東宝劇場にて月組『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』観劇。
お休みだったんで、初日に行ってみました。終演後に帰ろうと立ったら、丁度また幕が開いて、どうもスタオベに参加してしまったみたいです。アサコも初日から熱いお客さんだとか言ってたような。ま、お披露目だし良いんだけど。そんで芝居もショーも及第点というか、それなりに面白かったです。宙組の時とは違って(←もうトラウマか!?)宝塚を観ている安心感があって。
芝居は普通に話を収めていたら、もっと面白かったと思う。「霧のミラノ」に続き、閉まる幕を止めたかった芝居。あれ…何で幕降りてきてるの?って感じ。もしかして一本物なのかとショーの有無を確認してしまいました。あの話はあれで終わる必然性って全くないでしょう。マクガバンとの確執、妖精の存在、選挙戦の行方、シャノンの病状等々…決着付けるべき問題も多々あるような…。うむ、摩訶不思議、脚本書く気がないのかね。更に言うと大劇と結末違うらしいけど、どっちもどっちなんだろうな…と思う(観てない癖に言う)。まぁ突っ込みは沢山あるけれど、各人のキャラも立ってたし、ダメな話ではないとは思うのだけど。お披露目のアサコは全くの好青年を爽やかに嫌味なく演じていて、男役瀬奈じゅんも盤石だな…と思う。かなみんは白血病の女性なのだけど、ホントに弱々しかったよ。凄いなぁ…。可愛くて、芝居が出来て、踊れて、歌えて…、おい、ぷにぷに感が消えて欠点が一つもないじゃないかッ(・∀・)! 城咲嬢は若いのにコミカルな演技もお手の物で、二番手格の娘役が芝居も出来るのは強い。立マクガバンは悪玉菌。妖精達の為所のなさって…(略)。
中村レビューは久々な気がするのだけど、目で楽しめる内容だった気がする。プロローグなんかは2Fで観たら更に楽しかったろうな…。中詰めも総ブラックで格好良かったし、フィナーレで娘役だけで踊る場面もあって綺麗でした(タップは要らんけど)。最近(でもないけど)ロケットの真ん中に若手男役を配するコトが多いけど、流行ですか?星条海斗さんは派手な顔立ちだな。月船さらら氏がこの公演で退団するらしいが、彼女の普段と変わらん笑顔を見ると寂しいです。そういや、エトワールが城咲嬢でやや残念。彼女のコトは好きだけど、エトワールでは圧倒的な歌声を聴きたいもんです。あとショーのどっかでソロ歌ってた娘役が美人で美声だったんだけど、あれは一体誰なのですか?(→憧花ゆりのか?)。
2005.11.18 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/251-5be8744e