上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京宝塚劇場にて宙組『ホテルステラマリス/レヴュー伝説』観劇。
芝居ショー共に仲々楽しかったですよ。久し振りに東宝に行くと大劇にも行ってみたくなるから不思議。でも行く用事なんてないしな…。
芝居の正塚風味満載っぷりは賛否分かれそう。順風満帆の道を一見簡単に捨ててしまう主人公の心情は理解できるけど納得しがたい(と思う人は多いハズ)。細かい芝居を酌み取る気力がないと厳しいから、ドラマシティ辺りで上演すると丁度いい感じかも。大劇仕様にしたいのか、意味無いタップダンスの幕開きや踊ってる割には地味なオープニングが不思議でした。今回ナゼか妙に格好良く感じた水さんは雪組に組替えなんですってね(完全忘却)。水タニと揃うと贅沢感を感じたんだけど今回キリか…。後半唐突に浜辺に寝転ぶ花總さんに驚きつつも(明らかにヘン)、それ以降の演技はサスガに十数年トップを張ってるだけのコトはあるかなぁ…とやや感心(でもそろそろいい加減…バッサリ)。遼河はるひはスゴク舞台映えする(イタリアでもモテモテなのも納得)。でも相変わらず勉強不足…というか興味不足で、悠未ひろ未満は全く分からないのが難点な宙組。
ショーは舞台装置がオモシロイ。でも傾斜があると出演者にとっては負担だろうな…。負担と言えば最後の方で壁をよじ登る意味が分からんです。意味分からないと言えばレビュー星人なんだけど、まぁそれはいいや。そう言えば花總さんが突然ダルマ姿になっていて、トップ娘役のダルマ姿ってある意味貴重かも…と思う。序でにデュエットダンスは全然踊ってないのね>あの二人。あとは彩乃かなみ嬢(●´∇`)が光り輝いていたのは気のせいか。もし複数回観劇するなら、オペラグラスオンリーな見方をしたい程(そうすると他が見えんからね…)に、彼女を中心に観ると楽しい。技術があって表情もいいのは得難いな…(ただ微妙にお肉が…)。彼女がトップに立てる月組はかなり面白そうだな…と嬉しい期待感を抱きました(→後はトナミだ)。
2005.04.02 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/111-06bb0b07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。