上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東宝劇場にて宙組『炎に口づけを/ネオ・ヴォヤージュ』観劇。
あら、吃驚、なんと宝塚を観てムカムカしてしまいました。余りにムカついたんで、木村(呼び捨て)がどう考えて芝居を書いたのかとプログラムまで立ち読みしてしまいました。うーん、あんな考えであんな脚本書くなら外で芝居すればいいのに。でも他人様の感想読んだら賛否両論であるらしい。衝撃。えー、あんなのをアリだと思う人がいるのか…。何と言うか、中途半端な陰惨さを芸術性の高さとか言うモノにすり替えないで欲しいです。
そんで脚本の酷さに衝撃を受けて、出演者の感想があんまり思い浮かばない。きっと宙組生は力一杯頑張っているとは思うのだが。あー、そうそう、花總さんが無意味に肩出してた。何だ、あれは。誰を狙った演出なのだろう。ガイチさんが上の方で一人歌ってる歌声が心地好くて寝そうになりました。一樹さんの女装はウマいとは思うんだけど、あの作品を更にクドくしてるような(→娘役が演れば多少軽くなったと思うので)気がしました。
ショーは大勢でタップ踏んでたな…という記憶。うーん、二階席で観た為か、迫力あって詰まらないとは思わなかったんだけど(でも覚えてないのか)。宙組を観るとショーの中盤で美風舞良嬢の存在に気づく。どうしたらもっと早く思い出せるんだろう。ピアノ魔女を始めとして本当に美しい。目の保養になるレベルの美しさの人を見ると嬉しいもんです。あとトップコンビが銀橋でリフトをしてて、それはスゴイかも…と思った。今回は初風緑さんの退団公演で、私の観劇目的の八割方はガイチさんを見送る事だったワケですよ。でも芝居でガックリきて(ガイチさん本人は素晴らしいのだが)、これで終わりなのかー!と思ってたんだけど、大階段のエトワールで救われたような気がした。うむ、私の中でのガイチさんの神髄はこの歌声なのだなぁ…と思った。最後にあの歌声を聴けて良かったです。ガイチさんお疲れサマです。

あー、遂に宙組コンビが辞めるってね。つーか私は花總さんはもう辞めないのかと思ってましたよ。いや、本気で。と言って、別に退団に関して何か思うワケでもないんだけど。やっと宙組でも花總さん以外のトップ娘役が誕生するのかと思うと、それが何より感慨深い。私が好きなタイプの娘役がトップになってくれたら嬉しいなぁ…。今は宙組観なくても全然構わないから、せめてちょっとは観たい気持ちにさせて欲しい(→でもタニ&るいるいだったら躊躇ってしまうのだけど)。


有楽町駅前の交差点で優里さんらしき人を見掛けた。でも今一つ確信が持てなくて、目で追ってみたんだけどやっぱり分からない。遂に優里さんを判別できない所まできてしまったのか…とやや落ち込む。でも化粧が濃かったんだよなぁ…(と失礼なんだか違うんだかなコメントをつけてみる)。
そう言えば、優里さん『クロワッサン』に出てましたね。あぁ…、年相応に大人っぽい。あれは全くの宣伝ページだとは思うんだけど、まぁ、最近の姿が紙面で確認出来るなら何でもありかと思うのです。うーん、でもあの化粧品を優里さんは実際に使っているのですか?…と一度尋ねてみたい。
2005.11.03 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/249-4f4a3f68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。