『彗星』のコト考えてたら、盛大な流れ星を見た。緑にギラッと光って超スペクタクル。ホ(・Д・)ケー。あと10年振り位で原宿竹下通り歩いたけど、人多過ぎ。みんなクレープ食べるのね…(各店長蛇の列)。

SHIBUYA-AXにて『ROCKIN' ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT-vol.22-』。
「もうSalyuのワンマン以外は行くもんか、今日で最後だ(←立ちっぱ疲れるから)」と思ってた割に、「知らない歌い手に触れる機会があるのもいいなぁ…」と180度違った意見で家路に着きました。なので、結構楽しかったのですよ。ライブ中ノリノリになるワケじゃないけれど、客の乗り方やら乗せ方やらを端から見てる感じで居ると結構興味深い(性格悪)。特にハナレグミとマボロシは客の扱いを心得てるな…と素直に感心。ハナレグミは結構好みの曲なので、またじっくり聴いてみたいです。
そんでSalyu。曲が出なかったり連休感覚なかったりしつつも、全体的に前回より良かった。声は程々通るから結構デカめのハコでも行けそう。

01:回復する傷
02:砂
03:peaty
04:エロティック
05:飛べない翼
06:彗星
07:VALON-1

リリイ時代の曲を良く感じるのは、時間を経てそれだけ歌い込まれているからなのか、それとも曲調の違いなのか…どっちかな。『peaty』は安定して歌えてるし、『VALON-1』も前回よりはかなり丁寧な歌い方。『砂』は初めて聴くけど、静かな曲で Salyuの声が生きていた気がする。
『anan』のインタビューで「歌は上手くて当たり前、更にプラスαの物を出せるように」のようなコトを言ってたけど、もっともっとプラスαを希望。歌もそうだけど、ライブでのパフォーマンスも然りで(→ヘンにフラフラするとかじゃなく)。6/17に Shibuya CLUB QUATTROでワンマンライブをするようなので、そこはかなり期待してます。
2005.03.20 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/103-0af2e818