上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて月組『エリザベート』を観劇。
うわぁ…、予想外にスゲェ楽しかった。そもそもエリザという演目が素晴らしいのは大前提なんだけど、でも宝塚でこんなに満足したのは久し振り。失礼ながら月エリザは技術的な完成度はそれ程高くないと思う。但し、随所でスゴク面白い何かがある。その何かは出演者の魅力なワケで…。とりあえず以下、魅力的な出演者を上から順にいきます。
彩輝トートはマジで美し過ぎる…。最後の最後でサエちゃん(トート)の美貌に圧倒されるとは…。登場の時点からオペラグラス釘付けだったからね…(自分でも信じられない)。静止している画だけなら歴代随一のトートだと本気で思う。かと言って、動いてメタメタってワケじゃなくて、こんなに片恋の似合うトートはいない!って程に一途な想いが溢れるトート。死神なのに全く威圧的ではなくて、もうずっとエリザベートを本当に愛して見ていて、ずーっと最後まで待っていて(子犬みたい)、待っていたからこそエリザベートは振り向いた…っていう。良質の青春ドラマ見てるみたいだったですよ(良い意味で)。瀬奈エリザは実にエロイなぁ…。初登場の幼少時の時点で、既に相当「いい女」なんだもん(→男役の線の太さ故であるんだろうけど)。きっとフランツはあの色香に参ったのではないかと思ってしまう。歌も聴けるレベルまで作り上げていたし、どうもアサコの苦悩がそのまま乗り移ったような(←それが役作りならアサコ凄過ぎ)、不思議な魅力溢れるエリザベートでした。うん、私は歴代のエリザの中で一番魅力的だと思います。初風フランツは若い頃が本当に若い。若作りじゃなく若いのが凄い(そりゃプロの男役だから)。ガイチ氏の歌が上手いのは当然なので今更書きませんが非常に安定感がある。霧矢ルキーニは加減が程良い。私は狂気を前面に出したルキーニは嫌いなのですが(要するに傍観者に徹した轟ルキーニ好き)、やり過ぎず引っ込み過ぎずな感じが絶妙。美々ゾフィーは声が美し過ぎて、やや違和感があるんだけど、でも‘サスガだよなぁ…’と思わせる上手さ。この公演で私がコッソリ歓声上げたのは美々さんのエトワールで、最後に劇場に響かせるべきは彼女の美声だと演出家が判断したのが素直に嬉しい(今回は美々さんは有り得ないと思ってたし)。城咲マデレーネは予想以上に綺麗だなぁ…。前から思ってたんだけど、この人は星奈優里系統の娘役(微妙に地味だけど時々無闇に色っぽい)。彼女見ると必ず優里ちゃんを思い出す。それにパレードで黒天使に戻ったのも嬉しい(→優里ちゃんはドレスだったし…嘗てのマユミさんのようだ)。瀧川スターレイは忠実な雰囲気、椎名ヴィンディッシュは顔の崩しっぷりが役者魂、紫城リヒテンシュタインは綺麗…、嘉月マダムヴォルフは賛否あると思うけどスゴイ独自性。
以上、役者の感想はそんな感じ。きっとサエトートの魅力は劇場で観るのが一番だろう…と思い込んでしまったので、何だかもう一度観に行ってしまいそうな予感がヒシヒシ…。ま、いずれにしろ、来月かな…。
2005.04.17 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/116-b1adb1ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。