上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
シアターサンモールにてスタジオライフ『LILIES』観劇。

ライフの代表作の一つ、LILEISの再演。
たぶん忘れないけど簡単な導入粗筋。ある刑務所を訪れた老神父ビロドー、そこには少年時代を共に過ごしたシモンが収容されていた。シモンはビロドーに囚人仲間と演じる芝居を見せようとする。当初は拒否するビロドーであったが、芝居の内容に徐々に目を離せなくなる。その劇中では少年シモンとフランス貴族の末裔ヴァリエが聖セバスチャンの殉教という芝居の稽古をしていた。シモンとヴァリエは互いに惹かれ合っていたのだが、1952年当時のカナダの田舎町では彼らの愛を受容する空気はなく…という感じで始まる物語。

今回はMarcellienチームで観劇。
残念ながら、シモン×ヴァリエは若手固定なので、選択基準は楢原さんのティリー夫人の存在。どうせ幾つかのチームを作るなら一つぐらいアダルトチームとか毛色の違うチームを作って欲しいもの。因みにシークレットは前回で懲りたので初めから除外です(→実際どんな事情があるにせよ予定の2/4しか演じない配役なんて有り得ないと思うのだが…)。
…で、結果、このチームを選んで良かった。新旧キャストの入り混じりから生まれた相乗効果を観られたから(他チームもそうかも知れないけれど)。

藤森ヴァリエは見た目の美しさと純粋そうな雰囲気は抜群で彼にしか出来ないヴァリエ像。鈴木シモンはまだ発展途上感があるけれどシモンの不器用さはよく伝わる。千葉ビロドーの勘の良さはなんだろうね、若手なのに既に危なげない印象。楢原ティリー伯爵夫人は正にこれがリリーズの伯爵夫人!と昔の記憶と重なりながら思う、狂気と哀しみと母性からの包容力が漂う完璧な伯爵夫人。牧島リディアンヌは彼の人の良さが出た不思議なリディアンヌ、一つの一つの嘘に重みがありそうな女性。山本老シモンは予想外の良さでリリーズ全体が老シモンの物語なのだと強く思わせられた、浴槽シーンで後ろに控える老シモンの涙が辛い…。曽世老ビロドーはまだまだ無難な感じで、若ビロドーとの繋がりが見えなかったんだけどそれが老ビロドーの仮面ってことなのかね。

本日はイベント付き。
年齢の幅が広いチームなので、先輩後輩として夫々が印象に残ってる各役者の話。
楢原ママの演技が自分の母親を想起させるとか(藤森・神野→楢原)、原田君の人柄の良さとか(楢原・大村?→原田)、曽世さんの面倒見の良さとか(牧島→曽世)…そんな話。他にも色々とあったけど忘れてしまった…。
あ、それより、私、大村浩司さんは外部の人だと思ってたんだけど、彼はジュニ1だったのねー! スゴい衝撃。いきなりの復帰の理由は会報にでも出てるのかな。結構昔からライフを観ているつもりの私でも、知らない役者がいるんだということが衝撃でした。

まぁそんな感じの2013年版LILIES。
Marcellienチームを観て更に他のチームも観たくなったんだけど、期待を裏切られたらツライので今回はこれで止めておこうかね。笠原さんの老シモンを観られないことだけが残念だ…。
スポンサーサイト
2013.11.26 Comment:0 | TrackBack:0
代官山蔦屋書店にて『代官山サウンドスケープ 湯川潮音×森は生きている SPECIAL LIVE』。

DAIKANYAMA T-SITE内のイベントスペースGARDEN GALLERYという、着席形式で100名近い人数が座れそうな広さの会場でのライブ。森は生きているの緩やかな演奏のあと程なくして、音もなくススッとシオーネ達が登場。

01:りゆう
02:かかとを鳴らそ
MC:男はつらいよの主題歌
03:羽のように軽く
04:ラストシーン
05:No surprises
06:光の中の家
07:にじみ
08:ニューヨーク
09:60年後の灯台守
EC:魔法がとけたら(新曲)

インストアライブと侮るなかれという感じの10曲構成。蔦屋の本気が垣間見えるような見えないような。

「MC:男はつらいよの主題歌」は蔦屋で寅さんシリーズを大人借りしたと言いつつ有名なフレーズをさらりと歌う。「05:No surprises」はとにかく染みる。今日の「06:光の中の家」はいつになくドラマチック。地主から手紙がきた家のその後は退居にまで話が及んでいるそう。その気持ちがこもったのか。「08:ニューヨーク」では指パッチンことフィンガースナップを遠慮がちに誘うシオーネ(結局観客は手拍子)。アンコールはクリスマスアルバムに入る予定という曲を初披露。今日はクリスマスっぽさの低いアレンジだったけど、CDで聴いたらまた違った雰囲気になりそうで楽しみ。

