの暮らし
マテリアルワールドプロジェクト ピーター・メンツェル 近藤 真理

30カ国でその国の平均的収入とされる家族の持ち物を全部公開して写真に撮った本。どっちかというと続編の世界20か国の女性の暮らしの方が興味深かったな…。私が無知なせいかその国がどういう環境でどんな位置にあるのかというコトがパッと見て分からないのが原因かね。まぁ日本が豊かだというのはよく分かったけど。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
ちきりん

彼女のブログは最初から暇に任せて全部読んでしまったのだよな…。なので書籍版は復習みたいな感じ。自分と違う考え方だとしても、論理的に書かれるとそうなのかも…と思ってしまいがち。

長ったらしい読書感想文になってしまったな…。でももうちょっと読む本があるのです。早く読まねば。

スポンサーサイト
2011.04.21 Comment:0 | TrackBack:0
数年前に観た映画に『オランダの光』というのがあって、時々そのタイトルを思い出す。
内容が面白かったとかそういうことではなく、まぁ、映画の内容も殆ど覚えていないのだけれど…。
17世紀に活躍した、ヨハネス・フェルメールやレンブラント・ハルメンス・ファン・レインというオランダ絵画の巨匠たちが織り成す光りの巧みさ…というのは有名で、その画を見て、絵画音痴の私ですら美しいな…と思ったりする。で、それは当時、オランダに降り注いだ光があってこそ、だというもので、その光は私たちが暮らす現代では見えなくなってしまっているのではないか…という感じで始まる作品なのです。
先日、電車に乗って車窓を眺めている時にも、この「オランダの光」を思い出して、オランダの光があるのなら、日本のこの車窓から観る景色のも同じことが言えまいか…と考え出して、つい思索に耽ったような呆けていたような…。

B0009J8K22オランダの光 [DVD]
マールテン・デ・クローン
TCエンタテインメント 2005-07-08



まぁ、目の前にある光景も、いつか消えてしまうのですなぁ…、という単なる戯言です。
にしても、この作品は廃盤になってしまったようで…。
全く残念な話。
2011.04.20 Comment:0 | TrackBack:0
『”s(o)un(d)beams”special event』をチラッと見た話。

仕事が終わった後、職場でこっそりとユースト映像を見たら、Salyuがピカピカ光ってた。
音を出せなかったので何が何だか分からないかったけど、あれはどの曲だったんだろう…。

…で、その後家に帰って、終わってるだろうと思ってユースト見たら、なんとアンコール中でした。
"to U"とサリュコーラス隊のもう一曲が聴けたのはラッキーだったのかも。
あぁいう仕組みであぁいう曲達を歌ったわけなのですね。うむ。そりゃ楽しそうだね。

ユーストのコメントは当然のように絶賛口調が多いだろうから、多少割引いて考えても、仲々好評のライブだったよう。観られなかったことが少し残念に思えてきたわ。…というか、逆に来月のツアーが楽しみになったというのか。

ここ数日、新しいアルバムを聴くにつけ、想像していたよりは全然良いなぁ…という感想になってきた。
まぁ”VALON”のように十年近く飽きずに聴き続けられる曲であるかどうかは別にして、Salyuにしか表現できない曲(歌)を作っているのだから、それはそれで良いのだろうな…と思う。方向性はどうにせよ、やっぱり私はSalyuの声が好きなのだからね。

つーか、こんだけ評判が良いライブなら、売り出してくれて全然構わないのですが。
売ってくんないかな…。
2011.04.15 Comment:7 | TrackBack:0
帰りの電車でふと思い出し、早速、買ってきました、salyu×salyu『s(o)un(d)beams』。

今も書きながら聴いてますが、曲によっては少し疲れてしまいそうな予感も…。
「04:心」なんかはライブで聴いたせいもあってか、それなりに聴き易いのですがね。
まぁ、でもPCで聴くのとヘッドホン(イヤホン)で聴くのはまた違いそうなので、明日の通勤電車を楽しみにしましょう。

因みに購入特典での4月15日のイベント参加抽選はナシ。イベント自体はやるらしいけど、どうせ行けないのでまぁいいや。

http://www.dommune.com/ele-king/features/interview/001684/index.php

↑このインタビューは後で読もうと思うのでメモ。

…にしても、このアルバムを引っ提げてライブをやるのですね…。
はてさてどーなるのでしょうね(・ω・)?

2011.04.12 Comment:4 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。