上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
中野サンプラザにて『Salyu 10th Anniversary Concert “ariga10”』。

遂にSalyuも10周年。おめでたい。

01:be there
02:彗星
03:イナズマ
04:Tower
05:Dialogue
06:悲しみを越えていく色
07:HALFWAY
08:青空
09:name
10:再生
IN:Instrumental
11:体温
12:Dramatic Irony
13:landmark
14:夜の海遠い出会いに
15:I BELIEVE
16:ライン
17:コルテオ~行列~
18:VALON-1
19:新しいYES
20:アイニユケル
21:to U
E1:LIFE
E2:風に乗る船

普段は忘れがちだけど、Salyuは良い曲を一杯持ってるよね。
10周年に相応しいほぼオールスターなセットリスト。普段のライブでもこういう一軍曲を前面に出せば満足度も上がるだろうに、Salyu側は曲を固定するのは嫌いなのかね。個人的には「be there」「I BELIEVE」辺りを外して「Peaty」「My Memory」でも入れれば完璧になるのに…なんてね。

01-03は肩慣らしぽかったけど「04:Tower」で一気に懐かしくなる。滅多に演奏しない希少曲「05:Dialogue」は無難にこなし、ライブで安定している「06:悲しみを越えていく色」「07:HALFWAY」でステージを締め、「10:再生」でオタ心をギュッと引き寄せる。その後休憩的にInst.で衣装替え。再登場後「11:体温」で穏やかに空気を温める。ふわふわ。「12:Dramatic Irony」「13:landmark」で1stアルバムの指標的曲を二連発。そしてライブ映えする「14:夜の海遠い出会いに」で圧倒的な歌声を見せつけ、「18:VALON-1」で原点回帰。「19:新しいYES」「20:アイニユケル」で次に向かう雰囲気を作り出し、最後は空気的な定番曲「21:to U」をコバタケ氏と二人でしっとり。アンコールはSalyu曲の中でも最も乗りのいい2曲「E1:LIFE」「E2:風に乗る船」で最後は客席もオールスタンディング。風に乗る~で歌詞飛んでたけど、会場全体が楽しそうなので問題なし。

MCは少なめ。10年活動を続けられたのは、コバタケ氏を始めとして周りの人や応援してくれた人がいたから…という感じで感謝の言葉を。最後のMCではコバタケ氏が、Salyuは稀にみる才能を持つアーティスト、皆さんにお願いしたいことは一つだけ、末永く応援し続けてやって下さい…と父性溢れるコメント。
サポート陣は、Key:小林武史、Gt:名越由貴夫、Ba:キタダマキ、Dr:伊藤大地、Cho&Per:ヤマグチヒロコ、Manip:アダチレンの各氏。

ライブ終了後は話の流れでポスター配布列に並んでみた(酔った勢いで売りそうですが)。
終演後の購入でもポスター配布可ということで、結局500人位は並んでた模様。熱くて長くて遅い行列が進んだ先にSalyuがいて、本来はNGだったはずの握手もしてくれた。一人一人顔を見て、ガシッと掌を掴んでくれたよ(・∀・)イエーイ!!!。楽しいライブへのお礼のつもりで、ありがとうございました!と気合入れて言ったら、Salyuは( ゚д゚)ポカーン。…まぁそれはさておき、サイン書きと握手会お疲れさまー&ありがとう>Salyu。

…ということで、Salyu10周年の記念行事的ライブは終了。次の10年もその稀有な歌声で私を楽しませて下さい。

-----------------------------------------------------

以下、ネガティブ要素は隔離して書きましょう。

開場時に入場列が全然進まない。とある客の"開演迄に入れるんですか?"の問いに、無言になってしまう係員…。嗚呼、双方気の毒。その後入口を大幅増設して対応したが、整列していた客は入り乱れ、最終的には20分近く押して開演。全国中継するというのに有り得ない為体ではないか。

