上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ウエストエンドスタジオにてスタジオライフ『WHITE』観劇。
久々のWES劇場。ココは大層狭いけれど、狭い故に舞台が非常に近く感じるのがいい。大きな劇場では届き切らない熱さが直に伝わるような気がするので(新人は特に)。そんで新人公演の定番として使っている『WHITE』。この作品は観る度に良さが増す舞台だと思う。簡単に言えば気弱な男の子の成長物語なんだけど、新人達は自分の境遇とオーバーラップするから、更に力を入れ易いのかな。だから演っている役者達が一番思い入れがあるとは思うんだけど、観客もその気持ちを受け止め易いのですね。それから主題歌として使っているザバダックの「美・チャンス」も、舞台の良さを三割増しにしてる気がする。

今日はコロッケぱんチーム。
先ずはもうマドンナ役の三上俊君しかいないです。いやぁ、意外にもマジ惚れしましたよ(・∀・)!。彼は観劇の度に飛躍的に成長している気がする。というか、何だかんだと言って、起源となる先年の新人公演の頃(小煩いジャッキー役)から良かったんだろうなぁ…と、今から考えるとそう思う。倉田サンの発掘力は素晴らしい。特に技術的な面よりも(←技術的な面が未熟という話ではないけれど)彼が醸す雰囲気に得難い物がある。決して目立つ外見ではないんだけど、舞台役者として絵になる。もうね、メロスの場面で三上君の後ろに「トーマの心臓」の情景が浮かんだもの。彼はアンテかエーリクを演ったらいいよ。きっと素晴らしい出来になると思うから。本当に想像力を掻き立てる役者。…と、サスガにベタ褒めし過かも。でもそれ位に良かったと思ったんです。
次に良かったのが三角役の松本君。小さい心(身体か?)が殻を破って大きくなっていく様がストレートに伝わって、本当の意味での主役である三角君を中心に据えるコトが出来ていた。政宗君は坊という役がハマっていたので、今度は毛色の違う役を見てみたい。正治の大沼君は先頭に立って周囲を引っ張ってる印象。ウィンディの牧島君は舞台経験が豊富なだけに安定感がある。宗村ティンクはあの衣装が似合うなぁ…。

今日のゲスト出演は不良少女=舟見君、プレイボーイ=奥田君。最近お気に入りの舟見君が観られたのはラッキー。でも今回の芝居で一番笑えたのは奥田君だった…、楽しかったです。
以下余談。少年化したマドンナが三角に語りかける銀河鉄道の場面。三上君と舟見君の声が重なって聞こえた。頭の奥底に舟見マドンナの記憶が残っていたコトに驚きつつ、舟見君のマドンナも清穆と可愛かったなと思い出す。観劇後五年を経ても記憶に残る演技ってのは素晴らしいのではないかと思う。WHITEだと、他には前田さん、鶴田さん、そして大好きだった岩崎三角が思い浮かびました。
2006.01.11 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/262-11e741dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。