上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
日々ぼーっとしていると、直ぐ広告が出てしまうなぁ…。
そのうち、salyu×salyuのライブとか、Salyuの年越しライブとか、宝塚の銀英伝とか、Sony Readerのこととか書くはず…。

しかし、広告があると、見栄えが良くないので…。

>「だるい」とか「めんどくさい」とかいう気持ちは
>もっと大切にされていいと思います。
>悩んでいる人はもっと適当に生きましょう。
>どうせ人生に意味なんてないんだし。


下の本、内容自体はまぁそんなにあれだったんだけど、内カバーに書いてるこの一文は好ましい。特に後半。


ニートの歩き方<br />お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法ニートの歩き方
お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

pha



スポンサーサイト
2013.01.26 Comment:0 | TrackBack:0
紀伊國屋ホールにて、スタジオライフ『11人いる!』観劇。

毎度ながら必要があるのかないのか分からない連鎖公演。
初演は粗筋をほぼ忘れた状態で観劇したのだけれど、今回は誰が11人目がしっかり記憶済み。それだけで大分ハンデっぽくなってしまう。物語に対するワクワク感が半減してしまうのだから。犯人が分かったミステリは、どうしても伏線部分を楽しむことが主眼になってしまうね…。
で、初演と比較するのもなんだけど、なんでこんなにチープな印象になってしまったのか…。役者が違うのは仕方ないにしても、衣装や装飾や化粧が格段にレベルダウンしていてビックリ。同じ劇団の同じ公演なんだから、その程度の部分は同じレベルは保てないのかね。

観劇したのはVenusチーム。
荒木タダは予想以上にフツーの青年。及川フロルは相変わらず可愛い。曽世バセスカは少年たちの中で少々おっさんっぽいような…。藤森ソルダムはライフに余りいない好青年っぽさが…。

そういえば、本日はイベント付き。
チーム対抗でクイズゲーム。最初のうちは真面な問題だったけど、時折答えられないじゃないか!?というような問題も。なぞなぞは難しい。で、結局、最下位のチームは沖縄のルートビアという不味い(らしい)飲料を飲んでました。

2013.01.16 Comment:0 | TrackBack:0
代々木VILLAGEにて『YOYOGI VILLAGE COUNTDOWN PARTY』。

当初は行く気ゼロだったのですが、ありがたくもお誘い頂き、行ってきました。
イケメン揃いの店員達、誰得?なチケットアプリ、そして12脚しかない椅子席に愕然としつつ、それでも想像より悪くない環境でライブを聴くことができました。

…ということで、以下セットリスト。圧巻の25曲。

<1部>
01:So Far Away (Carole King)
02:Something (The Beatles)
03:River (Joni Mitchell)
04:Scarborough Fair (Simon & Garfunkel)
05:WAVE (スタンダードジャズ)
06:Calling You (Holly Cole)
07:Lilac Wine (Jeff Buckley)
08:High And Dry (Radiohead)
09:No Surprises (Radiohead)
<2部>
10:Rainy Days And Mondays (The Carpenters)
11:You've Got A Friend (Carole King)
12:口笛 (Mr.Children)
13:NOW AND THEN (My Little Lover)
14:コルテオ〜行列〜
15:Close To You (The Carpenters)
16:Imagine (John Lennon)
17:悲しみを越えていく色
18:HALFWAY
19:青空
20:Lighthouse
21:Smile (Charles Chaplin)
22:One Hand,One Heart (Rickie Lee Jones)
23:to U
24:新しいYES
25:亡き王女のパヴァーヌ (Maurice Ravel)

よくこんなに演ったよねー。お疲れ様です。有難うございます。
今回、Salyuの傍らにあったのは赤ワイン(後半はたぶん白)。顔が綻ぶSalyu。そしてアルコールのお蔭か制限が外されたかのように声が伸びる伸びる。

前半のカバーシリーズは少々抑え気味。「04:Scarborough Fair」は哀しげなメロディと低音から高音に動くSalyuの歌声が郷愁を誘う。「09:No Surprises」は私の中だけで湯川潮音とSalyuがシンクロした。見事に声が重なって吃驚。年越しは贅沢にもSalyuが「15:Close To You」を歌いながらの中で(Salyuと乾杯するラッキーな人も)。そして今回カウントダウン前後に歌った「12:口笛」と「17:悲しみを越えていく色」はとにかくスゴイ。熱量が。久し振りにSalyuの歌声で空間が埋まる時を体感して、あーこれがSalyuの凄さなのだと思い出した。やっぱりSalyuは"Salyu"で歌わなければダメなのだよ。特に「12:口笛」は原曲を超えたと言ってた人もいたけれど、原曲を知らない私でさえスゴイなーとただただ圧倒された。

1部開始前はコバタケ氏が2012年を振り返るトーク。いつも通りの相変わらずな内容だったけど(衆院選で自民が勝った話では複雑そうな顔してたわ)、間近で見るコバタケ氏からは恰好良い人オーラが…。ライブ中は久々にコバタケ×Salyuの親子のような微笑ましい様子も見られたりして、それはそれで満足なのでした。
…で、ライブ終了後はSalyuがDJを担当しつつ、深夜2時頃までマッタリとした空間。仲々貴重な時間でした。

しかし、小林さんの書く曲は疲れる…と言ったSalyu。なんかもうそれが全てではないのかと思うのだけどね。それだけ熱量を込めて歌える歌(そしてその熱量を聴き手が受け取ることができる歌)を歌うことが、Salyuのやるべきことなのではないかと思ったり思わなかったりする年初めの元旦なのでした。


2013.01.01 Comment:4 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。