ほへー。新曲ですか。

2011/7/13発売のシングル「青空」。
5年振り"Bank Band with Salyu"名義での新曲。
桜井和寿:作詞作曲、小林武史氏:編曲・プロデュース。
カップリングはCX系めざにゅ~主題歌の「Magic」。

>東日本大震災後、ボーカリストとして表現すべきメッセージは何かを考える中、桜井に相談を持ちかけて実現。
>「表現するべき曲のイメージとして、さらに大きな意味での優しさ、いとしさ、美しさを歌っていきたい。 多くの人の心に届けたい」とSalyu。

…だそうです。
この文章を読む限り、Salyuが同曲の発起人みたいですが…、経緯の詳細を知りたいですね。
「to U」も良い曲だし、こちらも素敵な曲になるといいな…。
2011.05.17 Comment:6 | TrackBack:0
N.Y.にいるシオーネに関するメモ。

http://instagr.am/p/ETp04/ ※N.Y.在住のライターの方の写真

へー。
こちらでは見ないようなパンツスタイルで歌ったのね。

「緑のアーチ」から始まり…って、N.Y.だからって特に曲目を変えるわけでもないのが、ちょっと意外。


-------------------------------------------------------


週末にアマールカ本を手に入れた。"winter worm"、暖かい素敵な曲。

2011.05.16 Comment:0 | TrackBack:0
中野サンプラザにて『salyu×salyu tour s(o)un(d)beams』。

会場着いて、パンフ買って、座席へ行ったら、思いっ切り端っこの席でした…(比較的前方席ではあったけれど)。端席って取り残され感が無きにしも非ずだよね…なんてことを思いながら、やや不安のライブ幕開き。

01:It's a Fine Day (Jane)
02:ただのともだち
03:muse'ic
04:Sailing Days
05:心
06:歌いましょう
07:ANGYALOK ES PASZTOROK-天使と羊飼い-
08:グライド
09:レインブーツで踊りましょう
10:s(o)un(d)beams
11:Hostile To Me
12:新しいYES
13:Mirror Neurotic
14:奴隷
15:続きを
E1:HALFWAY
E2:to U
E3:Hammond Song (The Roches)

「01:It's a Fine Day」は何処かで聴いたことあると思ったら、湯川潮音が1stアルバムで歌ってたヽ(・∀・)人(・∀・)ノという奇遇感。「05:心」は以前もライブで聴いた事があるせいか体感良く馴染み易く、salyu×salyuの中では一番好き。中盤で唐突にリリイの「08:グライド」が…、リリイ復活ライブも同じ中野サンプラザで、しかもグライドは録音だったので、良くも悪くもそのリベンジみたいに思えてしまった。「12:新しいYES」のアレンジはどうも居心地が悪く普段の方が断然好み…。そしてその後のMCで"立ってみよう"とSalyuが言うので以降は半強制的に起立。まぁ確かに疲れない程度ならライブは立った方が楽しい。なので「13:Mirror Neurotic」も良かった。「E1:HALFWAY」「E2:to U」は当たり前だけど安心感があるな…と思う。

今回のサポートはG.高井康生、Dr.ASA-CHANG、B&Key.鈴木正人、Ch.山崎恵利子、Ch.山口裕子、Ha&Cho.木村圭見の各氏。鈴木正人さんはシオーネのライブサポートもしていたから、連続でお目に掛かったということか。再びの奇遇感。

で、冒頭にも書いた通り、端席だったせいなのか何なのか、私の中での盛り上がりは然程でもなかった…かな。僅かに漏れ聞いた前評判が良かったので期待が大きかったのも一因かも…。確かにSalyu達の歌声はスゴかったし素晴らしいハーモニーだと思ったのだけれど、それと心を動かされるというのはまた別問題なのだよね。それにライブの途中途中でSalyuやLilyの曲を聴くにつけ、この路線が本道だろうと思ってしまったのも事実。salyu×salyuの実験的で挑戦的な楽曲も良いとは思うのだけれど、どうにも私には間道に思えてしまうのだね(まぁここら辺は好みの問題なのでしょうが)。うーん、次の新曲はどの名義で出してくれるのですかね…>できればSalyuかLilyでよろしくお願いしたところです。

うむー、真面目に書こうと思ったんだけど、あんまり書けてないな…。まぁこういう気持ちなのかも。
あぁ、それとパンフのオマケに付いていたCDは、是非ともこれだけで売って欲しかったわ。Salyuの容姿に特段興味のない私としては、音源を得た後はついどっかに放っておいてしまいがち…('・ω・`)スンマセン
2011.05.10 Comment:2 | TrackBack:0
最近、優里さんの舞台を観に行ってないな…。
震災の混乱にまぎれて、日生劇場の「三銃士」も完全にスルーしてしまったのですが、Tさん、次の作品辺りは観に行きませんかね? …なんてことを思っていたら、『星奈優里の「日記かも?!」』に次公演の予定が出てたわ。うーん、あー、またOG系公演なのか…。やや出鼻を挫かれ気味…orz
そして、優里さんはブログの管理をスタッフに移したのですね。震災時に更新しているのを見て、いつ振りだろう…と思っていたのですが、まぁ、更新しないブログに更に価値を付ける為にも良い手段なのだろう…ということか…。それでも偶には優里さん本人ののんびりした文章も読みたいな…と思ったりするんですがね。

序でに、今更な話ですが、百花沙里さんもブログを始めているのですよね。
『百花沙里ブログ』 http://ameblo.jp/mariko913-momo/
ブログ開始後、少しして存在に気づいたのだけれど、モモ会等では速攻で告知されてたのかしらね。
芸能活動(?)を再開することにまず吃驚ですが、今後、モモさんはどんな活動をしていくのかしら…。

まぁ、何はともあれ、お二人とも元気そうで何よりですわヽ( ´ー`)ノ


てげてげ。 「良い加減」なガンとの付き合い方てげてげ。 「良い加減」なガンとの付き合い方
愛華 みれ


それと、宝塚繋がりでしかないんだけど、丁度タモさんの癌闘病記を読んでいたのです。
タモさん、眩しいくらいに強い人ですな…。
2011.05.08 Comment:0 | TrackBack:0
そういえば、音楽の旅に出たシオーネこと湯川潮音さんはニューヨークにいるとのこと。
ストリートライブをやったなんて、それを聴けた人はなんと贅沢な。

私はネコ好きでもなんでもないんだけど、シオーネパワー故か、このCMの歌を覚えてしまったわ。可愛い歌だ。





CMようこ(2)CMようこ(2)
菅野よう子 湯川潮音 Keyco
畠山美由紀 YOSHIKA アンサリー キセル



LOVE LOVE LOVELOVE LOVE LOVE
オムニバス 坂本冬美 松任谷由実 THE ALFEE unistyle
吉井和哉 高橋幸宏 布袋寅泰 椎名林檎 GLAY 忌野清志郎



Pop-UpsPop-Ups
JOYZ



シオーネの単独の新譜ではないけど、最近は上のような曲を聴いてます。
どれも普段とは違った雰囲気で面白い。
TKのDVDは保留中です。DVDから音って簡単に取り出せるのかしらね。

↓これはそろそろ買う予定なのでメモ。

アマールカ ブック~はじめまして編~アマールカ ブック~はじめまして編~
小林 祐子


2011.05.04 Comment:0 | TrackBack:0