渋谷CLUB QUATTROにて『Salyu FIRST SOLO LIVE』。
はぁ…、ヤベ…、「体温」歌ってる時にSalyuが一瞬神になった…。いや、私、スペシャ列伝の不調なSalyuを見て、実はこの人歌下手なのかなぁ…と少し疑心暗鬼になってたんですが、済みません、そんなコト全然ありませんでした。Salyuは全くもって本当に最高に素晴らしい歌い手です。

01:回復する傷
02:アラベスク
03:landmark
04:アイアム
05:エロティック
06:Peaty
07:虹の先
08:体温
09:共鳴
10:Dramatic Irony
11:飛べない翼
12:彗星
13:VALON-1
14:ウエエ
15:to U

今回はピンクベースのチュチュっぽい花の様な衣装で登場。実はその時点で私の気分は高揚してしまってたのですが…(妙な感慨深さで)、正直、予想よりも可愛かった。そんで肝心の歌ですが、ほぼ完璧。後半は多少息切れ感もありつつも、あのまま録音して売っても、もしかしたらいけるかも…という程の聴き応え。観易い場所だったので勿体ないから止めたけど、本当は目を瞑って歌声に浸りたくもありました。冒頭にも書いた通り、意外にも「体温」でSalyuの素晴らしさを体感。きっとバンド音が控えめで、歌声が一層響いたのが良かったのだと思う(→札幌でのギター一本アコースティックライブを聴きたい)。それから「peaty」で歌詞を変えて「楽しんで♪」って歌って、それだけで何となく嬉しくなったかも。アンコールではソロバージョンの「to U」で、早速念願が叶ってしまったです。…と褒めまくりつつ、私が大好きな「VALON-1」はどうしていつも完璧じゃないのだろう…とやや消沈(→今回も歌わなかったDialogue同様きっと難しい曲なのね)。
まぁ、とは言え、初ワンマンでこの出来なら、大満足なのですよ。
以下どーでもいい話。中央後方に椅子席が設けられていて中年の御夫妻が座っておりまして、Salyuのご両親っぽい。だとしたら娘の晴れ舞台を特等席で観られる幸せってのは凄いよなぁ…と。以前ドコかで‘ライブでSalyuの腕毛が気になって…’って内容があって、歌の感想よりもそれかよ!っと突っ込んだんだけど、今日ふと見たら、あー、腕毛だー…と微笑ましく思ってしまったり。後方席にミドリカワ書房、松本光由、永友聖也…各氏の姿があり、スペシャ中学の人達だ…と思い、ミドリカワ書房の整った顔立ちにやや見惚れました。会場限定でオリジナルTシャツを販売してたけど、peaty仕様だったのでちょっと遠慮。あれがオフィシャルロゴになるなら今後も買わないかも…。「to U」で後方の女性が一緒に歌ってて、別にいいんだけど…、私が聴きたいのはSalyuの歌なんだが…とちょっと言ってみたかった…(ほら真後ろだとモロに耳に入るじゃん)。
2005.06.17 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/137-fdb02e09