上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京宝塚劇場にて宙組『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』観劇。

久し振りの宝塚。
自分が観ていた頃から考えると、男役トップは二世代ぐらい回ってるのかな。
トップ披露の凰稀かなめさんは雪組若手で頑張ってたなーと覚えているレベル。
MXテレビの宝塚番組では凰稀さんの喋り方が好きで、彼女の時だけはちゃんと観ていたという思い出も。
そんな状態なので、宝塚自体が懐かしくて新鮮で楽しかった。
終演後に夕飯を食べて劇場前に戻ったら、丁度、主要スター達が一気に出てきて、そんな出待ちもラッキーで楽しい。

…で、演目の「銀河英雄伝説」は幼い頃から小説もアニメも(漫画も)大好き。
小池先生が演出だから、そんな酷いことにはならないだろう…と思っていたら、まぁ大体想像通りの舞台。
ヒルダが女々しかったり(男尊女卑まんま)、"御意"がなかったり、フリードリヒの死に方がおかしいとか、オーベルシュタインが出過ぎたり…気になる点は幾つかあれど、宝塚なんだから仕方ないと思えるレベル。実際、一緒に観劇した原作ファンは、宝塚初観劇であるにも関わらず私以上に楽しんでいた…>結局DVDまで買った模様。
しかし、田中芳樹氏はなんで今更宝塚に原作を預ける決断をしたのかね。どっかのインタビューに載ってるのかも知れないけれど、はてさて、どこに書いてあるんだろう…。
役者で良かったのは、凰稀ラインハルト、緒月ヤン、朝夏キルヒアイス、悠未オーベルシュタイン…とか言って、殆ど主要な役者しか覚えてない(見てない)のは素人観劇のご愛嬌。

もう宝塚観劇に八千円超は払えないと思っていた(八千円超の価値すら見出せなかった)のだけれど、また何か気になる作品があったら行ってみたいなーという程度にまでは意識が回復した。
今回は一本モノだったので、次は格好良いショーが観たいなー(・∀・)!

スポンサーサイト
2012.11.06 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。