本日のサポートは、Vc:徳澤青弦氏、Pf&Acc:藤原マヒト氏。座った場所のせいかも知れないけれど、今日は少しピアノ音が大きく感じてしまった。自由奔放なピアノは魅力的だけど、シオーネの声が消えてしまっては困る。
年始からのツアーはこのメンバーで演奏するとのこと。今回は(今回も)関東圏が少ないし行く気はなかったんだけど、今日の演奏を聴いて、どこかに行きたくなった。西日本辺りにふらりと旅立つかなー。



----------------------------


以下、どうでもいい愚痴です。飛ばして下さい。

しかし無料インストアライブとはいえ、演奏中のシャッター(?)音はどうにかならないものか。音楽を聴くことが目的の場で、明らかな異音であるシャッター音を延々と聞かせられたら誰だって苛立つでしょうに。撮影者だって仕事なんだから、文句を言う筋合いではないのは重々承知しているけど、苛々したのは事実だから書いてしまう。あぁいう本格的な一眼レフカメラには無音のものはないのかな。じゃあ一眼レフじゃなくていいじゃん…と思うのは素人の浅はかな考えか。まぁ細かい話はどうでもいいんだけど、とにかく煩いんだよー、せめて演奏中は静かにしてくれーヽ(;´Д`)ノ
2013.11.25 Comment:0 | TrackBack:0
ヤッタ━━━━━━ヽ(´∀`*)ノ ━━━━━━ッ !!!!

買い逃していた、【Amazon.co.jp限定】パシフィック・リム ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定) [Blu-ray]"、ようやく予約できたー!
既に完売しているのだけど、キャンセル分の放出なのか時々予約可能画面が現れる。その度にカートに入れては、やっぱりもうないです…を繰り返す。一週間位それを続けて漸くカートに入れることが出来ました。良かった。

pr_re.png

パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(10,000BOX限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(10,000BOX限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11
売り上げランキング : 306
Amazonで詳しく見る

↑こっちの限定版は、もう少し早い段階で確保できていたんだけど、3Dは不要だと思っていただけに、シンプルなAmazon限定版が手に入ってラッキーでした。逆にこっちは放出しなければ。

そういえば、台湾へ行く飛行機の映画プログラムに「パシフィックリム」があったので、行き帰りともに観てしまったよ。観る度に拘り多いディテールに気づくから、何度観ても面白い。


2013.11.20 Comment:0 | TrackBack:0
キネマ倶楽部の感想を書いている時に、Salyuが来年で10周年だということを思い出して、Twitterで「10周年ツアーでやって欲しい曲」を不定期ツイート中。

20曲位溜まったら勝手にセットリストを組んで、実際のツアーと比較して一喜一憂する遊び。
但し、ほぼワタシの趣味なので、的中率は低そう…。
現時点で16曲挙げてみたが、並べてみると如何にも地味なラインナップ。
私の嗜好が良く分かるというものか…。

10周年ツアーでやって欲しい曲1。Salyu「鏡」。
10周年ツアーでやって欲しい曲2。Salyu「体温」。
10周年ツアーでやって欲しい曲3。Salyu「LIFE」。
10周年ツアーでやって欲しい曲4。Salyu「故に」。
10周年ツアーでやって欲しい曲5。Salyu「夜の海 遠い出会いに」。
10周年ツアーでやって欲しい曲7。Salyu「Peaty 」。
10周年ツアーでやって欲しい曲8。Salyu「再生」。
10周年ツアーでやって欲しい曲9。Salyu「砂」。
10周年ツアーでやって欲しい曲10。Lily Chou-Chou「エーテル」。
10周年ツアーでやって欲しい曲11。Lily Chou-Chou「My Memory」。
10周年ツアーでやって欲しい曲12。Salyu「VALON-1」。
10周年ツアーでやって欲しい曲13。Salyu「風に乗る船」。
10周年ツアーでやって欲しい曲14。Salyu「彗星」。
10周年ツアーでやって欲しい曲15。Salyu「HALFWAY」。
10周年ツアーでやって欲しい曲16。Salyu「Tower」。

あと数曲はいけるだろうから、次はもうちょっと盛り上がる曲とか挙げてみよう。
いや、そもそも盛り上がるような曲ってあるか?…と悩みつつ、普段余り聴かない曲を聴くのも楽しいかも(しかしアルバム偏り過ぎ?)。

