上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
第134回の直木賞は東野圭吾氏が受賞とのこと。
六回目の候補での受賞ってコトで喜びも一入かと。受賞の記者会見は嬉しさの表れかやや浮いた感じだったけど、実際のコメントは多少の毒を含めててウマイな…と思う。うーん、本人もそうだけど、一読者のワタシも、直木賞候補になる度に今回も例の審査員のせいでダメなのかな…なんて本当か嘘か分からない噂を思い浮かべていただけに、兎にも角にもメデタイことだと思うのですよ。

そう言えば、ドラマの「白夜行」は原作ファンが嫌がるツボを絶妙に擽っているのね。何だろう、もう原作と言うよりは原案にしたらいいのに。中途半端に且つ無意味にエピソードを引っ掛けているだけに、時々イラっとするのですよ。何より一番不愉快なのは亮司のヘタレっぷりなワケですが(→全てのコトに一々躊躇わないで欲しい)。…とは言え、原作と別物の一つのドラマとして見れば、まぁ、それなりに面白くはあるんだろうな…とは思ってますが(歯切れが悪い)。
2006.01.17 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/265-f1a657d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。