三鷹にある『三鷹の森ジブリ美術館』に行ってきました。
なんであんな辺鄙な場所なんだろう…。吉祥寺から徒歩だったけど、井の頭公園内で本気で迷子になりそうでしたよ…。私は方向音痴ではない(ハズな)んで、タブン迷子になった人はいるハズ。序でに井の頭公園の桜を見て回ったけど、それよりも人が多過ぎで…。詰まらない使命感で池を一周したけど、それだけでもうクタクタ…。で、美術館の内容は特に感激するようなモノはないと思うんだけど、屋上のラピュタロボット兵、ショップにあった蟲達、1F右横の残像使った展示物なんかは楽しかったかも。どうせなら、もっと作品毎に焦点を当てて、部屋割りしてくれると面白いのになぁ…(ハウルとナウシカの部屋に入り浸るっぽい)。

山川元監督の『東京原発』。
おぉ…、珍しくフツーにオモシロイ日本映画だ…。原発問題をコミカルに描いていて結構勉強になる。これは小中学校辺りで観たら、原子力発電等々の下らなさを小さい頃から理解出来て良いのに。無関心な日本人(東京人?)は根本から考え植え付けないと、もう動かないような気がするんだが…(それはワタシだが)。

最近、道で行き倒れている人をよく見掛けるんだけど…。むぅ…、声を掛けるかどうか非常に悩む…。いや、どう考えても、道で人が倒れてたら声掛けるのが当然なんだけど…。どうなのかな…(←とか思う前に声掛けろ)。
2005.04.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/115-ef647f3d