上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
パルコ劇場にて『メアリー・ステュアート』観劇。

中谷美紀をナマで観られる数少ないチャンスだと思って行ってみた。
前回の南×原田バージョンを観て、演目に苦手意識があった。女性二人の回想や妄想が延々と続き、しかもテーマの根本には女性としての在り方的な話があって、内容としては暗くて面白味を感じにくい。更に時代背景や人物背景が分かりづらく、事前の予習も必要だというのが厳しい。

粗筋もなにもないんだけど…以下簡単な内容。
まだ統一がなされていない16世紀のイギリス、スコットランド女王メアリー・ステュアートとイングランド女王エリザベス1世は、同じ時代に同じ女王という立場として在りながら全く異なる人生を送っていた。エリザベスに幽閉されたメアリーはエリザベスに一目会うことを望みエリザベスはメアリーの思いを受け入れず…、二人は夫々の思いを回想していくのだが…という感じ。

出演者の感想メモ。
中谷美紀:メアリーとエリザベスの侍女。思いの外ガッチリと丈夫そうな見た目。神野エリザが大きく威厳がありそうなのに対して若さと奔放さを感じるメアリー。ただそれを表現する為に随分と神経を使ってそう。横顔とその立ち姿が非常に美しい。劇中いきなりロック調の歌が始まるが(やや驚いた)やはり彼女は歌が上手い。ミュージカルでもやればいいのに。
神野三鈴:エリザベスとメアリーの乳母。しっとり柔らかくて淀みない声が大変綺麗。演技が上手いのは当然だが、幾度も舞台を踏んでいるのだろうという安心感がある。そして彼女は静かに熱演するのかな…と思っていたんだけど、パンフを読んだら敢えて抑えた演技をしていたんだって。へー。抑えつつ感情を発露するのって難しいのにスゴイね。

客席内に入ったとき、斜めになった八百屋舞台と後方にドドーンと設置された大きな鏡が目に留まった。役者はさぞ気が抜けなくて大変だろうな…と感じたが、流石に何十年も役者をしている二人は隙のない熱演をしていた。今回はその熱に圧される…という舞台ではなかったのだけど、そういう真剣味をひしひしと感じられる舞台という空間は面白い。仲々チャンスはないけれど、またストレートプレイも観に行きたいなーヽ(´ー`)ノ



スポンサーサイト
2015.06.20 Comment:0 | TrackBack:0
NHKホールにて『Salyu TOUR 2015 Android & Human Being』。

前回に続き、またも小雨がパラパラと降るNHKホール。
ツアー最終公演ということもあってか、客席はほぼ満席。

01:共鳴(空虚な石)
02:エロティック
03:landmark
04:イナヅマ
05:風に乗る船
06:Dramatic Irony
07:VALON-1
08:先回りして1
09:非常階段の下
10:リスク
11:心の種
12:有刺鉄線
13:先回りして2
14:フェスタリア
15:カナタ
16:THE RAIN
17:希望という名の灯り
18:先回りして3
19:アイニユケル
E1:Lighthouse
E2:to U

今日のSalyuの声は外すことも絡むことも少なくて結構好調。
バンド音と張るため声を酷使して枯れてしまう…という推測を裏付けるかのように、比較的静かに丁寧に歌ってる曲達の印象が良かった。具体的に言うと"09:VALON-1"(今日テンポ遅くない?)、"12:リスク"、"13:心の種"(アルバム内一番の捨て曲だと思っていたのに…)、"15:先回りして2"。特に"心の種"は倉敷の頃とアレンジを変えてピアノ伴奏だけにしたのが功を奏していたのかも。毎度ラストの"E2:to U"は眼を閉じて聴くとSalyuのナマ歌の有り難みを感じられていいかもと思う(曲の有り難みはそんなにない)。
それと今日は2Fの下手端席だったせいか、Salyuの歌を聴きにいったのかドラムを聴きにいったのか分からないほどドラムのドスドス音を体感してしまった…(特に嬉しくない)。大きい会場は座席位置によって聴こえ方が全く変わってしまうのがツラいところ…(-_-)

今日もMCは殆どなかったけどアンコール演奏前に、"好きな歌が続けられるのも皆さんが興味を持ってライブに来てくれるから、今日も様々な挑戦をすることができた、ありがとうございます、これからも自分なりに進んでいきたい、よろしくお願いします"…というようなことを言っていた。

…ということで、2015年"Android & Human Being"ツアー終了。
倉敷まで行ったお陰か少し思い入れのあるツアーになった。Salyuは声の変調も含めて今が変わり時なのかな…とぼんやりと思う。今回はSalyuの声の弱さが出てしまったツアーで、年齢的なものやその時の状態によるものもあるだろうが、Salyuの歌声は常に完璧ではない…と聴き手がハッキリと認識してしまった。
そんな好不調の波が激しい中で、今日は有終の美を飾ったといっていい内容だったのではないかな。全てが完璧ではないにせよ、Salyuの力強くて美しく優しい歌声が聴けて良かった。まだまだSalyuはいける…と私は思ったよヽ(´ー`)ノ

倉敷と一緒だけど、サポートメンバーメモ。
Gt:名越由貴夫、Ba:キタダマキ、Dr:あらきゆうこ、Cho:ヤマグチヒロコ、Bandmaster&Key:小林武史



2015.06.19 Comment:0 | TrackBack:0
タワーレコード新宿店にて『湯川潮音"セロファンの空"発売記念 ライヴ&サイン会』。

少し早めに着いたらリハーサルをやっていた。ラッキー。
しかし実際には演奏しない曲の旋律もあったけどリハーサルってそういうもの…? "裸の王様"やってくれるかも!とちょっと期待してしまったではないか…(-_-)

