日本青年館にて『NAKED CITY』を観劇。別にスゴク面白いとは思わないんだけど偶にはありかも知れない…って感じな作品。小柳氏は『SLAPSTICK』の作者ですか…。ははぁ…系統が分かるような分からんような…。つーか、何、中村獅童の『赤線』の脚本書いてるってどういうコトだ!?この人。ま、それは置いておいて、当たりもせず外れもしない作品を作る印象です。う~ん、新人で外さない作品を出せるコトはとても立派なんだけど、もしこれが彼女の持ち味なら今後の期待度は半減な気がします。というか、小柳さんの作ったショーを見てみたい…かも。劇中で無意味に盛り上がる場面が多々あるんだけど、そこが嫌に中途半端なので、いっそのことショーでも作ってくれないかなぁ…という感じです。あと英語に弱い私は、決め台詞に「写真集のタイトルはNAKED CITY」とか使われると困ってしまいます。いや、もはや英語は日本の常識だ、タイトルくらい理解してから観劇しろ、と言われればそれまでですが…。で、マユミさんが長めのソロを歌っててビビリました(小柳さん、チャレンジャー)。でも久々に格好いいマユミさんを見た気がしました(→あの役は彼女にとっていい役だ)。それより未涼氏の歌声が結構好きで、あの出演者の誰よりも未涼氏の歌を聴いていたかったです。この人いいなぁ。主演の二人は思い返せば良かったのかも知れない。けど、観劇中は余り魅力を感じなかったんですよね。つーか、役自体に魅力を感じなかったというのか。正直、ユミコちゃんはハイエナのようなパパラッチには見えなかったし、あすかは抜群に綺麗だけど拭い去りたい程の過去を持つ悲壮感が見えなかったし。う~ん、役者の問題なのかな…よく分からないな…。二人ともいい技術を持ってると思うだけに惜しいような気がするんですよね。他は…華耀嬢の身体の動きが綺麗。高翔さんは職人だな…。矢吹氏は紛う方なく悪玉親分だ。悠真さんは若い癖に老けめな感じ。 あと華城さんでいいかな…歌は苦手なんだけど容姿は綺麗だった気がします。
2004.06.13 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/159-7c168ac7