12/5の話。

シアターサンモールにてスタジオライフ『DAISY PULLS IT OFF』観劇。

久し振りのデイジー。9年振りの再演だって。へー。

粗筋。下町で生まれ育った少女デイジー・メレディスは、名門女子校グレンジウッド女学院が設立した奨学生制度に合格する。入学早々トリクシーという親友が出来たり、デイジーの入学をよく思わない同級生モニカとベリンダに意地悪をされたりするも楽しく学園生活を過ごす。そして憧れの上級生クレアの家に伝わる秘宝を探したり…という感じの話。

今回はMysticチーム観劇。笠原、山本、岩崎、藤原、曽世のアダルトな各氏がどんな女学生姿を見せるか興味津々だったので。この作品を観る度に、女学生姿の劇団員が並ぶ冒頭に圧倒される。今回も壮観且つ気圧される程の迫力。でも物語が進むうちに徐々に違和感がなくなるのは流石だし不思議。

笠原デイジー、全然おチビちゃんじゃないけど、そういう台詞との不整合さはベテラン的アドリブ乗り切ってた。賢い気の毒な少女。強そうなデイジーではあるけどやはり同情と応援をしてしまう。曽世クレアの年上感、トーマのバッカスでも思ったけど、彼の良き先輩感は何だろうね。安心して観ていられる。山根クレアはこっちで唯一の外部出演。育ちと性格の良さそうな美形男子。芳樹トリクシーはエキセントリックなのにフツーにいい子。関戸デイジーママは佇まいが綺麗すぎ。岩崎シビルは意地悪がキツイが女子校に居がちな意地悪女子。藤原モニカはまさか女子高生役!だが、もっさい意地悪女子感はさすが。若林ドーラのドジッ子キャラが可愛い。逆に千葉ウィニーの意地悪下級生も可愛いっちゃ可愛い。

今日はトークショー付き。司会は関戸君。
トーク出演者は曽世、谷沢、岩崎、山根、仲原…の各氏。
曽世さん:舞台の面白さを体感できる舞台。谷沢龍馬君:舞台で汗だく、ベテラン組は優しい、ダメ出しされてもフォローしてくれる。岩崎さん:倉田さんに(前回もあるから)覚えているよね?と言われて戸惑う。山根君:客演組の中でなんで自分だけベテランチームに配属されたのか?。仲原君:今回はアリスだと思ってた、ベテランチームに入ったことが感慨深い。

再演がある度に書いているかも知れないけれど、デイジーでも何でも、久し振り感があると楽しいものだよね。

2017.04.01 Comment:0 | TrackBack:0