01:birch
02:役者
03:自由の冠
04:ハイエナのイエナ
05:パリの動物園
06:ルビー

21時開始という過酷な条件にも関わらず、イベントスペースを埋めるギッシリの人達。
やや意外だったけど軽く100人位はいただろうかね。一昨日のwwwでのライブと比較して若干年齢層が若い。

今日はシオーネと徳澤青弦氏の二人だけの少人数構成。
御本人は"ミニマムアレンジ"と言っていたけど、ループマシンや打ち込みやラジカセやらなんやらを使って、二人だけとは思えないボリュームのある演奏だった。今回の新曲はクセがあるようでクセがないような不思議な曲が多いけど(唯一"自由の冠"だけは旧作と新作を繋ぐ中間のイメージ)、今日のアレンジは聴き心地が良かった。また"05:パリの動物園"ではアルバムやライブの宣伝を強引に取り入れていて、その部分でも今日だけのオリジナルアレンジといえるものかも…。

MCは余りなかったけど、この時間は普段は寝ていて眠い…夢か本当かどちらでもいい…、今日は二人で工夫して"Do it yourself"、今月は人生の中で一番ハイエナと言っている…とか、そんな話を軽めに。

ライブ終了後はサイン会。
こちらから話し掛ければ気さくに答えてくれるような緩めな感じ。何を話していたかは知らないけれど、他の人との触れ合いを見る限り、シオーネはよく笑っていた。私は一昨日のライブが楽しかったことを伝えた上で、もっと東京でライブやってくれヽ(´ー`)ノ!と訴えてみた。詳細は省くけど、思ったより手応えのある反応をしてくれた。その後、ヤマハのライブが決まったようなので訴えた甲斐があったというもの。良かった良かった。


※ジャケットの撮影場所は代々木公園かな?(twitterに上げた写真を使い回すの巻)


-----------------

以下は"セロファンの空"の感想というか余談。
"役者"の歌詞やツラーチラシに書かれている"ゆめはほんとうかほんとうはゆめか"という言葉。胡蝶の夢。これがアルバムのコンセプトだというなら納得。あの取り留めのなさというかバラエティに富んだ内容も、際限のない夢の世界なら頷ける。ただ他人の夢の話は詰まらないとの言葉もあるように、共有できない夢は他人に伝えるのが難しい。それを現実のライブで表現して伝えてくれるのだ…という意味では、このアルバムの曲達はライブで聴いてこそ価値があるのかも知れない。…という意味不明な独り言。

2015.06.06 Comment:0 | TrackBack:0
渋谷WWWにて『湯川潮音"セロファンの空"release tour 2015』。

むぐぐ…、平日の18時開場は非常にキツい…。
息を切らして会場に到着したら、結構な入場列ができていた。
もしや埋まらないのでは?と勝手に危惧していたのだが、そんな心配は無用のほぼ満員の客入りだった。

01:ハイエナのイエナ
02:We’ll see
03:逆上がり国
04:未来のルーシー
05:役者
06:笛吹きの少年
07:自由の冠
08:パリの動物園
09:iIIi....
10:ジョーカー
11:ラストシーン
12:ニューヨーク
13:60年後の灯台守
14:birch
15:キルト
16:ワルツの亡霊
E1:ルビー
E2:エデンの園

はて…、セットリストは合ってるのかしら(-_-)?
正解がどこにも上がらないから確認できないのがツラいところ。ライブが終了したらササッと公式に発表してくれればいいのに…。

ライブは代え難い価値があると思う。その瞬間に奏でられた音を直接受け止めることが出来るから。今日はそんなことを思いながらライブを聴いていた。
そもそも今回のアルバムは良くも悪くもナマっぽい印象だった。だからライブで聴いた方が楽しそうだと思っていたが、その予想は正しかった。CDの初聴きで、これはどうかな…?と思った曲(正直言うと半数以上)も楽しめる仕上がりになっていた。私の中では湯川潮音の歌はライブで聴いて完成といった部分もあるので、もっとこの曲達をライブで聴いて耳馴染みのある状態にまでできたら良いな…と思う。
…で、だからこそ、要所で挟み込まれる旧作達の出来の良さに感激してしまったのも事実。何度も演奏された完成度には適わないというか…、つまり、まだまだ"15:キルト"が最強。また、新曲の中で特出した曲がないと感じたのは、新アルバムは全ての曲を合わせて一つの曲というようなイメージがあるからかも知れない。…にしても、"08:パリの動物園"で手拍子を煽ってたけど、あれは素人にはムリだよね…。

MCは程々あって…、新アルバムは誰かにプロデュースを依頼しようと思っていたがタイミングが合わず、青弦氏の"自分でやればいいよ(声マネ)"の一言でセルフプロデュースになった。いつもの英国入国拒否話から、夏からニューヨークにも拠点を持つ予定だという話。本編の終了前には、自分は飽きっぽいけど行き着く所は音楽、今日も新しい音を奏でられて嬉しい、来てくれてありがとう…という締め。

本日のサポートは…、cello.syn:徳澤青弦、guitar:長岡亮介、bass:千葉広樹、drums:山本達久の各氏。



2015.06.03 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。