InfoseekのRSSリーダーが2011/8/31でサービス提供終了してしまった…orz。
嗚呼、酷い話だ。
あのシンプルな画面と構成が好きだったのに、Infoseekも金にならないことはしないのだな…。(あ、いや、それは企業の行動として当たり前なんだけど、潜在的に近しいユーザを一方的に突き放すのだから、勿体無いといえば勿体ない行為なのだよね)。
一先ず、Googleリーダーに全移行してみたのだけれど、今一つ使い勝手が悪くて困ってしまう…。でも世界中の人が使ってるツールなんだから、多分、私の使い方が馴れてないせいなのだろうな…。
うむむ…、早く慣れたいものですな…('・ω・`)
2011.08.31 Comment:0 | TrackBack:0
2011/8/28の話。

『平成23年度 富士総合火力演習』に行った話。

知人に頼まれて申し込んだら、双方で当選してしまい、入場券を無駄にしてはいけないと思い初参加。
事前情報を仕入れる為に色々なサイトを読むも、総火演自体は楽しいが、バス待ちの行列がツライツライツライ…という話が多くて少し滅入る…('・ω・`)

とりあえず万全を期して参加しようということになり…、
防寒具、冷却タオル、タオル、帽子、雨具、敷物、座布団、食料、菓子、飲料…等々を前日までに用意。…リュックが重い…。

移動距離と時間と混雑を考慮して、本厚木駅に前日から宿泊。
本厚木駅からはJR御殿場線の国府津駅側の始発に乗車可能。
今回は小田急線利用なので「御殿場往復きっぷ」を使用。切符購入の手間がないので要所での移動がスムーズ。

当日朝、小田急線新松田駅とJR松田駅の乗換え状況が分からなかったので、予定より一本早い電車で移動。新松田駅と松田駅の乗換え自体は短時間でも可能(頑張れば5分でもいける)だが、切符購入やトイレ休憩等を考えると余裕を持った方が良いかも。

JR松田駅に到着した電車は然程混んでおらず、出遅れなければフツーに座れる。移動中に現われる富士山の姿に歓声を上げつつ、30分程で御殿場駅到着。

ホームから改札外までは人を避けつつ急いで移動。駅外へ続く階段を降りると当たり前のようにバス待ちの長蛇の列ができているので素早く最後尾へ。列は長いが、バスもフル回転でピストン輸送しているようで、30分も掛からずにバスに乗車。周辺から様々なバスを掻き集めているせいか、運悪く路線バスに当たると立ち移動になってしまう可能性も…。今回はラッキーにも座れた。

バス乗車券はバス待ち中に購入。運送会社(?)の兄さん達が売りに来てくれる。片道550円(往復1,100円)。帰りの状況次第でタクシー移動も考えていたので、とりあえず片道のみ購入。

バスに揺られること30分程で会場に到着。自衛隊の皆さんがわんさといる。
希少のスタンド席は既に埋まりそうということで早々に諦めてシート席へ。Aスタンド席の前で、幸いにも通路側を確保(移動が非常にラク)。報道席の真横なので眺めも良好。

朝食のおにぎりを食べたり、お菓子食べたり、自衛隊の紹介ビデオを見たり、予行演習の音に驚いたりしながら、開演までボーっと過ごす。
トイレに行くついでに土産を物色。色んなモノがあったが、大きさと重さを鑑みて無難な戦車プリントの入り缶パンを購入。同行者は苺味の缶パンと"総火演2011"と入った500円タオル(余談だが帰宅後このタオルを開封すると、オイル系の匂いが臭くて参った…→念入りな洗濯で問題は解決)。

<たぶん続く…>
2011.08.28 Comment:0 | TrackBack:0
ぐげー。
寝違えたのか何なのか首が動かない…。
いや、動くけど、ツライツライツライ…orz
ダメだ…。時の解決を待とう…。

ああ、そうだ、新宿のスポーツショップで百花沙里さんを見掛けたわ…。
相変わらず可愛かったなぁ…。
体調不良と疲れで話し掛ける気力がなかったのだけれど、やっぱり声掛けておけば良かったわ…。
ぶへー、やや後悔だなぁ…。
2011.08.25 Comment:0 | TrackBack:0
中野ウエストエンドスタジオにて『リアル・シンデレラ・ストーリー』観劇。

