恵比寿LIQUIDROOMにて『Salyu Live 2016 Sonorous Waves』。

台風が迫り小雨パラつく恵比寿。
久し振りのLIQUIDROOM。もしかしたらカエラ祭以来かも。

本公演は2016年のツアー扱いなのか、ツーマンで東西2公演なのにタイトル付き。
"Sonorous"は「鳴り響く、響き渡る、朗々とした、堂々とした」といった、正にSalyuの歌声を表したかのような意味。

01:SCAT
02:be there
03:VALON
04:landmark
05:THE RAIN
06:My Memory
07:s(o)un(d)beams
08:Lighthouse
E1:新しいYES
E2:Love takes time(片平里菜)
E3:You've got a friend(Carole King)

定番曲が多いながらも、どの曲も捻りがあり、セットリストで楽しめるライブだった。
ウタギッタの時、Salyuは自分の曲を演奏するのに"カバー"と言っていたんだけど、今回の趣向もそんな感じ。コバタケ氏がいない公演なら、Salyuの自由度が高いこういう企画はいい。

冒頭2曲でいつもの感じかーと気を緩めていたら、"03:VALON"の前奏が流れてきた。マジか! "VALON-1"じゃなくて"VALON"。私、Salyuのライブに10年ほど通ってるけど初めて聴いた。今回はラップ部分をヒロコ氏が変声(?)して担当。私は"VALON"が切っ掛けでSlayuの歌声の虜になったので、完成度とか抜きにして、この曲をライブで聴けただけで幸せ。感無量。"04:landmark"は重厚感あるスローテンポ。"05:THE RAIN"は盤石の圧倒感。一部で手拍子が起こりそれに乗ってSalyuが手拍子を煽った。普段ジゾーで有名なSalyuファンも手拍子しないわけにはいかない…(内心は聴く事に注力したいと思うが)。手拍子が起きるとSalyuが嬉しそうなのが何より。続いてリリイ曲の"06:My Memory"。何回かライブで聴いてるけど、今回は中野リリイ級の出来の良さだったと思う。"07:s(o)un(d)beams"はヒロコ氏と二人でSxS曲。SxSの曲は連続で聴くと緊張感ですぐお腹一杯になるので、今回のようにアクセント的にあると映えて良い。但し後半で咳き込んで(?)から声が出しにくそう。声に直結するアクシデントがあっても歌い切る力は流石…とは思うけど聴いてる側はハラハラしてしまう。本編ラストはエゴサーチも絡めて自ら"お馴染みの"と口にして"08:Lighthouse"。安定して良い曲だから固定化して"to U"のような存在にならないことを祈るばかり。アンコール3曲は対バンの片平里菜さんとセッション。片平パワーか"E2:Love takes time"では会場全体で合唱…みたいなSalyuライブではほぼ有り得ない展開も…(戸惑うSalyuファン)。でも声質の違う二人の美声が重なるセッションは綺麗で楽しかった。

しっかりしたMCは余りなかったが、今回のライブでは仲間の有り難さを感じたとか、Salyuのライブでスタンディングは珍しいので疲れてるだろう…とかそんな話を軽めに。終始リラックスしている雰囲気で、軽口的な他愛ないことはちょいちょい話していた。総じて今日の舞台は楽しそう。まぁ、ホスト的な立場なので緊張を出している場合でもないのだろうけれど。

今回は少々声が絡むとか揺れるとか、終盤のアクシデントで声が出にくいこともあったが、勢いと力技で乗り切った感じ。セットリストの妙もあるけど、声が安定しなくても満足できるライブもあるんだと思った。…というか、2年程前からSalyuの声の調子の善し悪しを気にしてメモってるけど、そろそろあれがSalyuの現状なのだと認識してしまった方がラクなのかも知れない。その状態から歌をどう表現してどう聴き手に届けるかが、Salyuの歌い手としての力量だよなーと、無責任にもまた考えてしまった(同じようなことを過去に何度か書いているような気もするが)。

サポートメンバーメモ。
Pf:伊澤一葉、Gt:名越由貴夫、Cho&Per:山口ヒロコの各氏。

他の演奏者の感想メモ。
オープニングアクトのHARUHIは3曲15分程。舞台度胸の良さが印象的。ロック調で格好良く歌う姿が映えそう。同年代のファンが付いて、盛り上がる聴衆相手なら更に良いライブができそう。
対バンの片平里菜は甘くて軽やかで高低音どちらも綺麗に響く歌声。ギター一本の弾き語りスタイルながら、聴衆との遣り取りも難なくこなしていてファンは楽しそう。今日の演奏曲は殆ど恋愛ソングだったので、もっと違った視点の歌詞の歌も聴いてみたい(あるのかな?)。





2016.08.29 Comment:0 | TrackBack:0