今年のTCAのOGバージョンに優里さんが出るらしいです。今更東宝劇場に立つんだ…、星奈さん(←ダメって話じゃないですよ)。それよりOGバージョンって一体何だよ!とツッコミを入れつつ、コレってチケット取り難いのかな。近年のトップスターが結構出るらしいからキツイのかな。OG界の勢力分布図…じゃなくて集客率って良く分からないです。このTCAで星奈枠の観覧者が増えたって優里さん的にはいいことなさそうだし TCAの取り次ぎもなさそうだな…。それより何より、チケット代が高過ぎなんです!S席で一万円ってどういうコトだ!? う~ん…何かがおかしい… (ちょっと行く気削がれた風)。話し変わりますが、エミクラさんが退団するんですってね。しかもサエちゃんのお披露目で。ちょっと驚きました。後任って誰なんだろう。まぁ誰でもいいんだけど、見てて楽しい娘役がいいな…。
 東野圭吾の『幻夜』を読了して、ネット解禁したら『白夜行』の続編の可能性あり!とか書いてあって凄いビックリしました。全体のテイストは似てるけど、そんなコト考えもしなかったです。東野圭吾では『白夜行』が一番印象的だと思ってたんですが、私が鈍感過ぎなのか…。でも図書館借りだから帯もないし、ネット関係も全て封印してたしさぁ…。言われてみれば確かに端々で示すモノがあるんだよね。なので、『白夜行』再読。一から再読してみまして、う~ん…、伏線を拾い取る作業の楽しさってのに改めて気づいたりしました。推理小説読む割には犯人当てはどうでもいいと思っていたりする(←根本が間違ってる)んですが、散りばめられた小ワザの数々に気づけるっていうのは楽しいですね。いや、普段如何に考えなしに読んでるかってのが分かります。二作を連続して読むと、白夜行の素晴らしさに唸ってしまいます。比較すると幻夜が少し物足りなく感じてしまうし。
2004.05.21 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/225-bd8c1063