上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
リベンジ兼ねて東京芸術劇場にてスタジオライフ『DAISY PULLS IT OFF』を観劇。あー、ラストはちょっと泣きそうになったなり…。「HINC SPES EFFULGET!-行く手に希望は輝く-」、舌噛みそうだけどいい言葉ですね。全体通すと確かに長いんだけど、楽しい上にしみじみと感動できるお芝居だったと思います(ハリポタ青春物語みたいな)。そんでAチームの役者話。主役の舟見クンは芯の強さと可愛らしさが同居し、本当の女子高生でも通用しそうな感じ。その相方の奥田君は元気一杯。笠原氏のイジワル女子高生っぷりはコメディ入っていて楽しいです。石飛モニカもクラスに一人はいそうな腰巾着っぷり(意外とカワイイ)。客演・内山さん&寺岡君コンビは長身のカッコイイ先輩で、女子校ならきっとモテモテっぽい。序でに客演の上村君はなんであんなに可愛いんだ?(美形だから)。そんで何より目を引いたのが牧島君の熱血優等生少女・ベリンダ。彼の演技を初めてマトモに観たけど、上手い下手の話じゃなく、パワーこもってる所がいいですね(しかも下品じゃなく)。優等生ぽい生真面目さも充分に出ていたし、今後の活躍を期待しております。序でに用務員役の山崎氏のアドリブ、楽しかったです…。
2004.01.03 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/189-7814c14e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。