上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて月組『エリザベート』を観劇。
実はチケット流そうかと目論んでいたんですが、余りに彩輝トートの衝撃が強かったので再度観劇です。はい、相変わらずビジュアル系チックな美貌のトートでした。もう絵的に言うなら、喋りも歌いも踊りもしないでポーズを決めて立っているだけでファンは悩殺されると思う。というか、私はその段階のサエトートも大好き(キャトルで一瞬ポストカードSET買いそうになったし)。でも前も書いたけど、動いても悪くなくて、実は中心にいない時も細かい表情や動きをしていて、目が離せない場面も多々ありました。サエトートは死神の中でも若造の部類なのではないかと中途半端に想像力を働かせてしまう(→あの詰めの甘さが←それが魅力なのだが)。次アサコエリザ。「私だけに」を歌い終わった後は、高音の歌に燃え尽きて倒れてしまったようにしか見えんのだが…。でも先入観無しで見たらフツーに綺麗な女役。一幕ラスト鏡の間は見惚れる程。今日はエリザの寂しさと孤独感倍増で(・∀・)bグッジョブ!!。孤高の王妃。なんて魅力的なエリザベートだろう…と本気で思う。そのエリザを更にフォローしているのが末子スターレイで、あー、あの忠実さと実直さが堪らないです。城咲マデレーネは本当に綺麗。浴槽入ってる時の誘い顔も最高…。皇帝は召し上がったけど私も結構食べたがり。でも黒天使の時のクールな表情とシャープな踊りも捨て難い。線は細いけど、その分立ち姿がすっきりして格好良い。月エリザで歌が心地好いレベルなのは初風フランツと美々ゾフィーだと思うのだけど、タダの思い込みかな。つーか美々さんが今回で退団するなんて知らんかった…(無知)。なら尚更あのエトワールは素晴らしいと思う。
あれ…前回と書いてるコトが殆ど一緒だ…。まぁいいか。きっとそこが心に残ったんだろうし…。何となく、このエリザで得た物を発揮した時の男役・瀬奈じゅんは非常に魅力的なんじゃないかと思う。なので、城咲嬢も出るし、梅田のヤツ観たいなぁ…(という結び)。

そんで終演後…。ヤバイです…。月エリザのDVD買っちゃった…ド---(゚Д゚)---ン。衝動買い以外の何物でもないです。エリザは観劇する度に何か記録(DVDでもビデオでも)が欲しくなるから困る。花組の時もそうだったし。いや、でもね、あのサエトートと城咲マデレーネとアサコエリザを手元に置いておけるなら諭吉が消えてもいいや…と思ったのですよ。
つーことで、城咲あい嬢のFCに入りたくなったのですが(今回のお茶会行きたかったよ←でもそれは瀬奈氏も彩輝氏も同様)、うーん、本人に手紙とか書くしか手はないのかな…(←宝塚ファンの正統手段なのに…)。誰か代表さんの住所とか知らんかな…。あー、この他力本願さが絶対に何もしないコトを物語っている。で、次に月組を観てまた同じコトを思う…の繰り返し(退団までエンドレス)。
2005.05.15 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/125-f79c43d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。