苦手なコーラス。事前にメンバー情報があったので期待値を低くしたのが功を奏したのか、幾つかの曲は効果的だとさえ思う部分もあった…。とはいえ、Salyuの歌声にコーラスが被る度、相変わらず勿体ないことするなーと肩を落とし、現実に引き戻されたのも事実。Salyuの歌声を希求する客の期待(私だけかも知れないが)をどうして易々と裏切るのか…とバンマスのコバタケ氏に問い掛けたい。※毎度ながら念のため書くけど私はヒロコの歌声が悪いとか嫌いなんて言ってません。

アンコールの拍手の少なさに愕然。DVD出たら買うかも!とか勢い込んで話すくらいなら拍手しろよ…と隣席の客に心の中で突っ込んだ。いや、本当に、アンコールを求める気がない(拍手する気がない)ならとっとと帰ればいいのに…。

前半はややバンド音が少々煩く感じた。またSalyuの歌声自体も万全といった感じではなかった気が…(最近の万全があれだというなら万全なのかも知れないが)。だけど、Salyuの真骨頂ともいえる歌声のパワーに圧倒されたし、正に歌声で押し切った感じ。

スポンサーサイト
2014.02.28 Comment:1 | TrackBack:0
中野サンプラザで仮にサイン入りポスターを貰えたとしても、確実に持て余すし、もしかしたら酔った勢いでヤフオクなんかに出品してしまいそうなので、とっとと買ってしまいました。

しかし、多摩地区の某CDショップ(新星堂だけど)には二枚しかなかったよ…。
既に売れてしまってあの状態だと思いたい。思いたい…。

いまサラッと聴いているけれど、ピアノ伴奏だけの[Studio Live ver.]の方がSalyuの歌声を堪能できるかも。
まぁ何にせよ、明朝、電車でじっくり聴くのが楽しみ(・∀・)ワクワク!

aini.jpg

2014.02.25 Comment:0 | TrackBack:0
「アイニユケル」のフルバージョンPVが上がっていたので記念ペタペタ。

つーか、これ、明日フライングゲットするべきなの?
それとも週末の中野サンプラザで買えばいいのかしら。
本当に東京でインストアライブがないなんて思ってなかったから、どこで買ったらお得とか特典つくとかつかないとか、全然知らないわ。怠慢(・A・)イクナイね。



しかし、この曲、良い曲なんだけど、後半、もっともっと一体感持って盛り上がれば良かったのに…。
CD買って聴いたらまた印象変わるかなー。変わるといいなー。

2014.02.24 Comment:0 | TrackBack:0
シアターサンモールにてスタジオライフ『少年十字軍』観劇。

関東に今冬二度目の大雪が降る中、ザクザク雪を踏み締め行ってきました。
しかし予想外に空席はほぼ無く、ライフファンの熱心さに感服。まぁバレンタインイベント付きというのも外せない要素ではあったのかも知れないけれど…。

で、皆川博子原作の"少年十字軍"。粗筋は…大天使ガブリエルから聖地奪還の啓示を受けた羊飼いのエティエンヌ少年を中心に、彼を慕い集う小年少女や助修士、また寄進物を狙う大人達等が群がって起きる行軍中の色々な事件を描いた作品。
一部事実を基にしている作品だそうで、こんなことが実際にあったなんて驚き。完全に創作の賜物のような話なのに、事実ってのは不思議なものだね。
本舞台は若手が良い意味で目立っていて(藤森×田中)、それをベテラン勢(山本×曽世)がしっかり締めるという仲々見応えのある良い舞台だった。脚本的にテンポが悪くて冗長だな…と思う部分は少々あったけれど、後半の日程ならもっと相乗効果が増して良い舞台になるのかな…と思わせる舞台でした。