チケットがなかったので直前まで悩んだのだけど、当日券があったら…ってことで劇場前まで行き、フツーに売っていたので観劇してきました。開演30分前で130番程度だったから、今日は座席に少し余裕があったということかね。
それと、開演前にトイレ待ちしてたら、主宰と倉田さんが会釈しながら入ってきたわ。演出が倉田さんじゃなければ観にきてもおかしくないのだなぁ…とぼんやり思った。

で、肝心の芝居なのだけれど、やはり脚本が古臭いというは重大な欠点ではないかと思うのだよね(→同じことを「PANSY MAZE」でも感じたのだが)。だってバブル期のあの時代って既に時代劇の世界でしょう。バブル期の思考って現在と全く異なるのだから台詞を理解するのに想像力が必要で、だから観劇中に一瞬のタイムラグが生じたりしたりね。
更に、ライフの人たちが、モテなくてツラい思いをしているドーテー青年を演じることにそもそもの違和感があるよね。だって君たち充分格好良いしモテるでしょう?と疑問なく思ってしまうものなぁ…。
物語のテーマの肝は別の所にあるのだよ!と言われたとしても、やはり抱いた違和感はずっと残るのだから仕方ないですよね。

…出演者の話…。若手公演だから「WHITE」みたいになるかと思ったら、主要な役はベテラン勢が演じていて少し肩透かし。新進演劇人育成公演ってこんなものなのだね。今日で新人の顔を覚える気だったのだけど…。
観劇したのは「金の靴」チーム。特に印象に残ったのは…、奥田ネロの抜群の運動量、神野アレックスのハキハキした滑舌の良さと善良そうなイメージ、青木シンデレラのウマ可愛さ、林継母の変幻自在の芸達者ぶり、芳樹王子の素晴らしいアホっぽさ、緒方舞踏娘の意外な可愛らしさ、松村舞踏娘の驚愕の可愛らしさ…ってな感じかね。

物語が思った以上に説教臭かったせいで、倉田さんが作りたいのはこういう話だったのかな…とふと考えた。今はどう考えてるのかね。真実は幾通りもあるかも知れなくて、目に見えている事だけが本当ではない…。まぁ分かり易い当たり前の話ではあるけれど人は忘れがちだし…、偶にはこういう話もいいのかな…(どうかな)。
2011.08.19 Comment:0 | TrackBack:0
サカナクションの話はまた書くかも知れないから、初めの一個でも書いておこう。

…と言っても、数年来のファンだった…ということではなく、ここ一年位こっそり聴いていた程度なのだけど。
本当は前回ツアーのZEPP東京ライブに行きたかったのだけれど、(取る努力と意識が足りず)チケットが取れなくてね…('・ω・`)





某所で観掛けた「アルクアラウンド」のPVから入ったので随分ミーハーっぽいのだろうな…とは思うのだけど、まぁ、それでも格好良いものは格好良いなーと。その後、第14回文化庁メディア芸術祭を国立新美術館に観に行ったり、武道館ライブの様子を観たりして、まぁ何やかんやと一年位好きだから書いてもいいかなーという感じで書いてみました。


『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)
サカナクション


バッハも買ったよ。渋谷のタワレコでジロウの写真も撮った。
他に聴いてないのは配信限定のものなのだけど、あれはどうしようかしらね。

しかし、私の不安は彼らのライブに行った時に、あのノリノリ状態に対応できるか…ということなのだよなぁ…。ライブ映像を観る度に不安になる今日この頃。ブロック指定だとしても、その後方でほへーと聴くことは可能なのかしら…('・ω・`)
2011.08.15 Comment:0 | TrackBack:0
近鉄 伊勢野神宮 正宮別宮 おかげ参り ご朱印巡りきっぷ

鳥羽まるみえパスポート
 志摩マリンレジャー鳥羽湾めぐり
 イルカ島
 ミキモト真珠島
 鳥羽水族館

月夜見宮
豊受大神宮(外宮)
皇大神宮(内宮)
参宮歴史館おかげ座
伊勢名物赤福
猿田彦神社
神宮徴古館農業館
式年遷宮記念神宮美術館

まるや本店 名駅店
2011.08.08 Comment:0 | TrackBack:0