ナゼか星組の『バビロン』ブームが到来している今日この頃です。オープニングとかが最高にカッコ良くて痺れまくっているワケですが…。…と、本題はそれじゃなくて、友人がバビロンのビデオと合わせて“第十四帝國”って劇団?のビデオも貸してくれまして、観た感想が、‘うほぉ…、なんじゃこりゃ…、摩訶不思議’って感触だったのでメモっとこうかと。で、ココは出演者がみんな軍服着ているんですよ。そんで、シュウセイ元帥を頂点にして階級制になっていて(→銀英伝を想像するといい感じ)、で、途中でコントっぽいのが入って約3時間という長丁場なステージ。辛うじて早送りはしていないのですが、いやいや、ホントに不思議感たっぷり。客席は当然の如く婦女子ばかりで、タブン、ビジュアル系好きが集っているのではないか、と推測されます。そうは言っても素晴らしく美形な人はいないし、舞台も全然耽美じゃないんですが…。うん、ま、機会があったら、実際に観てみてもいいかも知んないですね(→とか言って、半年後に十四帝國のページが出来てたりして…)。
2004.01.25 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/183-32b11d31