日本青年館にて『愛しき人よ』を観劇。あぁ…和実ってモテモテ。本当に根本的な疑問なんだけど、何故タダの陸軍中尉があんなにモテるのかな。和実自身がそれほど魅力的な行動をしてるとは思えないんですが。実は圧倒的に顔がいいの?主役だから?それが最大の疑問で(←キリヤンは勿論カッコイイですが!)、う~ん…、物語としては展開が緩いですよね。それにブルーダイヤのくだりが全然理解できないし(→そんな重要なキーワードだったの?)。う~ん、結局何の話だったんだろう…みたいな感じが…(モヤモヤ)。ま、ジョセフィーヌとの愛の話なんだろうけど。それより何より、ゆら若菜の存在はギャグですか?どうでもいいんだけど配役に無理あるだろう…って感じで(→別に若手娘役でも良いのでは?)。序でに言うと、るいるい芳子も無意味にエキセントリックで何をしたいのかがサッパリ分からない存在でした(→るいるいは嫌いではないんだけど)。あ、でもね、以前観た新公で好印象だった城咲嬢がナゼかヒロイン役をしていて、かなり上品な存在感を見せていて良かったです。とりあえず華云々は置いておいて、品ある立ち居振舞いの出来る娘役はそれだけで貴重だな…と思うワケですよ。あと一色氏の胡散臭げな雰囲気が良かったかも。ま、そんな感じでしょうか。
2004.05.03 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/171-81a4ceeb