上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて『栗コーダーカルテットと湯川潮音&おおはた雄一』。

"溜め息の橋"を聴きたくて行ってきました。
しかし、彼の曲は演らなかったのでした…、ああ、酷い話だ。

01:Chicken Is Nice(Dave Van Ronk)
02:裸の王様
03:りゆう
04:ルビー
05:風よ吹かないで
06:さよならの扉
07:にじみ
08:かわいいかくれんぼ
09:ニコニコピンピンの歌
10:メトロポリタン美術館(大貫妙子)
11:いつもの珈琲(おおはた雄一)
12:光の中の家
13:どうかあしたは
E1:ピタゴラスイッチのテーマ
E2:曲名不明(なんてったっての歌)
E3:曲名不明(栗コーダーの曲)

以上、シオーネが絡む曲のセットリスト。
この前に栗コーダーの演奏+おおはた氏の演奏がありました。そして、確か…、01-02はおおはた氏と、03-04はシオーネ単独、05-06は栗コーダーの皆さんと、07以降は全員で揃って…という変則的なスタイルでの演奏。

「02:裸の王様」はおおはた氏のエレキギターが伴奏という摩訶不思議な裸の王様、栗コーダーとの競演はピロピロとしたリコーダーの音色とシオーネの歌声が混じると妙に可愛らしい印象に、「01:Chicken Is Nice」や「07:にじみ」他ではおおはた氏とデュエットっぽく歌っていて今回のライブならでは。…といった感じで、普段は聴けない構成や童歌等があったりして、とても面白い演奏会だった。栗コーダーの皆さんのほのぼのとしたトークと演奏も愉快だったし、「14:ピタゴラスイッチ」辺りのシオーネもとても楽しそうだった(結局二回もやったし)。

…という感じの面白いライブではあったんですが、実はライブ中は別のことばかり考えていて、余りライブに集中できていなかったのです。冒頭の酷いに繋がる話だけど、会場の渋谷duoが相当酷くてね…。前々から思っていたけれど、今回のライブで更にあの会場が嫌いになった。もう好きな歌い手のワンマンでしか行かないぞ!と決意を新たにした次第(前も書いた気がするが…)。見切れだらけの横長ステージも、舞台を遮る二本の大柱も、座り心地最悪のギシギシパイプ椅子も、肌寒さを感じる極寒空調も…、何もかも有り得ないと思うのです。ライブに行って、環境に疲れて苛々するって何なのさ…。

スポンサーサイト
2013.09.30 Comment:0 | TrackBack:0
ウエストエンドスタジオにて、スタジオライフ『BEAT POPS』観劇。

恒例の「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」公演。
初めてリンク先で概要を読んだけれど、バイト料やDM代を含めそれなりにちゃんとしたお金が支給される事業なのね。へーへーへー。

まぁそれはさておき、今回も倉田さんの昔の脚本を掘り起こしてくる、懐かし公演形式。
バブルやら昭和の香りがプンプン。初演は17年前(…だっけかね?)。
道太というコミュニケーションを苦手とする息子を持つレイコ、45歳の誕生日に彼女が若い頃憧れていた歌手ポーの幻影が現れ、道太を約30年前の世界に連れていくのだが…という話。
ラスト、つい感動してしまいそうになるような昇華力はさすがだと思ったのだけれど、実は、道太がどのエピソードで改心したのかよく分からなかった。色恋絡みでキャーキャーしてただけのようにも見えるのだが…。うーん、私の見方が悪いのかね。

それにしても、新人なのにみんな上手いもんだ。今回はLOVEチームで観劇。
道太藤森は殆ど喋らない役だけど、佇まいが目を引く、つまり美形ってことか。まさる千葉は独特の雰囲気が良い。クラブ歌手小南は妙に歌が上手いと思ったら、実際にミュージカルで活躍していたのね。レイコ緒方を観たくて本チームにしたが、相変わらず生真面目そうな演技が好ましい。ヨシオ原田は冴えない不器用なキャラを本当に毎度上手く演じる。テツオ鈴木はさりげなく男前。マキ宇佐見は煩い役だけど、どこにでもいそうな女子っぷりが上手い。ノブコ若林のキャラが既に確立され過ぎててコワい。大橋藤波はライフっぽくないキャラでどこまで行けるのかなー。
…という、若手の感想というか印象。

全く別件だが、次回のLILIESは藤森×鈴木コンビで観る。主役が若手だと事前の期待度とか楽しみは殆どないのだけれど(怖いもの見たさ的なものだけ)、今回の公演を観て二人のコンビが密かに楽しみになった。

しかし、以前の新人公演って3,900円もしたっけ? しかもウエストエンドスタジオで会員価格なのに。年々値上がりするのは仕方ないのかも知れないけれど(日本経済はデフレですが)、新人公演なら英世三枚程度で収めて欲しいもんだよね。質的にも気分的にも。

2013.09.20 Comment:0 | TrackBack:0
ANA4743(羽田6:50-函館8:15)

トラピスチヌ修道院
五稜郭公園
五稜郭タワー
函太郎 五稜郭店
箱館奉行所
旧函館区公会堂
函館市旧イギリス領事館
ハセガワストア

カールレイモン ソーセージ
カトリック元町教会
ハリストス正教会
聖ヨハネ教会
青函連絡船記念館摩周丸
函館山
ラッキーピエロ

立待岬
朝市 高橋商店ほたて貝柱

ANA854便(函館12:40-羽田14:10)

2013.09.15 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。