上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』を観劇。
芝居は仲々面白かったです。話地味だけどオギーだけに絵的に綺麗だし。それより何より、ワタシは鈴懸先輩に夢中でしたよ(・∀・)! 彼女の蛇はとにかくスゴイ。顔まで模様描いて、変で妖しくて、物語の象徴的な生き物で、踊りは当然申し分なくて。あの芝居は鈴懸蛇のお陰で、世界観に相当な厚みが出たと思うのですよ。他は…樹里さんが軽薄風な詐欺師を軽妙に演じていて、これが専科の巧さなのか…と感心していたのだけど次の日生で退団してしまうのね…(サヨナラ樹里さん)。専科と言えば、荻田先生は専科を当然のように専科らしく使う演出家だけど、今回も例に漏れずでフル出演。その中でも京三紗さんの母親役が素晴らしく、私はいつか彼女の母親役で泣くかも知れない…とか意味不明な予感アリ。組子は…彩吹&蘭寿は出番的には我慢だけれど、誠実さと奇妙な執念が夫々出ていたのではないかと。樹里氏の恋人役の華城嬢は綺麗な声をしてますね。あすかは時々凄くいい光を見せるのに、時々凄くがさつに見えるのは何でだろう(→序でにあの鬘の拙さは狙った?)。ふーサマと足して割ったら程良い娘役になるだろうな…と失礼な考えが過ぎった。でも今回一番驚いたのは春野リュドヴィークの胡散臭さ。おさは男役(と歌)を作り過ぎて変な所に着地していない?気のせいかな…(気のせいであって欲しい)。
ショーは記録的に詰まらんかった。劇場で観るショーが詰まらんってのはなぁ…(夢翔レベル)。とにかく目新しさが全然なくて、薄っぺらい感じさえして、こんなの昔のショー繋ぎ合わせればいいじゃんと乱暴な感想すら持ってしまう(伝統を称える宝塚には必要か?)。でも楽しくないのはただ贔屓がいないのが原因なのかも知れない…とも思ったりもする。貸切絡みのアドリブが幾つかあって、樹里さんが歌うのやら手品を忘れたりとか春野氏が西武絡みの不思議なフランス語話したりとか。あー、そうだ、最後の男役大階段勢揃いのヤツはサスガに格好良いと思ったような気もする(あれを否定したら宝塚ファン失格だし)。他は…特に語るべき所ないなぁ…。そんな感じのショー。

あとまた樹里さんのサイン色紙が当たったです。いや…別に嬉しいワケじゃないんだけど、まぁ記念にね…。それにしても最近の貸切公演は幕間に抽選会をやらないのですね(セゾンだけ?)。

[業務連絡]
あー、スミマセン。話に夢中でディスク代渡すの忘れてたです…。次回にでも。映像は問題なく見えてます。感謝!
2005.06.11 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/134-f5d21a75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。