( ゚д゚)ハッ! No.6がない…。

2013.11.18 Comment:0 | TrackBack:0
台湾

EVA航空 羽田→松山 BR0191 12:15-15:00

中源大飯店 ニューコンチネンタルホテルタイペイ

故宮博物院(8:30-18:30m金土-21:00)
士林夜市(福州世祖の胡椒餅)

龍山寺
剥皮寮 (台北市郷土教育センター)
中正紀念堂(衛兵交代式)
台北101
九分
茶藝館(高山茶?)
寧夏夜市

総統府
金品茶樓(小龍包)

EVA航空 松山→羽田 BR0190 16:00-19:55

茶裏王阿里山烏龍茶(コンビニ烏龍茶)

2013.11.18 Comment:0 | TrackBack:0
六本木ヒルズアリーナにて『東京ハーヴェスト ライブセッション Salyu × 小林武史』。

Salyu名義だしコバタケ氏いるしフリーだし…ってことで行ってきました。
18時前に着いたら既に結構な人出。前方の椅子席は当然埋まってたので、見易そうな位置で開始待ち。

01:悲しみを越えていく色
02:VALON-1
03:アイニユケル(新曲)
04:風に乗る船
05:to U

なんと鉄板なセットリスト。フリーライブには勿体ないぐらい。
いや、逆か、フリーライブだからこそ、一回で引きつけられる曲を並べるべきなのかね。

「02:VALON-1」のイントロが流れてきた時、やるのか!?と驚きつつ久々にナマで聴けたことに感激。「03:アイニユケル」は発表があったばかりで聴けると思ってなかったけど、アレンジ次第では良い曲に仕上がりそう。震災後に得た繋がりで生まれた(向けた)曲とかコバタケ氏は言ってたような言ってないような…。私の勝手な印象だとシリアスな”HALFWAY”っぽい(違うか?)。「04:風に乗る船」はアコースティック版。「05:to U」はそもそもBank Bandの歌だし、こういう場で歌うのには似合う曲。

序盤は音量等々の影響もあって不安定気味に聴こえたSalyuの歌声も、後半はまずまずの安定感。…というか、演奏者の二人は終始とにかく寒そうで非常に可哀想(途中で温かい飲み物と懐炉の差し入れはあったようだけど)。Salyuは音楽で暖めたいとかいつもの如く言っていたけど、いやいや、もっと厚着しなさいよ…と思わず心の中で突っ込んだ。何にせよ、この時期の屋外演奏は厳しそう。

しかし、無料でSalyuの歌声が聴けるのは嬉しいのだけれど、こういう場所で聴くと、改めてたっぷり思う存分Salyuの歌を聴きたい…という欲が出てしまう。どんなカタチでもいいから、早くワンマンライブやってくれないかね…。

giro.jpg
※ライブ開始前の寒そうな青いステージ(゚Д゚;)ヒヤッッ

2013.11.09 Comment:0 | TrackBack:0
シオーネの話ばっかりだな…。
まぁタブンそろそろネタ切れ打ち止め予定。

…ということで、湯川潮音「濡れない音符」をフライングゲットしてきましたよ。

shio_nu.jpg

左は特典CDで、"りゆう"と"かかとを鳴らそ"の2曲入り。

既に聴いた人なら分かると思うけど、今までの湯川潮音のアルバムとは少々趣が違う。
吐息まで聴こえる近さを感じるというのか…(実際聴こえてるし)、別の言い方すると、とてもライブっぽいというのか…。ライブっぽいというのは、ともすれば荒っぽい印象も与えてしまう。なので聴き始めは少し戸惑ったりもする。でも、聴き進めるうちに、またそれが違う魅力を見せたりするから楽しい。
大仰な煽り文句ほどの斬新さや新境地感はないかも知れないけど、これは面白くて素敵な良いアルバム。

このアルバムを聴いていると、ニューヨークから戻ってきてからの数々のシオーネライブを思い出してしまうわ。
なんと懐かしい。
…ということで、年末年始はシオーネのライブに行くぞー! イエ━(゚∀゚)━イ!

