上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
博品館劇場にて『月光少年~あした月の上で~』観劇。
期待度によっても印象は違うと思うけど、結構楽しかったですよ。予告編を観てシンドバッドのような内容を予想してたんですが、テイストは似つつも、もう少ししっかり作っている感じのする舞台。テーマは愛…とか…そこら辺。月人と地球人が恋したけど障害が…って話です(詳細割愛)。出演者には実力派もいて安心して見られる箇所もありました。ただ、本当に毛色の違う人達が集っているから、バランスが悪いと言えば悪く見えてしまうのが難点か…。
何より、惚れ薬がファブリーズにしか見えなかった…。というのは置いておいて、優里さんは純草という月の王子に恋する女性役。毎度の事ながらデコ出せや(#゚Д゚) ゴルァ!! と叫びたくなる髪型…(と誰か優里さんに言って下さい)。でも美人の設定だったみたい。あ、当然綺麗でしたけど(とフォローを入れる)。年齢設定が微妙な若さだったけど違和感なかったです。歌は数曲あって、どれも無難な歌いこなし…というか音域がハマってて意外と上手に聴こえました。最後はフィナーレっぽいのが付いてちょっと踊った。そんで、もうさ、途端に輝くのね、この人。本当にキラキラしてたよ。何よりも誰よりも魅力的。やっぱり彼女はショースターなのだなぁ…と思った。
以下はどーでもいい萌え箇所。上手で気絶してる時、睫毛の本数を数えられる程の至近距離。うわぁ…綺麗じゃん…ポカ(゚Д゚)ーン。余りに可愛くて、おでこペンペンしたくなった(意味分からん)。途中OSKの若木さんが優里さんに惚れるエピソードがあって、私としてはそのまま百合ごっご突入で全然構わなかったんだけど、期待に反して一瞬にして終わりました('A`|||)。更に最後で血を飲む飲まないの話になって「吸って吸って!吸って!」とエロ語を連発する星奈優里…。あー、どうなのよ…と居たたまれなくなるワタシ(←そんな思考回路のお前が悪い…と自分でツッコんどきます)。
他の出演者は…、フィナーレでいきなり二枚扇を繰り出す嘉島さん。クルクルと神業大連発だけどやや反則技では…。統一感のない優里(羽)&嘉島(扇)。OSKの二人はレビューが強みの劇団だけに最後のショー部分が一番しっくりしてた。阿部さんは帝劇出演レベルの歌声を遺憾なく発揮して段違いに上手い! 下馬さんは存在感ある。小野さんは格好良い。岩田君は踊ると背景に紛れてしまう…。それから演出的には…一目惚れの音が安っぽい。敬語が曖昧で台詞の聞き心地が悪い上に誰がどういう立場なのか非常に不明確…とか。まぁ、突っ込み所は多々あるけど、うん、それなりに楽しんだから、深くは言わないコトにした。
あ、トークショーは…、特筆することないな…。観客から質問募って出演者が答えてた(→で、またサイン入りポスタープレゼント)。「若々しくいる秘訣は何ですか?」という質問に阿部裕さんが「くよくよしないことです」と答えたてのが一番記憶に残ってる。その通りだと思う。優里さんは何話してたかな…、紅い月を見た話とか…もう忘れた…。
2005.09.30 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/244-74cda045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。