上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
渋谷wwwにて『坂本美雨 presents " DIRECT MIUsical vol.7 " feat. Salyu 』。

01:青空
02:Show Biz Kids(Steely Dan)
03:At Last I Am Free(Robert Wyatt)
04:hold on(SBTRKT)
05:love(daughter)
06:新しいYES
G1:The Neverending Story(The Neverending Story)
E1:My Favorite Things(The Sound of Music)
E2:I Could Have Danced All Night(My Fair Lady)

Salyuパート、短いなーと素直に思う6曲。アンコールも含めツアーからの抜粋っぽい。
ただライブの楽しみの一つに、その時その場でしか聴けない音を聴く…というのがあるけれど、今回は正にそんな感じだったので概ね満足。

ゆっくり始めたいという言葉とは裏腹に、普段以上に挙動不審なSalyu。実はあれがSalyuのナーバスとリラックスの狭間の姿なのかなと何となく思う。「01:青空」は何故か開始前にアカペラ。そして「02:Show Biz Kids」ではループ装置を使って歌や音をハモらせていた。歌が散漫になりそうだったけど意外としっかりと効果的な演出。「03:At Last I Am Free」は初めて聴いたけど好みの曲、ツアーで再度聴くのが楽しみ。「G1:The Neverending Story」は坂本パートで再登場し二人で歌う(Salyuはサブ的)。こういうメジャー過ぎる曲をポンと歌えるのが坂本美雨の選曲の妙。彼女は良い意味で大衆的で間口が広くて、対バンファンとしては有り難い。アンコールはミュージカルナンバーをデュエット的に歌う。二人とも当たり前に上手いから聴き応えがあったなー。

MCは少なめ。譜面が落ちて最初から大失敗だねとか、美雨ちゃんとは同い年でデビューも近く仲が良いとか、京都でそうだ京都へ行こうの話をしたら…とか、そんな程度かな。ただ、坂本×Salyuの仲の良さは存分に見ることができた。再登場時から妙に坂本さんとの距離が近いと思ったら、ゲストの特権とか言って頬にチュッ☆とするSalyu…、そして去り際には坂本さんもやり返す…。幾らオレが百合スキーだからってそんなの喜ばないぞー(´∀`*)デヘヘと思ったり思わなかったり。何にせよ、仲が良い同年代の歌い手がいることは心強いのだろうね。

最後に今回のサポート陣。Ba&Key.鈴木正人、Gt.清水ひろたか、Dr.伊藤大地の各氏。


------------------------------------

以下、自分用メモ。
渋谷wwwのほぼ同位置で今回Salyuと前回salyu×salyuを聴いて、s×sライブが苦手な理由を考えた。 Salyuのライブでの歌声には奔放さ、伸びやか、圧倒的な声量があり…、信じ難い程の声の振幅の体感することがある。それが大きな魅力の一つ。でもsxsは諧調と調和の美しさ。特出は悪にもなり得る。つまり制約や制限がある。以前、ブログに書いた四人編成による声そのものの埋没。制約と埋没。これが私がsxsを良しとできない二点か。へーへー。

スポンサーサイト
2013.05.30 Comment:2 | TrackBack:0
幕張メッセ国際展示場9-11ホールにて『SAKANAQUARIUM 2013』。

01:INORI
02:ミュージック
03:M
04:アイデンティティ
05:ルーキー
06:multiple exposure
07:mellow
08:ボイル
09:アルデバラン
10:なんてったって春
11:ホーリーダンス
12:僕と花
13:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
14:ネイティブダンサー
15:アルクアラウンド
16:アドベンチャー
17:Aoi
18:夜の踊り子
E1:ストラクチャー
E2:三日月サンセット
E3:朝の歌

今年もお祭りに行ってきたので、以下、感想とかを簡単に箇条書き。

・前半は落ち着いた曲が多くて今回のアルバムはやはり乗れないかなーと思っていた。
・…が、後半バッハ辺りから休む暇がないほどダンス曲が続き体力の限界に迫る勢い。良い意味でグッタリ。
・6.1chのサラウンドシステム。ズドンズドンと音が身体に響かないのは少々寂しいが、音を楽しむという点では最良。遠くても良い音。
・いつからノリの良い曲のサビは合唱していいなんてルールになったのだろう。素人の歌は煩いだけの雑音。
・Bブロックのほぼ最前列でサカナメンバーは空豆ぐらい。見えるけど画面を見ちゃう。やはり幕張はAブロック一択か。
・雪と空気の筒の演出とかはライブっぽくて楽しかった。
・サカナクションのデビュー曲を知らない自分に驚いた。デビュー後にファンになると、それ以前の曲は一緒くたに聴くから当たり前なのだけど。それをSalyuに置き換えてみたらとても不思議な感覚だった。

時間が経ったせいか、余り感想が浮かばないなー。まぁお祭りなんてその場で楽しめればいいのだからいっか。来年も幕張はあるのかな。それとも隔年なのか。何にせよ、行ける環境であればまた行きたい。

2013.05.18 Comment:0 | TrackBack:0
自分の為だけに格言botを作ったー(・ω・)ノシ
格言botは数あれど、この言葉のセレクトは私しか喜ばない。
いやー、満足満足。

gazou.jpg

格言。https://twitter.com/a_siki_mi


2013.05.13 Comment:0 | TrackBack:0
東京芸術劇場シアターウエストにてスタジオライフ『メンズ・クラクラ日記(ライフ企画 vol.1)』観劇。

予告チラシを見て、絶対に観たいと思っていた割に、チケット発売をすっかり忘れていた…。
なので、親切な方にチケットを譲って頂き、いざ観劇。

"ライフ企画"とは何かを全く知らずに観劇したのだけれど大分シリアスな内容なのね。以前、"The Other Life"という企画で普段とは違うライフ劇を見せようとする企画あったけど、あれに近い発想なのかね。まぁ何にせよ、今後も継続してくれるなら新たな一面を見せてくれそうで楽しみ。

本作の物語は関東の片隅にある工場で働く人たちが、交通事故で亡くなった同僚の日記を見つけたことから、自分の内面や同僚のことを夫々考えだす…という感じ。交通事故で亡くなった小柳は生前の関係がどうであれ、職場の同僚達に日記共々存在を昇華(消化)して貰ったという感じだろうかね。それはそれで幸せなことであると思うけれど。
とはいえ、物語全体から漂う感傷的な内容に心を打たれるには、私はまだ少し時間が足りないか。10年後に観たら胸に迫る思いがあるかも知れないな…。

そして演者達が本当に懐かしい面々。終始、これが昔のライフだったな…ととても懐かしく思った。
笠原、深山、楢原、甲斐、前田の各氏が目の前にいる非現実感。本当に彼らが目の前で当たり前のように演技していることが不思議だったし、また、そんな当たり前に自然な演技を見られたことも嬉しい。そしてそんな面々の中に自然と混ざれる緒方君も有望だな…。

トークゲストは奥田×青木コンビ。先輩達と一緒に舞台に立ちたかったとしきりにこぼす。
その言葉を受ける先輩達の中で笠原さんはコンタクトを舞台上に落としてしまい、開始早々、真剣に探し回る。それと、本舞台の登場人物で誰に共感するか?みたいな質問で、殆どの出演者が大島だと言っていた。皆さん、過去に大きな志を抱いていたのだな…。

2013.05.05 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。