----------------------------------------------

アルバム収録曲「かかとを鳴らそ」のMVが出てきたのでペタペタ。
監督は川村真司、岡本将徳の両氏。
この曲はセットリストを書く時にタイトルが分からなくて、ずっと"とらわれた歌"と書いていた曲。



2013.11.06 Comment:0 | TrackBack:0
湯川潮音さんがメジャーレーベルから離れて、インディーズとして面白い試みを始めたので纏めがてらメモってみる…の続きの続き。

書いてからアップまでに時間差があったので、前回の記事はやや頓珍漢な感じですが、出資を募っていたシオーネのクリスマスプロジェクトは無事に目標額を達成した模様。メデタイメデタイ。

湯川潮音クリスマスアルバム制作プロジェクト
http://camp-fire.jp/updates/843


2014/11/5現在、¥1,232,305。

追加した「¥5,500:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+プラネタリムライブ録音データ」が結構貢献したのかね。最近は「ライブお持ち帰りサービス"LIVEtoGO"」も好評みたいだし、今後はライブ音源の販売も当たり前になるのかな。
しかし、今回は途中追加しただけに、「¥2,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム」の人の為に¥3,000位でライブ音源の企画を設定してもいいかも。そりゃないよ…と思っている人もいそう。

まぁ何はともあれ、達成して良かったわ。
お金を払うつもりでカード決済しているのに、ダメだったら、結局ライブもCDも何も手元に届きませんよ…なんて状況になるんだもんね(勿論お金は支払われないけれど)。

------------------------------------

以下、ちょっと気になったので、CAMPFIREのこととかを引用メモ。

・プロジェクトを掲載した方へは集まった支援総額の80%が支払われ、残り20%はCAMPFIREの手数料(クレジットカード決済手数料は弊社負担)。CAMPFIREの手数料は目標金額の20%ではなく集まった総額の20%。
・リターンには各々にメールアドレス・住所の取得を設定可能。メールアドレス・住所は、プロジェクトがSUCCESSし募集終了した後に閲覧できる。
・リターンの設定における傾向。CAMPFIREでは平均すると5,000円-10,000円のリターンがもっとも多く支援されている。

・カード会社へ支払うクレジットカードの加盟店手数料。一般の小売店や専門店3-5 %(デパート2-3 %、家電量販店やコンビニエンスストア1-1.5%)。
・CDの製造コスト。プレス費用70-95円(CD盤面の印刷代、ケース代、キャラメル包装代含む)。ジャケット印刷差込等は別料金(大量で30円)。

2013.11.04 Comment:4 | TrackBack:0
湯川潮音さんがメジャーレーベルから離れて、インディーズとして面白い試みを始めたので纏めがてらメモってみる…の続き。

で、何が面白いと思ったかというと、クリスマスアルバムを"クラウド・ファンディング"で製作する試み。クラウドファンディングはネットを使った不特定多数からの資金支援という感じかね。メジャーを離れてどうするのかと思ったら、ファンというか支援者との距離をぐっと縮めてきた。

以下は今回のクラウドファンディングの内容
http://camp-fire.jp/projects/view/843

○内容:クリスマスソング全10曲のアルバム製作(書き下ろし新曲を含む)
○目標額:100万円
○支援者へのリターン:金額により以下の通り
¥500:クリスマスメッセージ(電子メール?)
¥1,000:アルバム収録曲の電子データ数曲分
¥2,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム
¥3,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+スペシャル動画
¥5,500:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+プラネタリムライブチケット
¥10,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+プラネタリムライブ最前列チケット+スペシャル動画
¥30,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+プラネタリムライブチケット+楽屋招待
¥100,000:サイン&シリアルNo.入りアルバム+クリスマスカード+プラネタリムライブチケット+オリジナルソング作成

既に支援しちゃったけど、改めてみると、よく考えているなーと思う。
10万円でシオーネに曲を作って貰えるなら余裕でお願いしちゃいたい…と思ったんだけど、今回は貧乏性の自制心が働いてしまった。内容的には、5,500円辺りがライブチケット代込みで手が出し易いように思えます。
逆に、10,000円の設定が弱いかと思ったんだけど最前列チケならいいのかな…。あと少額帯の1,000円と500円も訴求力低め。アルバム入手したら電子データを得たのと同義だし、メッセージだけに500円払うならライブ当日に口頭でお礼言いますよの方が嬉しいかも。

何でも自由に設定できるからこそ、逆にここら辺の匙加減は難しいのだろうね。
しかし、"あと少しで目標額!達成なるか!"という時にお布施的に支援してしまいそうで怖いわ。ブログを書いている10月26日時点で約半分。どうか順調に目標額が達成されますように…(-∧-)
ただ、これはとても面白い試みなので、今後も何かあったらやってみてもいいかも。
内容にもよるけど、たぶん大体支援しますよ(・∀・)!



2013.11.02 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。