今回はFluctusチームを観劇。以下、簡単に役者の感想。
山本ガブリエルは持ち味のスター性で地味な役に重要性を与えている、藤森エティエンヌは頭の弱そうな羊飼い部分と受託者としてのカリスマ性なんかが程よく相俟って役柄的にピッタリ、田中ルーは初めて見た?つーか誰?フレッシュ?…と不思議に思いつつ、ルーの異質さと聡明さを的確に表現していて有望な気配、船戸フルクは流石の胡散臭さ、関戸ドミニクは化け方というか演じ方が面白くてついつい目で追ってしまう、藤波ジャコブも新人公演とは印象が全然変わって役者として興味深いというか面白い人、シモン神野の卑劣さ加減も頼もしい、そして曽世カドックの脈略のない唐突狂人っぷりが舞台をググッと引き締めていて本舞台の要ともいえる活躍っぷり。

本日はバレンタインイベント付き。
仲原、関戸、船戸、笠原、山本の各氏が過去のバレンタインエピソードを披露し、客席が面白さ(印象深さ)をジャッジするという形式のイベント。仲原君はライトホラーチックな教室での不思議出来事、関戸君は小学生時代の淡いパンティ事件、船戸さんは高校ハンドボール部時代の後輩とのすれ違い勘違い話、笠原さんはモテない小学生時代とストレッチ中に訊いた宇佐見君のモテ話をマキマキで、芳樹さんはホワイトデイのお返しにクッキーを作ったが想い叶わず…という話。皆さん夫々面白い話だったけど、やはりオチがしっかりしていたギャグみたいな関戸君の話が一番面白かった。

そういえば、ライフの次回作は「トーマの心臓」とのこと。今日は入口でモギリの若手クンに"お寒い中ようこそ"みたいな事を言われたり、ライフ初観劇時の席と近かったこともあり、妙にトーマのことを思い出してしまったわ。少年の物語だから勿論若手中心なのだろうけど、果たしてどんな配役(舞台)になるのか…と少々妄想をしてみようか…。

2014.02.14 Comment:0 | TrackBack:0
名古屋陶磁器会館にて『湯川潮音 濡れない音符ツアー2014 "11years 11places"』。

本当はサカナクションの仙台公演に行く予定だったんだけど、話の流れで名古屋に行ってきました。サカナ仙台はインフルエンザで延期、シオーネ名古屋は大雪で交通網大混乱…。うむ、どっちもどっちか(いや、歌を聴けたのだからこちらが勝ちか)。

01:りゆう
02:かかとを鳴らそ
03:しずくのカーテン
04:羽のように軽く
05:ラストシーン
06:ロンリー
07:光の中の家
08:にじみ
09:ニューヨーク
10:長い冬
11:60年後の灯台守
12:砂の鳩
13:笛吹きの少年
14:その日わたしは
E1:風よ吹かないで
E2:渡り鳥の3つのトラッド

セットリストは横浜とほぼ同じ。たぶん"HARLEM"が"長い冬"に変わったくらいか。
それと「12:砂の鳩」の始まりで、サポート二人が驚いたような意外そうな反応をしたので、12-13はあの場で入れ違いになったのかな(終演後ご本人に訊いてみれば良かった)。

今日は歌う姿がとても楽しそう。
昼間のライブは日差しも手伝って明るい雰囲気が増して良い。
本人も寝てないから眠くなったと言っていたけれど、室内の温かさとシオーネの心地好い歌声が相俟って、私もポワーンとして眠気を誘われる瞬間があった。好きな音楽を聴いて眠れるなら最高だ(寝てないけど)。他のMCは…、大雪の影響で0時に出発して下道移動は過酷だった、こられただけで嬉しい、売店で買った鶯徳利をピーピー紹介、渋谷に行く感覚になってきた名古屋は今後は飛ばさずに来たい、名古屋は優しい、天むす食べた…とか。寝不足のせいか、ツアーのせいか分からないけど、結構沢山喋ってくれました。

最後に本日のサポートは…Pf.藤原真人、Vc.徳澤青弦の御二方。

sio0209b.jpg

2014.02.09 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。